Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in Japan

Posted by on in Tools
RAD Studio での iOS 12 対応 この記事は Sarina DuPont による Targeting iOS 12 with RAD Studio の抄訳です。 今週初めにAppleはiOSの最新リリースであるiOS 12をリリースしました。私たちは10.2 Tokyo Release 3と10.3 Carnival BetaでiOS 12をテストしています。
2018年8月の新しいCData Enterprise Connectors この記事は、Marco Cantu によるNew CData Connectors For August 2018の抄訳です。 昨年より EmbarcaderoはCDataと協力し、データレポジトリ、ビジネスサービス、ソーシャルメディアなど、多くのWebおよびクラウドサービスをFireDAC経由で容易に扱えるコネクタを提供しています。これらのコネクタはEnterpriseおよびEnterprise Plusの2種類のパックで利用できます。詳細については https://www.embarcadero.com/jp/products/enterprise-connectors や https://www.cdata.com/jp/firedac/ をご覧ください。
RAD Studio 10, 10.1, 10.2 向けファイルパーミッションパッチをリリースしました [JAPAN] この記事は、Marco Cantu によるRAD Studio 10.x Files Permissions Patch Releasedの抄訳です。   エンバカデロは、Delphi/C++Builder/RAD Studio 向けのファイルパーミッションパッチをリリースしました。これは、GetIt Webベースのインストーラを使用してインストールされたRAD Studio 10,10.1.xおよび10.2.xのすべてのバージョンが対象です。
デッドラインアプローチ:Googleの新しいAndroid APIレベル26要件 この記事は、Sarina DuPontによるDeadline Approaching: Google’s new Android API level 26 Requirementsの抄訳です。   [追記:10.3 Carnival Betaでは新しいAPIレベル要件に適合したGoogle Play Store向けのビルドが行えます。アップデートサブスクリプションが有効なお客様が 10.3 NDA Beta に参加するための招待を受けていない場合は、エンバカデロ・テクノロジーズまでお問い合わせください。] 開発したアプリケーションをAndroid向けにビルドしておらず、またAndroid向けのリリースを予定していない場合は、今後予定されている Google Play ストアの要件を気にする必要はありません。アプリケーションが少なくとも Android 8.0 (APIレベル26)をサポートする新しい Google Play の要件をどのように満たしているかをご存じですか? Android 向けのアプリを開発している場合には、下記の日付が重要です。

Posted by on in Blogs
Sencha日本語Webサイトオープン 昨年8月末にWebアプリケーション開発プラットフォームSenchaの買収を発表してから、早くも10ヶ月半が経過しました。Sencha買収後初のイベントとして「Sencha RAD Mix Tokyo」を実施したのが昨年12月。その後、3月と5月に実施したデベロッパーキャンプでは、Senchaに関する話題も取り上げ、Delphi / C++ユーザーのためのSenchaセッションも実施しました。 製品サイドでは、Sencha製品ファミリーのロードマップを発表し、定期的にアップデートを繰り返し、現在では、主力製品であるExt JSのバージョンが6.6にまで上がりました。アイデラの傘下となってからは、Ext JSのフレームワーク本体とビジュアルツールであるArchitectのアップデートタイミングも的確にシンクロするようになり、新しいフレームワークのためのツール環境が使えるようになるまで少し時間がかかるという問題も解消しています。 また、Delphi / C++Builder側でもSenchaとの連携性を高めるアップデートが加えられており、RAD Serverが供給するREST/JSONが...
RAD Studio 10.2.3 コード補完(及びiOS 11.3 対応)のパッチ この記事は、Marco CantuによるRAD Studio 10.2.3 Delphi CodeInsight (and iOS 11.3) Patchの抄訳です。 ここ数ヶ月間で、コード補完でいくつかのバグ(再現可能なケース)を調べることができました。そして、コード補完などのいくつかの修正を行いました。クリティカルな部分では、開発者がジェネリックメソッドをオーバーロードするケースに関係していました。いくつかの修正は次のメジャーリリースの一部となりますが、その一部は10.2.x製品で利用可能になり、このパッチに含まれています。問題の1つは、カスタマーから報告を頂きましたコンパイラの問題です。 弊社で、先月リリースしたiOS 11.3パッチをさらにクリーンアップし、PAServerに新しいコンパイラサポートを組み込むことを決めました。従って、私たちはiOSの修正とコード補完の修正を一度にマージすることに致しました -- 部分的にパッチを当てて不安定なシステムにならないようにします。 ダウンロードは、アップデートサブスクリプションユーザーに対してご利用可能です: ...

Posted by on in Blogs
ソースを活用しよう! この記事は、Jim McKeethによるUse the Source!の抄訳です。 Delphiについての素晴らしい点の1つは、Delphi(主に)で書かれているだけでなく、VCL・RTL・FireMonkeyのソースコードがすべて含まれ出荷されていることです。このソースコードをさまざまな方法で利用することができます。これについては少しカバーしますが、コード上で必要なソースファイルを見つけたい場合もあります。sourceフォルダには2,234個以上のDelphiソースファイルがあります。どこにあるのか分からないので正しいファイルを見つけるまでに時間がかかります。 1,711のCファイル、および数千の他のファイルもあります。 以前までは、GREPや全文検索ツールなどさまざまなツールを使ってコードを探していましたが、Windows 10(and earlier versions)には検索機能が組み込まれています。それを、使用するにはいくつかの設定を変更する必要があり、効果的です。それらの方法を概説します。   通常インストールした場合のフォルダは「C:\P...
モダンライフサイクルに対応した業務アプリケーション 2018年01月にWindows CentralでDaniel Rubino氏が次世代Windows「Polaris」について書いていました。この「Polaris」はWindows Core OS(OneCore+CShell)を基盤とし、レガシーコンポーネントを削除しモジュール化するビッグプランです。一方、Windows 7が2020年1月にサポート終了します。さらに、2015年に最初にリリースされたWindows 10は昨年サービス終了しました。これは、モダンライフサイクルポリシーに準拠しています。2015年のWindows 10と、最新のWindows 10 (1803)は別物ということになります。   今年5月の、AdDuplexレポートではWindows 10 1803が50パーセントのシェアで1709が43パーセントでした。これを見てもわかるように、90%以上がCreaters Update以降の新しいWindows 10であることが確認できます。 利用者は、1803にアップデートしていることや、その存在にも気づいていないこともあります。  ...
GitHub上のReal-worldなCMakeとC++Builder アプリケーション この記事は、David MillingtonによるReal-world CMake and C++Builder applications on githubの抄訳です。 先週、C++Builder 10.2.3 とCMake+Ninjaを使い高速ビルドとインテグレーションライブラリ(Fast Builds and Integrating Libraries: Using CMake and Ninja for C++ Builder 10.2.3)の内容をポピュラーなウェビナーを行いました。そのリプレイはYoutubeで見ることができます。 その中で、私(David Millington)はC++BuilderとCMakeの2つの項目を実演しました。real-worldなFireMonkeyアプリケーションとGoogle Testです。 これらはGitHubから利用できます: Mazes: 2017年のCodeRage XIIにも書いています。このアプリケーションは、DelphiとC++Builderの両方で使用できます。C++に興味があるDe...
6月にイタリアとポーランドで開催される Delphiカンファレンス この記事は、Marco CantuによるSpeaking at Delphi Conferences in Italy and Poland in Juneの抄訳です。 ヨーロッパのDelphiカンファレンスのほとんどは秋に行われます。とくに、9月10月に集中して開催されるのですが、今春の晩期には定期的なイベントがいくつかあります。   6月7日イタリアにて Delphi Day イタリアのDelphi Dayは、私(Marco Cantu)が何年も主催してきたカンファレンスです。毎年、約100人ほどDelphiのデベロッパーが集まります。今年は6月7日に開催され、その前日には詳細なセミナーが行われます。場所はピアチェンツァで、私が住んでいる街なので、本当にそれを見逃すことはできません! Delphi Dayでは、Delphiのステータスに関する基調講演とRAD ServerでRESTサービスを構築するためのテクニカルセッションを行います。また、他のリモートのEmbarcaderoスピーカーとのチャットを開催します。講演者のリストは、Bruno Fi...

Check out more tips and tricks in this development video: