Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in FireMonkey
ANDROID_IDと、identifierForVendorを取得[JAPAN]     毛利です。 C++Builderを使用してANDROID_IDとidentifierForVendor(IDFV)を取得を試してみました。 ID Description ANDROID_ID ANDROID_IDは、Android端末の初期化時にランダムに生成された文字列です。 identifierForVendor(IDFV) identifierForVendor(IDFV)は、iOS UDIDの代替としてiOS 6.0から使用できるIDです。 異なるベンダ(開発者)を持つアプリケーションでは、異なるIDが返されます。複数のアプリケーション間で同じ値を得ることができます。異なる端末で異なる値が返されることは保証されません。 uGetUuid.hpp #if defined(_PLAT_IOS) #include <Macapi.Helpers.hpp> #include <iOSapi.UIKit.hpp> #elif defi...
Try to acquire ANDROID_ID and identifierForVendor(IDFV)[JAPAN] Try to acquire ANDROID_ID and identifierForVendor(IDFV) using C++Builder. ID Description ANDROID_ID ANDROID_ID is a character string randomly generated at the time of initialization of Android terminal. identifierForVendor(IDFV) identifierForVendor(IDFV) is an ID that can be used from iOS 6.0 as an alternative to iOS UDID. In applications with different vendors (developers), different IDs are returned.You can get the same value among multiple applications,It is not guaran...
Save Time With This Quick LiveBindings Trick For Delphi And C++Builder LiveBindings is a great technology built into Delphi and C++Builder for bypassing most of the code involved in a CRUD data cycle (Create, Read, Update and Delete Cycle). It can keep you out of massive amounts of technical debt. However, sometimes the standard LiveBindings method of binding some controls can be overly complex. You can easily simplify your LiveBindings by using an invisible TEdit control. Basically you bind your field value to the TEdit and set the TEdit to Visible := F...
FMX サポート対象のイメージ形式[JAPAN] Firemonkey サポート対象のイメージ形式 TBitmapCodecManager は、異なるプラットフォームに対する、TBitmap エンコーディングおよびデコード コーデックへのサポートを提供します。TBitmapCodecManager は、TBitmap の保存や読み込み時のフィルタの作成に使用されます。 Windows OS X iOS Android BMP BMP     GIF GIF   GIF JPEG(.jpeg、.jpg) JPG,JP2,JPEG,JP2 JPEG,JPG JPEG,JPG HDP       ICO         ICNS     PNG PNG PNG PNG TIFF(.tiff、.tif), TIF    ...
FireMonkey グラデーションボタンの作り方コード編[JAPAN] FireMonkeyのスタイルについては http://edn.embarcadero.com/article/44759 http://edn.embarcadero.com/article/44761 もしくは、細川さんのスライド(下記URL)で詳しく説明があります。 https://www.slideshare.net/pik256/vcl-firemonkey-59356366 上記の方法を使ってコード実装する方法を試してみました。 新規プロジェクトで[マルチデバイス アプリジェーション C++Builder]を選択し メインフォームにはTButtonを1つ配置します。 FormCreateでTRectangleとTGradientAnimationを作成し Button1->FindStyleResource("background")->AddObject()に作成したTRectangleを設定します。 //------------------------------------------------------------------...
FireMonkey Native and Custom Styles in Action - Video This video shows building a profile screen for your multi-device application using the FireMonkey framework with both native UI support and custom styling. Highlighted in the video are custom multi-device styles included in Embarcadero's premium style bonus pack and custom styles from DelphiStyles.com.   ...
TMotionSensorの加速度を使ったシンプルなアプリ[JAPAN] TMotionSensorはデバイスの動きの加速度、角度、状態、速度に関する情報を提供するコンポーネントです。 http://docwiki.embarcadero.com/Libraries/Tokyo/ja/System.Sensors.TCustomMotionSensor 上記URLに詳細は書いていますが その中で加速度プロパティを使ってiOS / Androidで試してみました。           [1.新規プロジェクトの作成]  メニューから[ファイル|新規作成|マルチデバイス アプリケーション - C++Builder]を選択し [空のアプリケーション]を選びます。       [2.フォームにコンポーネントの配置]  右下の[ツールパレット]からメインフォームへTButton, TMotionSensor, TTim...
クロスプラットフォーム開発環境 Delphi / C++Builder で 3D表示のアプリを作る [JAPAN] 統合開発環境 Delphi / C++Builder で 3D表示のアプリを作る (無償で使えるStarter Editionでも可能)[JAPAN] クロスプラットフォーム開発環境 Delphi / C++Builder を使用して かんたんに 3D表示のアプリを作成する手順をご紹介します。この一つの手順で、iOS, Android, Windows, macOSで動作するアプリを作れる事が魅力。 アプリ内で3D表示を行うことができれば、3D のモデリングや、3D空間のシミュレーションを行うなど、新しいアプリの利用方法が広がります。例えば小さな一部屋内での家具の配置を試すようなアプリを作ったり、大きな町一つを丸ごと、バーチャルリアリティの世界として作る、といったことにも利用できるでしょう。 Delphi / C++Builder を使った 最も基本的な3Dアプリ作成のチュートリアルは、エンバカデロのDocwikiに「チュートリアル FireMonkey 3Dアプリケーションを作成する」という題名で記載されています。より詳しい情報を知りたい方は、こちらのDocwikiもご参考にな...
Configure Xcode8 to delploy iOS app without subscribing Apple Developer Program. [JAPAN] ※この記事は 2016年の C++ Boot Camp Day4 で紹介した内容を Xcode8 のスクリーンショットで再編集したものです。   ビルドしたアプリを iOS の実機にデプロイするには、原則として Apple Developer Program(以後、ADP と表記)の加入が必要です。これは Xcode を使う場合でも、RAD Studio / Delphi / C++Builder を使う場合でも同じです。しかし Xcode7 以降では ADP に加入していない場合でも所定の手順で環境構築することにより、ビルドしたアプリを目の前の実機にデプロイすることが可能となっています。 そして、RAD Studio / Delphi / C++Builder でも、この設定に相乗りする形で開発したアプリを実機にデプロイ可能です。 しかしながら、このための環境構築には少々の手間がかかる上に自由度は低く、本格的な開発には向きません。ADP に加入したほうが絶対にラクです。しかしながら、初めて iOS アプリを開発する方にとっては ADP の年費用を捻出するのは案外ハードルが高いものです。 そこでこの記事では ADP 非加入の方が Xcode8 で 実機デプロイするための手順をスクリーンショット入りで説明します。なお、Delphi / C++Builder のユーザがモバイル向け開発を行うには Mobile Add-on Pack が必要です。お手元の環境がモバイル向け開発に対応していない場合は、参考資料としてお目通しいただければと思います。以下では Xcode インストール後の初回起動からの流れで手順を説明しています。
Creating a profile screen for your mobile application Many mobile applications today include a profile screen. Popular music apps display your favorite musician's bio along with song and album details and concert information on the artist's profile page while social media apps display your hometown information, recently visited locations, profile photo, number of followers and more. I decided to create a nice sample that shows how you can easily implement a profile screen in your own FireMonkey application.

Check out more tips and tricks in this development video: