Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in FireDAC
Secrets of FireDAC: Pagination With Grids And LiveBindings If you want to display only a range of results from a recordset you can using paging (otherwise known as pagination) to do so. It is a common pattern when doing web development to give the user 20 results for example and then the ability to move to the next page. If you are implementing a REST API in RAD Server you might also implement this functionality instead of delivering 2 million rows for the query you only deliver the first 20 rows and the next 20 can be requested in the next call. Obviou...
Secrets Of FireDac: Last Inserted Auto Generated Id And Enterprise Connectors A common pattern when inserting data into a database table which has an auto increment field set on it is to use an SQL query to select the last inserted ID of the newly created record. Once you use your TFDQuery to run your INSERT query you can run this second query to get the newly inserted auto increment ID. Different databases have different SQL queries to accomplish this. MySQL for example has a SELECT query function that you can run called LAST_INSERT_ID() (example: SELECT LAST_INSERT...
Learn How To Replicate A TFDMemTable Into An IBLite Table With FireDAC In Delphi 10.2 Tokyo The Field Service Template client app has offline capabilities which allows you to record changes offline without an internet connection. Later updates can be sent back up to the RAD Server once an internet connect is detected. One of the pieces of code in the Field Service Template client app that makes this possible is a function which will take the FireDAC JSON that is received from the RAD Server and store it as a table in IBLite. As you will see in the source code below the proce...
2018年8月の新しいCData Enterprise Connectors この記事は、Marco Cantu によるNew CData Connectors For August 2018の抄訳です。 昨年より EmbarcaderoはCDataと協力し、データレポジトリ、ビジネスサービス、ソーシャルメディアなど、多くのWebおよびクラウドサービスをFireDAC経由で容易に扱えるコネクタを提供しています。これらのコネクタはEnterpriseおよびEnterprise Plusの2種類のパックで利用できます。詳細については https://www.embarcadero.com/jp/products/enterprise-connectors や https://www.cdata.com/jp/firedac/ をご覧ください。
Upload An Attachment To SalesForce With The Delphi 10.2 Tokyo Enterprise Connectors I am working on a project that utilizes the Embarcadero Enterprise Connectors powered by CData to access SalesForce through it's API. The Enterprise Connectors provide you a wide variety of connectors for quickly and easily accessing APIs like SalesForce, Google AdWords, Mailchimp, Facebook, Azure, YouTube, and many many more. The Enterprise Connectors work through FireDAC and give you an SQL interface to the various APIs that are on offer. This means you don't have to learn new APIs you simply...
IBLite 2017 の GetIt パッケージが更新され、ライセンスファイルが付属しました この記事は、MARCO CANTUによるUpdated IBLite 2017 GetIt Package With License Fileの抄訳です。 IBLiteは、モバイルアプリケーションとデスクトップアプリケーションに組み込むことのできる、InterBaseデータベースのローカルバージョンです。 RAD Studioは完全なデプロイメントをサポートしているので、必要なファイルをデバッグ用とストア用の両方のアプリケーションに簡単にデプロイできます(下の画像を参照してください)。 IBLiteは、一般的に使用されているSQLiteと比較して、より多くの機能を提供し、より堅牢なモバイルデータベースです。 また、InterBaseサーバーと完全に互換性があります。(RAD Studioに付属の無料の開発者用エディションも同様です。) 最近まで、IBLiteのデプロイには一意のライセンスファイルが必要でした。 開発者は、RAD Studioのシリアル番号と共に受け取ったIBLiteのシリアル番号と登録コードを、EmbarcaderoのWebサイトに入力して、IBLiteライセンスフ...
Secrets Of FireDAC: Dynamic Where Clause Using Conditional Substitution Macros If you are using FireDAC and building your SQL queries manually you may be using more verbose code than is needed. FireDAC has a feature called Macros which allows you to do a variable substitution in your SQL query similar to parameter substitution but for raw SQL. However, in addition to macro substitution you can combine it with conditional substitutions which lets you do the real magic. If you are building your SQL query from scratch using strings you probably have some logic that decides w...
Enterprise Connectorsのインストール済みコンポーネントのバージョン一覧を得る 複数のPCに開発環境を作る場合は、使用するコネクタとバージョンを等しく揃えたい Delphi/C++Builder/RAD Studio 向けの Enterprise Connectors を使うと、さまざまなクラウドのAPIやデータを SQL で操作できることは、様々な機会でご紹介してきたとおりです。 この Enterprise Connectors は、新しい接続先のサポートや機能の修正等を含めた新しいビルドが CData 社より年に数回リリースされています。 このため、複数の作業用PCを併用するケースでは、環境の構築時期にズレがあるとインストールされているコネクタのビルドが異なる可能性が懸念されます。このような不整合はコネクタの挙動の違いを引き起こすかもしれません。あるいは、環境ごとに、インストールの過不足があるかもしれません。そこでここでは Enterprise Connectors のインストール済みコネクタおよびバージョンの一覧を取得する方法を紹介いたします。 この記事では Windows 10 1709 Fall Creators Update の環境で動作を確認しましたが、Windows10 は年2回のアップデートが提供されますので、バージョンによってはスクリーンショット等が異なる可能性があることにご注意ください。
Webinar Replay: Embeddable Databases for Mobile Apps: Stress-Free Solutions with InterBase When it comes to developing mobile applications, keeping data on your device is a must-have feature, but can still be risky. With embedded InterBase, you can deploy high-performance multi-device applications that maintain 256-bit encryption, have a small footprint and need little, if any, administration. What can participants expect to learn: Using InterBase in your mobile apps is easier than you may expect. Learn to develop mobile applications using InterBase, and how to take advantage of&...
RAD Studio 10.2.3におけるデータベースとFireDACの機能強化 この記事は、MARCO CANTUによるDatabase and FireDAC Enhancements in RAD Studio 10.2.3の抄訳です。 私は、Delphi,C++BuilderとRADStudio 10.2.3の更新におけるRADServerの変更とRTLの修正について記事を作成しました。もう一つの注目を集めている範囲として一般的なデータベースのサポート、特にFireDACがあります。以下のリストは特に注目すべき改善点です。Quality Portalのエントリがある場合は、それも示しています。 FireDACの改善 FireDACは以下のケースについて注力しました。 FieldKindがftMemoであるフィールドにおける、NULL値とEmpty値の取り扱い。(RSP-19938) アイドル状態であるアプリケーションのCPU消費量の減少。(RSP-19881) OpenOrExecuteメソッド実行時のRowsAffectedプロパティ値の更新。(RSP-19385) HiDPI環境における、ログインダイアログのスケーリングの改善。(RSP...

Check out more tips and tricks in this development video: