Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in Update 1

Posted by on in UI
Filtering support for custom ListView layouts in Update 1 In RAD Studio Berlin, we added a new ListView Item Designer for FireMonkey applications that allows you to easily design custom ListView layouts.
BERLIN 10.1 UPDATE 1 追加機能:iOS上でのTGrid の iOS ネイティブプラットフォームレンダリング対応 [JAPAN] Berlin 10.1 Update 1で、新たに、TGrid とTStringGrid をiOSのネイティブプラットフォームレンダリング対応といたしました。 Seattle 10 において、ネイティブプラットフォームレンダリングとよばれる、WindowsとiOSにコントロールの描画を任せるオプションを導入いたしましたが、今回のBerlin10.1 Update1 において、新たにTGridをiOSのネイティブ表示対応としました。 ネイティブコントロールついてはDockWikiのこちらをご参照ください。 http://docwiki.embarcadero.com/RADStudio/Berlin/ja/FireMonkey_のネイティブ_コントロール また、新たにサンプルコードとして「GridDemo」が加えられており、こちらでTGridのプラットフォームによるネイティブ表示の確認ができます。 Berlin 10.1 Update 1 導入後のサンプルコードフォルダか、 下記のSubversion Repositoryをご参照ください。 サンプルコードフォルダSamplesフォルダ内[Object Pascal] - [Multi-Device Samples] - [User Interface] - [GridDemo] Subversion Repositoryhttps://sourceforge.net/p/radstudiodemos/code/HEAD/tree/branches/RADStudio_Berlin/Object%20Pascal/Multi-Device%20Samples/User%20Interface/GridDemo/  9月27日追記:SubversionにアップロードされているデモプログラムにはReadme.txtが加えられており、 「FMX.Grid.iOS.pas」を手動でプロジェクトに加えるよう記載があります。 当サンプルをビルドして確認するまでの手順につきましては下記をご参照ください。
Berlin 10.1 Update 1 追加機能:Listview - DynamicAppearance 使用時のオートフィルター検索ボックス対応 [JAPAN] Berlin 10.1 Update 1では、ListViewのカスタマイズ機能 DynamicAppearance 利用時においてのオートフィルターに対応しました。   Berlin10.1 において新機能として搭載されたFireMonkey ListViewのカスタマイズを大いに助けるDynamicAppearance機能。しかし、このDynamicAppearance使用時においては、ListViewの機能の一つであったオートフィルター検索ボックスが使えておりませんでした。 今回のUpdate1において、DynamicAppearance使用時においてもオートフィルター検索ボックスが使えるようになりました。 使用方法は簡単です。 検索フィルターを使用するにはListiViewの[SearchVisible]プロパティをTrueにすればOKです。これでリストビューの上部に、リストビュー表示内容の絞り込みに使えるボックスが表示されます。下記のイメージをご参考に: 

Posted by on in Programming
See What's New in Berlin Update 1 Video See the key new RAD Studio Berlin Update 1 features in action: 10% off RAD Studio, Delphi, C++ Builder Get on the latest edition of RAD Studio, Delphi, and C++ and get 10% OFF when you buy Professional or above (valid until 30th September) with promo code BERLIN10....
Berlin10.1 Update1 へのアップデート手順 [JAPAN] Berlin10.1 の最初のアップデートであるところの Update1がリリースされましたことを前のブログに記載いたしました。 Berlin10.1 Update 1は、いくつかの新機能を追加しています。、さらに300を超える品質向上(バグフィックス)が行われてるものです。 このブログエントリでは、Berlin10.1から Berlin10.1 Update1(以降Update1とだけ記載します)へのアップデート方法についてご紹介します。   Update1 は”アップデート”と名前がついているものの、アップデーターパッチ形式の提供ではなく、フルインストーラーの形式にて提供されています。それゆえ、インストール前にアンインストールが必要となっています。また移行ツールを使った設定の保存を推奨します。 特にGetit オンラインインストーラーを使ったUpdate1インストールではレジストリにかかわる設定が引き継がれない現象も報告されておりますので、ここで移行ツールを使ったアップデートにかかわる手順を日本語でわかりやすく記載しておきます。   ■アップデートシナリオ概略 最初にアップデートのおまかなシナリオを記載しておきます。(ステップバイステップの手順は後述します。) この説明では、アップデート前のBerlin 10.1 を「Berlin 10.1 RTM」と記載し、Update1と区別できるようにしておきます。 では以下シナリオ概略:
RAD Studio Berlin Update1 では macOS Sierra や iOS10 向けアプリのビルドに対応しました [JAPAN] ※このエントリはは9月20日付けのサリナの記事をもとに記載しています。 Appleは2016年9月14日にiOS10を、2016年9月21日にはmacOS Sierraをリリースしましたが、RAD Studio 10.1 Berlin Update 1 では iOS10 と macOS Sierra をターゲットとしたアプリケーションのビルドを Delphi と C++ Builder の両方でサポートしています。 以下のスクリーンショットでは、Object Pascal の TWebBrowser のサンプルアプリケーションが iOS10 と macOS Sierra で動作している状況をご覧いただけます。
RAD Studio Berlin 10.1 Update 1 提供開始![JAPAN] 2016年9月18日 、RAD Studio / Delphi / C++ Builder 10.1 Berlin の Update1 をリリースいたしました。 ※本ブログエントリはマルコカントゥ 9月18日記載のブログを元に記載しています。   エンバカデロ は、数多くの品質向上と新機能、機能強化を含む RAD Studio / Delphi / C++ Builder 10.1 Berlin の最初のアップデートをリリースいたしました。 今回のUpdate1で以下の新機能を提供しています。  iOS 上で TGrid のネイティブプラットフォームレンダリングをサポート TListView の動的表示モードのための検索フィルター iOS10 のサポート(特にシュミレーター)、MacOS Sierraでのコンパチビリティ改善 新機能を紹介する新しい FireMonkey および IoT デモ   修正・改善面においては、
Build apps for macOS Sierra and iOS 10 with RAD Studio Berlin Update 1 Last week, Apple released iOS 10. Today, Apple released macOS Sierra, the latest version of its Mac operating system. Berlin Subscription Update 1 introduces support for targeting iOS 10 and macOS Sierra in both your Delphi and C++Builder applications. In the screenshots below, you can see our Object Pascal TWebBrowser sample application running on both MacOS Sierra and iOS 10.

Posted by on in Programming
RAD Studio 10.1 Berlin - Update 1 verfügbar Das erste Update für das RAD Studio 10.1 Berlin (und damit auch Delphi und C++Builder 10.1 Berlin) ist verfügbar. Es bringt einige Neuerungen und eine Vielzahl von Fehlerbehebungen mit sich Windows 10 Anniversary Update (auch als "Windows 10 Build 1607" bekannt) iOS 10 Unterstützung macOS Sierra Unterstützung (erscheint heute, ca. 19:00 Uhr) native Darstellung der iOS Grids viele Fehlerbehebungen Download: Hier zum Download für registrierte Benutzer:http://cc.embarcadero.com/item/306...
Вышел релиз RAD Studio 10.1 Berlin Update 1 Сегодня компания Embarcadero выпустила первый обновленный релиз RAD Studio, Delphi, и C++Builder 10.1 Berlin! Это событие стоит отметить сразу по нескольким причинам.  Хотя различные платформы и ОС постоянно внедряют важные инновации (что приводит к выпуску новых версий платформ), от многих пользователей поступали пожелания не выпускать новые, сильно измененные версии так же часто, как в 2014-1015 годах. Обновленная стратегия выпуска версий и обновлений была опубликована в августе. Em...

Check out more tips and tricks in this development video: