Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in Japan

Posted by on in Blogs
Sencha日本語Webサイトオープン 昨年8月末にWebアプリケーション開発プラットフォームSenchaの買収を発表してから、早くも10ヶ月半が経過しました。Sencha買収後初のイベントとして「Sencha RAD Mix Tokyo」を実施したのが昨年12月。その後、3月と5月に実施したデベロッパーキャンプでは、Senchaに関する話題も取り上げ、Delphi / C++ユーザーのためのSenchaセッションも実施しました。 製品サイドでは、Sencha製品ファミリーのロードマップを発表し、定期的にアップデートを繰り返し、現在では、主力製品であるExt JSのバージョンが6.6にまで上がりました。アイデラの傘下となってからは、Ext JSのフレームワーク本体とビジュアルツールであるArchitectのアップデートタイミングも的確にシンクロするようになり、新しいフレームワークのためのツール環境が使えるようになるまで少し時間がかかるという問題も解消しています。 また、Delphi / C++Builder側でもSenchaとの連携性を高めるアップデートが加えられており、RAD Serverが供給するREST/JSONが...
RAD Studio 10.2.3 コード補完(及びiOS 11.3 対応)のパッチ この記事は、Marco CantuによるRAD Studio 10.2.3 Delphi CodeInsight (and iOS 11.3) Patchの抄訳です。 ここ数ヶ月間で、コード補完でいくつかのバグ(再現可能なケース)を調べることができました。そして、コード補完などのいくつかの修正を行いました。クリティカルな部分では、開発者がジェネリックメソッドをオーバーロードするケースに関係していました。いくつかの修正は次のメジャーリリースの一部となりますが、その一部は10.2.x製品で利用可能になり、このパッチに含まれています。問題の1つは、カスタマーから報告を頂きましたコンパイラの問題です。 弊社で、先月リリースしたiOS 11.3パッチをさらにクリーンアップし、PAServerに新しいコンパイラサポートを組み込むことを決めました。従って、私たちはiOSの修正とコード補完の修正を一度にマージすることに致しました -- 部分的にパッチを当てて不安定なシステムにならないようにします。 ダウンロードは、アップデートサブスクリプションユーザーに対してご利用可能です: ...

Posted by on in Blogs
ソースを活用しよう! この記事は、Jim McKeethによるUse the Source!の抄訳です。 Delphiについての素晴らしい点の1つは、Delphi(主に)で書かれているだけでなく、VCL・RTL・FireMonkeyのソースコードがすべて含まれ出荷されていることです。このソースコードをさまざまな方法で利用することができます。これについては少しカバーしますが、コード上で必要なソースファイルを見つけたい場合もあります。sourceフォルダには2,234個以上のDelphiソースファイルがあります。どこにあるのか分からないので正しいファイルを見つけるまでに時間がかかります。 1,711のCファイル、および数千の他のファイルもあります。 以前までは、GREPや全文検索ツールなどさまざまなツールを使ってコードを探していましたが、Windows 10(and earlier versions)には検索機能が組み込まれています。それを、使用するにはいくつかの設定を変更する必要があり、効果的です。それらの方法を概説します。   通常インストールした場合のフォルダは「C:\P...
モダンライフサイクルに対応した業務アプリケーション 2018年01月にWindows CentralでDaniel Rubino氏が次世代Windows「Polaris」について書いていました。この「Polaris」はWindows Core OS(OneCore+CShell)を基盤とし、レガシーコンポーネントを削除しモジュール化するビッグプランです。一方、Windows 7が2020年1月にサポート終了します。さらに、2015年に最初にリリースされたWindows 10は昨年サービス終了しました。これは、モダンライフサイクルポリシーに準拠しています。2015年のWindows 10と、最新のWindows 10 (1803)は別物ということになります。   今年5月の、AdDuplexレポートではWindows 10 1803が50パーセントのシェアで1709が43パーセントでした。これを見てもわかるように、90%以上がCreaters Update以降の新しいWindows 10であることが確認できます。 利用者は、1803にアップデートしていることや、その存在にも気づいていないこともあります。  ...
GitHub上のReal-worldなCMakeとC++Builder アプリケーション この記事は、David MillingtonによるReal-world CMake and C++Builder applications on githubの抄訳です。 先週、C++Builder 10.2.3 とCMake+Ninjaを使い高速ビルドとインテグレーションライブラリ(Fast Builds and Integrating Libraries: Using CMake and Ninja for C++ Builder 10.2.3)の内容をポピュラーなウェビナーを行いました。そのリプレイはYoutubeで見ることができます。 その中で、私(David Millington)はC++BuilderとCMakeの2つの項目を実演しました。real-worldなFireMonkeyアプリケーションとGoogle Testです。 これらはGitHubから利用できます: Mazes: 2017年のCodeRage XIIにも書いています。このアプリケーションは、DelphiとC++Builderの両方で使用できます。C++に興味があるDe...
6月にイタリアとポーランドで開催される Delphiカンファレンス この記事は、Marco CantuによるSpeaking at Delphi Conferences in Italy and Poland in Juneの抄訳です。 ヨーロッパのDelphiカンファレンスのほとんどは秋に行われます。とくに、9月10月に集中して開催されるのですが、今春の晩期には定期的なイベントがいくつかあります。   6月7日イタリアにて Delphi Day イタリアのDelphi Dayは、私(Marco Cantu)が何年も主催してきたカンファレンスです。毎年、約100人ほどDelphiのデベロッパーが集まります。今年は6月7日に開催され、その前日には詳細なセミナーが行われます。場所はピアチェンツァで、私が住んでいる街なので、本当にそれを見逃すことはできません! Delphi Dayでは、Delphiのステータスに関する基調講演とRAD ServerでRESTサービスを構築するためのテクニカルセッションを行います。また、他のリモートのEmbarcaderoスピーカーとのチャットを開催します。講演者のリストは、Bruno Fi...
RAD Server 製品[フィールドサービスアプリケーション] この記事は、Sarina DuPontによるRAD Server Solution Series: [Field Service Application]の抄訳です。 ソリューション名:RAD Server Field Service Application - Delphi 業種:フィールドサービス   ソリューションの概要 RAD Server Field Service インダストリーテンプレートは、予定のルーティング・部品の管理・ユーザー管理のためのエンドツーエンドのフィールドサービスアプリケーションテンプレートを提供します。 これは、RESTサーバーモジュール・デスクトップクライアント・クロスプラットフォームモバイルクライアントの3つで構成されています。 ダウンロード方法 Delphi / RAD Studio 10.2 のGetIt(ツール> GetItパッケージマネージャ>インダストリアルテンプレート)で利用できます。   セットアップ手順 クイックスタートガイドと詳細なセットアップドキュメ...
Delphi用の新しいマルチスレッドライブラリ(darkThreading) この記事は、Craig ChapmanによるA new mutlti-threading library for Delphi. (darkThreading)の抄訳です。 ご存知の方もおられるかとおもいますが、私は、過去2〜3ヶ月間、Delphiの新しいビデオゲームエンジンの開発に取り組んでいました。また、その要求にたくさんの時間がかかりました。そのため、しばらくblogを投稿できませんでした。しかし、ゲーム開発プロジェクトの中で、別のものをDelphi用のオープンソースライブラリとしてリリースすることができました。darkThreadingを紹介したいと思います。   Introduction 多くのマルチスレッドまたは並列プログラミングライブラリは、タスクモデルを採用しています。このようなモデルでは、メインスレッドはいくつかのタスクを準備し、それらを実行するスレッドプールにスローします。ほとんどの場合このモデルを採用し非常にうまく機能しますが、理想的ではない場合もあります。ゲームエンジンプロジェクトはそのようなケースです。 ビデオゲームエンジン...

Posted by on in Blogs
IDE利用でC++の生産性向上 この記事は、MT KellyによるUsing an IDE: Getting back to code fasterの抄訳です。   C++IDE(統合開発環境)は、C++アプリケーション作成やプログラムコーディングを提供するためのアプリケーション開発ソフトウェアです。アプリケーションを開発するために単一のインタフェースで必要なすべてのツールが組み込まれています: Compiler Debugger Code Editor UI Designer Documentation   一部の開発者は、アプリケーションを書くのに必ずしもIDEが必要というわけではありませんが、有益であると思われるいくつかの例外的な共通の機能があります。IDEを使用すると、構文強調表示、リンク、コード・インサイト、クラス・ブラウザー、インテリジェント・コード補完、文書化などの便利なツールが追加されます。   IDEは、アプリケーションモデルを拡張でき、より包括的(統合システムメソドロジ)を可能にします。メソッドを変更すると、コードに赤い線...

Posted by on in Blogs
標準C++の進化 この記事は、David MillingtonによるEvolution of C++ standardsの抄訳です。   開発者にとってC++プログラミング言語は技術的なチャレンジできる、おそらく最も広く使われているコンパイル言語の1つであり、最もエキサイティングなものです。 「過去について知っていれば分かるほど、あなたは将来のために準備が整っています(the more you know about the past, the better prepared you are for the future)」(Theodore Rooseveltの誤た引用)、C++の歴史とそのコーディング、昨今の様子を見てみましょう。  C++は1979年にBjorne Stroustrupによって始められたC言語拡張からGrew Outしたことを多くC++ユーザーは知っていると思います。そして、もともと「C with classes」をCにコンパイルした最初のC++コンパイラ、Cfrontを知っているかとおもいます。Cfrontは 複雑すぎてC言語でコンパイル...

Check out more tips and tricks in this development video: