Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in Delphi
Yesterday was a Kyoto Delphi study group meeting in kyoto/japan. On April 22nd we had a study group meeting in Kyoto/japan. It is about 500km away from Tokyo. Noon from until the evening, we have a variety of story. I explained 10 new features. How to connect Linux and PA server, About Android thread.   A lot of Delphi user has participated. was fun.  ...

Posted by on in Blogs
Webinar Replay: Migrating to RAD Server Moving existing Delphi VCL "Fat Client" database applications to scalable client/server architectures with RAD Server.  Five distinct phases: analyze, plan, refactor, build and deploy The key is building a layered architecture ...
クロスプラットフォーム開発環境 RAD Studio / Delphi / C++Builder のインストール (無料体験版のインストール)[JAPAN] RAD Studio / Delphi / C++Builder のインストール (体験版のインストール) ここでは無料トライアル版を導入する手順を記載しておきます。RAD Studio / Delphi のフル機能を30日間、無料で試用することができます。すでにライセンスを購入している方は、ライセンス購入時にメール等で知らされる手順により導入してください。 10.1 Tokyo のオンラインインストーラーが改善されてだいぶ早くなっています。「10.2 Tokyo で高速化された RAD Studio のインストールを実際に検証してみる [Japan]」 のブログににある通り、環境にもよりますが、約半分の時間でインストールできます。また、必要な機能だけ選択してインストールできるので、なおのことインストールにかかる時間を短縮できます。 RAD Studio / Delphi / C++Builderについて RAD Studio / Delphi / C++Builderは、一つのソースで Windows, macOS, iOS, Android のアプリが作れるクロスプラットフ...

Posted by on in Blogs
Stockholm - RAD Studio 10.2 On the high speed train from Stockholm to Gothenburg. In the morning flew from Amsterdam to show the latest Delphi and C++Builder to Swedish developers. There is certain energy exchange happening on live developer presentations like this. You give something and you get something in return. Nice to have Internet and electricity in the train, but after the whole day of programming new ideas do not come easy. Every RAD event is different. From recent ones in Prague and Warsaw, I knew to keep enoug...
ThingConnect IoT Device Components and BeaconFence now available for download in RAD Studio 10.2 Tokyo You can now access over 50 ThingConnect IoT Device Components via the GetIt Package Manager (Tools > GetIt Package Manager) for download in RAD Studio 10.2 Tokyo. This includes BLE and Z-Wave components, ranging from home automation, to fitness gadgets, medical devices, environmental sensors and more.     BeaconFence is now also available for download in RAD Studio 10.2 Tokyo:   Download a RAD Studio 10.2 Tokyo Trial ...
How to connect to Oracle DB from Ubuntu Linux. How to connect to Oracle DB using Delphi FireDAC. Delphi uses Linux(64). and Linux is ubuntu. I used "Oracle SE One" of AWS(RDS).   [Instant Client download] Download 12.2 Instant Client.  http://www.oracle.com/technetwork/database/features/instant-client/index-097480.html I downloaded instantclient-basic-linux.x64-12.2.0.1.0.zip http://www.oracle.com/technetwork/topics/linuxx86-64soft-092277.html#ic_x64_inst   Unpack it after placing it on Linux.  # unzip instantclient-basic-linux.x64-12.2.0.1.0.zip Create a directory and place the decompressed file.  instantclient_12_2 directory is made. # mkdir /opt/oracle mv instantclient_12_2 /opt/oracle/ Move this to the directory created. Create a link. # ln -s libclntsh.so.12.1 libclntsh.so ln -s libocci.so.12.1 libocci.so   Setting environment variables. # export LD_LIBRARY_PATH=/opt/oracle/instantclient_12_2:$LD_LIBRARY_PATH export PATH=/opt/oracle/instantclient_12_2:$PATH

Posted by on in Blogs
New in 10.2: MariaDB Support One of the biggest new RAD Studio 10.2 Tokyo database features is support for MariaDB open-source relational database. MariaDB is one of the most popular open-source SQL databases. It is a fork from MySQL database, after it has been acquired by Oracle, the original creators of MySQL, started to work on MariaDB, which is highly compatible, some say 95%, with MySQL. Consequently you will not find a new "MariaDB" node in RAD Studio "Data Explorer", but existing FireDAC MySQL driver has been rework...
AWS Oracle SE One FireDAC接続TFDConnection[JAPAN] 毛利です。   AWSのRDSでOracle SE Oneデータベースを作成し接続するまでを試しました。 「開発/テスト」用に関しては無料枠があるようです。 インスタンスの仕様とセキュリティ、データベースの設定をします。 全ての設定を終えて数分待てばオラクルDBのインスタンスができます。   C++Builder 10.2 Tokyoを起動しVCLで新規プロジェクトを作成します。 TFDConnectionコンポーネントを使って接続してみます。
開発者の皆様を対象にしたサーベイを実施中です [JAPAN] エンバカデロ・テクノロジーズでは、開発者の皆様を対象にしたサーベイを実施しています。このサーベイは2017年4月25日まで受け付けています。
BDEを使った業務アプリを移行ツールで最新化  (2017年4月14日実施セミナーサマリー)[JAPAN] 2017年4月14日(金)に、エンバカデロテクノロジーズ 飯田橋セミナールームにおいて「Delphi / C++Builder 業務アプリケーション 刷新実践法」セミナーを実施いたしました。 その第2セッション 「BDEを使った業務アプリを移行ツールで最新化」にてご紹介した内容について、まとめを掲載いたします。   ■セミナーで使用した資料 第2セッションの で使用したスライドはこちらでご覧いただけます。 BDEを使った業務アプリを移行ツールで最新化(2017年4月14日開催) from 和貴 相蘇   ■デモ&スタディ内容の基本となる資料 デモ&スタディ内容の基本となる資料は Embarcadero DocWiki の以下のページにあります。 FireDAC への BDE アプリケーションの移行 上記の資料の中でデモとしてお見せしたBDEを使ったプロジェクトをFireDACのコンポーネントへ変換して動作させる部分はこちらに記載されています。 BDE アプリケーションの移行(FireDAC)  上記...

Check out more tips and tricks in this development video: