Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in Delphi
FireDAC TFDMoniFlatFileClientLinkを使ったLOGの吐き出し方法[JAPAN] 毛利です。   FireDACにはDB側とTFDConnection間のやりとりをしている内容をLOGとして保存する機能がありますのでご紹介します。 まずTFDConnection, TFDQuery, TDataSource, TDBGridを使いクエリーをグリッド表示します。 今回 TFDConnectionの接続先はInterBaseです。 コードは1行もありません。全てコンポーネントのプロパティ設定のみです。 TFDConnection, TFDQuery, TDataSource, TDBGridの4つコンポーネントを配置後 FDConnection1コンポーネントをダブルクリックし接続設定します。 その後上の図のようにコンポーネントの設定をします。 FDQuery1.Connection に FDConnection1、DataSource1.DataSet に FDQuery1、DBGrid1.DataSource  に DataSource1を 設定します。 FDConnection1のConnectedプロパ...
ブラウザのアドレスバーから DocWiki の 10.2 Tokyo のコンテンツを検索する設定を作成する [Japan] 10.2 Tokyo がダウンロードできるようになり、DocWiki でも 10.2 Tokyo の情報が公開開始となりました。 さて、以前に Google Chrome や Firefox のアドレスバーから DocWiki の検索を行えるようにする設定を紹介しましたが、10.2 Tokyo の検索設定を追加することにしましょう。
FiremonkeyでREST JSONファイルからTFDMemTableを更新しデザイン画面でデータセット編集[JAPAN] 毛利です。 Delphi / C++Builder 10.2 Tokyoの新機能としてTFDMemTableデザイン時に編集できるダイアログが追加されました。 TFDMemTableをフォームに配置後、右クリックで[データセットの編集]項目が出てきます。 ですが、何も入っていないのでエラーになります。 まずはRESTでJSONを取得TFDMemTableに取込み、データセット編集を試してみたいと思います。 TRESTClientとTRESTRequest, TRESTResponse, TRESTResponseDataSetAdapter, TFDMemTable を配置し それぞれをプロパティで接続しました。 TRESTClientのBaseURLにシンプルなJSONで返信が返るURLを設定します。 次に、ビジュアルバインディング画面でFDMemTable1を右クリックし、新規コントロールにリンク TGridを選択してOKをクリックします。 デザイン画面上にTGridが配置されるので AlignをClientに設定します REST...
10.2 Tokyo で高速化された RAD Studio のインストールを実際に検証してみる [Japan] RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.2 Tokyo では ESD (GetIt) でのインストールにかかる時間が大幅に改善されました。頻繁に行う作業ではないにしろ、環境構築のための所要時間が短縮されることは非常に良いことです。 すでにインストールされた方は実際に体感されていることと思いますが、速い遅いという話は何らかの形で可視化されたほうがわかりやすいです。 そこで 10.1 Berlin と 10.2 Tokyo でのインストールにかかる時間を簡易的ではありますが、計測してみることにします。
新バージョン RAD Studio / Delphi / C++Builder 10.2 Tokyo  リリース! [JAPAN] 2017年3月22日(23日)、RAD Studio / Delphi / C++ Builder 10.2  Tokyo をリリースいたしました。この新バージョンでは、Delphi の 64bit Linuxコンパイラが新たに追加されており、Linux上で動作するサーバーサイドロジックを構築することができるようになっています。 新機能の多くは、すでに3月15日に開催された「0315 in Tokyo」にて発表されており、そのイベントリポートも掲載しておりますので、ここに再掲はせず、リンクのみ掲載するとともに、関連情報をまとめておきます。   ■10.2 Tokyo概略 今回の新バージョンリリースにおける新機能などをまとめてあります。 【0315 IN TOKYO】イベントレポート : 新製品発表会の様子をまとめています。また、改善点などをまとめたブログへのリンクもこちらに掲載されています。 弊社Webサイトでの 10.2 Tokyo 新機能説明: 新機能をご紹介すると共に、キーとなる機能を動画を使って紹介しています。(順次日本語版ビデオに...
Starter Edition ユーザーのための Delphi / C++Builder 10.2 Tokyo Starter Edition (無償!) 入手ガイド [JAPAN] 無料の開発ツール Delphi / C++Builder / RAD Studio 10.2 Tokyo Starter Edition を 手に入れる 2017年3月23日、エンバカデロはDelphi / C++Builder / RAD Studioの新バージョン、 10.2 Tokyoをリリースしました。このリリースに合わせて無料版のStarter Editionも新しくなっています。 まだ この無料の開発環境であり、強力なプログラミングツールの Delphi/C++Builder Starter Editionを導入したことがない、という方は こちらの記事に書かれている方法と同じ手順で 10.2 Tokyo Starter エディションを導入することができます。 この記事では、すでに 10.1 Berlin Starter エディションを導入されている方々を対象に、新しい 10.2 Tokyo Starter Edition の入手、導入方法について、お知らせいたします。 ざっくりとした流れは エンバカデロのStarterダウンロードサイトでア...
Delphi / C++Builder iOSステータスバー色変更方法[JAPAN] 毛利です。 [RAD Studio 10.2 TokyoでiOSステータスバーの色を変更する方法] Delphi / C++Builder 10.2 TokyoにはFormにSystemStatusBarプロパティがあります。 SystemStatusBar->BackgroundColorがあり色を変更できます。 皿にVisibilityでTVisibilityMode「 Visible, Invisible, VisibleAndOverlap」の値を変更できます。
RAD Studio / Delphi / C++Builder 10.2 Tokyo ab sofort verfügbar! Ab sofort ist Delphi, C++Builder und RAD Studio 10.2 Tokyo verfügbar. Inklusive der Trial/Testversionen und der (kostenfreien) Starter Editionen. Einige Neuerungen: LLVM Compiler für Linux 64 Bit Unterstützung für/mit Delphi ARC fähig 1-basierte Strings Linux Unterstützung für Ubuntu Server RedHat Enterprise Linux (V7) Neue RTL Funktionen Zugriff auf das Linux Dateisystem Threading / Parallel Programming Libraries für Linux REST / HTTP Aufrufe unter Linux FireDA...
モバイルアプリ・クロスプラットフォーム開発 ワークショップ開催 (3月28日) [JAPAN] 2017年3月28日(火)に「RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ」を開催します。 実際に開発ツールのRAD Studioを使ってアプリ開発の初歩を学べる無料のワークショップです。 開発環境のパソコン、開発ツール、アプリを動作させるためのモバイルデバイス(Android)一式を エンバカデロが用意してお待ちいたしておりますので、参加の皆様は手ぶらでアプリ開発にトライしてみることができます。   おすすめポイント なんといってもクロスプラットフォーム開発の片鱗を味わうことができます! アプリ開発の際に、Android, iOS (さらには macOS, Windowsまで)のクロスプラットフォーム開発ができる開発ツールは少なからずありますが、一つのソースコード、マスターUI設計だけで複数のOS向けのアプリが「かんたん」にできるのは RAD Studioが一番! 「ビジュアル開発」と言われ、コンポーネントをドラッグアンドドロップして開発できるそのスタイルは、とても効率がよく、クロスプラットフォームのめんどくささや、...

Check out more tips and tricks in this development video: