Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in Japan
Yesterday was a Kyoto Delphi study group meeting in kyoto/japan. On April 22nd we had a study group meeting in Kyoto/japan. It is about 500km away from Tokyo. Noon from until the evening, we have a variety of story. I explained 10.2 new features. How to connect Linux and PA server, About Android thread.   A lot of Delphi user has participated. was fun.  ...
クロスプラットフォーム開発環境 RAD Studio / Delphi / C++Builder のインストール (無料体験版のインストール)[JAPAN] RAD Studio / Delphi / C++Builder のインストール (体験版のインストール) ここでは無料トライアル版を導入する手順を記載しておきます。RAD Studio / Delphi のフル機能を30日間、無料で試用することができます。すでにライセンスを購入している方は、ライセンス購入時にメール等で知らされる手順により導入してください。 10.1 Tokyo のオンラインインストーラーが改善されてだいぶ早くなっています。「10.2 Tokyo で高速化された RAD Studio のインストールを実際に検証してみる [Japan]」 のブログににある通り、環境にもよりますが、約半分の時間でインストールできます。また、必要な機能だけ選択してインストールできるので、なおのことインストールにかかる時間を短縮できます。 RAD Studio / Delphi / C++Builderについて RAD Studio / Delphi / C++Builderは、一つのソースで Windows, macOS, iOS, Android のアプリが作れるクロスプラットフ...
How to connect to Oracle DB from Ubuntu Linux. How to connect to Oracle DB using Delphi FireDAC. Delphi uses Linux(64). and Linux is ubuntu. I used "Oracle SE One" of AWS(RDS).   [Instant Client download] Download 12.2 Instant Client.  http://www.oracle.com/technetwork/database/features/instant-client/index-097480.html I downloaded instantclient-basic-linux.x64-12.2.0.1.0.zip http://www.oracle.com/technetwork/topics/linuxx86-64soft-092277.html#ic_x64_inst   Unpack it after placing it on Linux.  # unzip instantclient-basic-linux.x64-12.2.0.1.0.zip Create a directory and place the decompressed file.  instantclient_12_2 directory is made. # mkdir /opt/oracle mv instantclient_12_2 /opt/oracle/ Move this to the directory created. Create a link. # ln -s libclntsh.so.12.1 libclntsh.so ln -s libocci.so.12.1 libocci.so   Setting environment variables. # export LD_LIBRARY_PATH=/opt/oracle/instantclient_12_2:$LD_LIBRARY_PATH export PATH=/opt/oracle/instantclient_12_2:$PATH
AWS Oracle SE One FireDAC接続TFDConnection[JAPAN] 毛利です。   AWSのRDSでOracle SE Oneデータベースを作成し接続するまでを試しました。 「開発/テスト」用に関しては無料枠があるようです。 インスタンスの仕様とセキュリティ、データベースの設定をします。 全ての設定を終えて数分待てばオラクルDBのインスタンスができます。   C++Builder 10.2 Tokyoを起動しVCLで新規プロジェクトを作成します。 TFDConnectionコンポーネントを使って接続してみます。
BDEを使った業務アプリを移行ツールで最新化  (2017年4月14日実施セミナーサマリー)[JAPAN] 2017年4月14日(金)に、エンバカデロテクノロジーズ 飯田橋セミナールームにおいて「Delphi / C++Builder 業務アプリケーション 刷新実践法」セミナーを実施いたしました。 その第2セッション 「BDEを使った業務アプリを移行ツールで最新化」にてご紹介した内容について、まとめを掲載いたします。   ■セミナーで使用した資料 第2セッションの で使用したスライドはこちらでご覧いただけます。 BDEを使った業務アプリを移行ツールで最新化(2017年4月14日開催) from 和貴 相蘇   ■デモ&スタディ内容の基本となる資料 デモ&スタディ内容の基本となる資料は Embarcadero DocWiki の以下のページにあります。 FireDAC への BDE アプリケーションの移行 上記の資料の中でデモとしてお見せしたBDEを使ったプロジェクトをFireDACのコンポーネントへ変換して動作させる部分はこちらに記載されています。 BDE アプリケーションの移行(FireDAC)  上記...
std::vector<T> custom allocator[JAPAN] 毛利です。   C++Builder 10.2 Tokyo (Win64)を使って、 std::allocator<T>で 自分用のallocatorを作りstd::vector<T>などで利用する事ができます。 あまり知られていませんが std::vectorを見ると template<class _Ty, class _Alloc = allocator<_Ty> >class vector{...}こうなっています。 第2引数を何も指定してなければstd::allocator<T>です。   まず、std::allocator<T>を継承したクラスを作成します。 //--------------------------------------------------------------------------- #include <functional> template <typename T> struct _Allocator: public std::allocator<T> { std::function<void...

Posted by on in Programming
AWS AuroraにFireDAC接続[JAPAN] 毛利です。   AWS AuroraはMySQL 互換のクラウド(RDS)データベースです。 MySQL互換と言う事なので FireDAC接続を試してみました。
iOS(iPad)で簡単印刷デザインと印刷[JAPAN] 毛利です。   iOS(iPad)にはAirPrint機能があり、Delphi / C++BuilderからもこのAirPrintを使い印刷する事ができます。 (AirPrint対応のプリンタが必要です) Delphi / C++BuilderからはTActionListのTShowShareSheetActionを使います。     [印刷画面デザイン] 印刷画面は通常のフォームで作成できます。 デザインを上絵のように作りました。使ったコンポーネントはTRectangle, TLine, TLabel, TButton, TLayoutです。

Posted by on in Programming
ドローンと脳波とDelphiと [JAPAN] もしも、リモコン(プロポ)を手で操作せず、考えるだけでドローンを飛ばせることができたら…     ということで上記のYouTube動画をご覧ください! 脳波でドローンを操作する画期的な発明をご覧いただけます!         … いや、まだまだですね。 このドローン、脳波(何か考えたときに頭蓋骨をスルーして抜け出てくる電気を信号としてとらえているとのこと)のパターンをとらえ、そのパターンに合わせてドローンを操縦する仕組みです。   ビデオの中では私が頭になんか黒いヘッドギアの簡易版みたいなものを着けていますが、あれは電気信号をとらえるための電極で、この複数の電極を使い信号パターンを読み取ります。 そして、このような信号パターンが来たら → 右に旋回、 あのような信号パターンが来たら → 上昇…といった具合に、各個人の脳波パターンを、ドローンの動作に結び付けて行きます。 実際にドローンを飛ば...
4月22日(土)14時から 京都で「RAD Studio 勉強会」です。[JAPAN] 2017年 04月22日(土)14:00から 「RAD Studio勉強会」京都で開催されます。 詳細 URL https://connpass.com/event/54387/

Check out more tips and tricks in this development video: