Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in clang

Posted by on in Programming
When writing template in template It is possible to write template in template.In that case, you can pass the "geho_<std :: vector>" class template directly to the template. namespace my_ { template <class T1, typename T2> struct hoge_{}; template< template<typename, typename> class T, typename T1, typename T2> struct geho_ { T<T1, T2> t_; }; }; I put hoge_ in class geho_. It is typed in T template in geho_.So you can pass it like the fol...
template中にtemplateを書く場合[JAPAN] 毛利です。 templateの中にtemplateを書く事が可能です。 その場合のメリットは geho_<std::vector> クラステンプレートをそのままテンプレートに渡せます。   namespace my_ { template <class T1, typename T2> struct hoge_{}; template< template<typename, typename> class T, typename T1, typename T2> struct geho_ { T<T1, T2> t_; }; }; geho_ クラスにhoge_ を入れてますが、geho_内でTテンプレートに型指定しています。 なので下記の様に渡す事ができます。 my_::geho_<my_::hoge_, TObject, TObject> geho_hoge_; hoge_をve...
TURLEncodingを使わずURLエンコード[JAPAN] 毛利です。   C++Builderは TURLEncodingにはEncode()や、Decode()の機能があります。std::ostringstream と GetBytes()を使って同じような実装をしてみました。 #include <sstream> #include <array> #include <functional> const std::string path_encoding(UnicodeString input_, TEncoding* enc_) { std::function<bool(char)> fun1_{[](char c__)->bool{ std::array<char, 7> arr_={'-', '_', '.', '~', '&', '$', '!'}; for (auto a_: arr_) { if (a_ == c_...
I tried encoding not using TURLEncoding. I tried encoding without using TURLEncoding.used the std::ostringstream and GetBytes() functions. enc.cpp #include <sstream> #include <array> #include <functional> std::string path_encoding(UnicodeString input_, TEncoding* enc_) { std::function<bool(char)> fun1_{[](char c__)->bool{ std::array<char, 7> arr_={'-', '_', '.', '~', '&', '$', '!'}; for (auto a_: arr_) { if (a_ == c__) ...
JSONファイルをTTreeViewで可視化[JAPAN] 毛利です。   C++Builder VCLでJSONファイルを読み込んでTTreeViewコンポーネントに表示するプログラムを試してみました。 プログラムソースは github.com/mojeldからダウンロード可能です。       [デザイン画面]   2つのTSpeedButton, TTreeView, TMemo, TActivityIndicator, TOpenDialog, TImageListを配置します。 ImageList1にはTreeView1に表示する為のアイコンを用意し、TreeView1->Images = ImageList1;       [ボタンイベント]  JSONファイルを読み込むイベントとクリップボードに入っている文字列を読むイベントを作ります。 //--------------------------------------------------------------------------- v...

Posted by on in Blogs
Visualize JSON using TTreeView I tried a program that reads a JSON file in C++Builder VCL and displays it in TTreeView component. This project file is open to public from github. github.com/mojeld  https://www.microsoft.com/store/productid/9PLPHK05PJF7     Place two TSpeedButton, TTreeView, TMemo, TActivityIndicator, TOpenDialog, TImageList. ImageList1 has an icon for displaying in TreeView1       [code] Create an event to read a JSON file and an event to read a character string c...
製品マネージャからの2017年5月付け製品ロードマップに関するコメント この記事は、Sarina DuPont によるMay 2017 Roadmap Commentary from Product Managementの抄訳です。 DelphiのLinuxサポートを搭載した10.2 Tokyoをリリースしてから、毎年実施している開発者向けのサーベイを行いました。このサーベイは、2週間にわたって行われ、4月末に終了しました。サーベイ参加者は予想を上回り(過去よりも50%増加しました)、製品管理チームに対して、数多くの貴重なフィードバックがもたらされました。皆さんのお時間をこのサーベイに割いていただき、感謝致します。このサーベイは、私たちのロードマップを最終化するのに、大変役立ちました。 今回、「2017年5月付Delphi / C++Builder / RAD Studioロードマップ」を発表しました。このロードマップでは、2017年~2018年に計画している主要な機能を挙げています。この計画は、エンバカデロの会計年度(2017年4月~2018年3月)に割り当てられています。ロードマップは、一般的に6ヶ月ごとに更新する計画です。 今回...
C++Builder Firemonkey(Win64) バーコード表示[JAPAN] C++Builder Firemonkeyでバーコードを画面に表示します。 利用したライブラリはDEKOさんのBARCODE生成ユニットです。 bcode_07.lzhを解凍するとBARCODE.PASソースが入っています。(VCLサンプルも入っています) BARCODE.PASを少し書き換えます。それはString部分をAnsiStringに変更です。
How to write in C++Builder Firemonkey. Make a barcode. Make a barcode with C++Builder Firemonkey. This time, I used DEKO-san library. http://ht-deko.com/junkbox.html#BARCODE When unpacking, there is a BARCODE.PAS file inside. This BARCODE.PAS file needs to be rewritten a bit. That's pretty simple. Just change String to AnsiString.   Next, I will make a new project. The project is C++Builder Firemonkey. Add BARCODE.PAS to the project. BARCODE.hpp will be created when building.And then design the screen. In the...

Posted by on in Tools
製品ロードマップ(2016年8月付) この記事は、Marco CantuによるProduct Roadmap August 2016の抄訳です。 2月にエンバカデロ製品の詳細なロードマップを発表した際お約束した通り、半年毎にロードマップを更新し、お客様と今後の展開について共有したいと思います。多くの方からのご要望に応じた結果、通年計画としましては、アップデート数を増やし、メジャーリリースの回数は1回とする方向に進んでいます。 現在進めているエキサイティングなプランは、今後、お客様やパートナーの皆様の要件や意見を反映しながら、引き続き微調整していきます。変更点としましては、RAD Studio 10.1 Berlin Update 2で、Windows 10 Anniversary Editionに必要なサポート、特にCentennialとして知られていたWindows Desktop Bridgeへのサポートを提供するものです。また、このアップデートには、新しいWin 10 Anniversary スタイル及びUXコントロールが含まれます。 Godzillaの開発トラックは順調に進んでいます、それと並...

Check out more tips and tricks in this development video: