Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in C++Builder

Posted by on in Programming
How to handle data in TFunc with C++Builder(BCC32) When dealing with TFunc in BCC32(C++Builder 10.2). For example, suppose Delphi side has the following function. type Tproc_func = record {When TFunc is an argument as shown below. } function func1(func: TFunc<Integer, String>):String; end; implementation function Tproc_func.func1(func: TFunc<Integer, String>): String; begin Result := func(CurrentYear); end; The func1 function has an argument of TFunc.In this case, Delphi...
Learn How To Use AngularJS To Quickly And Easily Connect And Consume JSON From RAD Server The Hospitality Survey Admin dashboard project is part of the Hospitality Survey App template for Delphi 10.2 Tokyo that Embarcadero has released through their GetIt platform. The Hospitality Survey App consists of four different projects. In this blog post I am going to cover the Hospitality Survey Admin dashboard project which was built in AngularJS. The Admin Dashboard connects to RAD Server on the backend via a REST API. The stats that are displayed are for data that has ...

Posted by on in Programming
Implement CreateAnonymousThread with BCC32. C++Builder 10.2 BCC32 can not write lambda. So write an implementation in Invoke() with TCppInterfacedObject<>. struct T_thread_proc : TCppInterfacedObject<TProc>{ TNotifyEvent f_ev_; struct T_sync_proc : TCppInterfacedObject<TThreadProcedure>{ TNotifyEvent f_ev_; T_sync_proc(TNotifyEvent& ev2){ f_ev_ = ev2; } virtual void __fastcall Invoke() { //Inside Synchronize. f_ev_(NULL); //Execute "TNotifyE...
Delphi / C++Builder Starter Edition (無償) 最新版 10.2 Tokyo Release 1 提供中 [JAPAN] Delphi / C++Builder Starter Edition (無償) 最新版 10.2 Tokyo Release 1 提供中 Delphi / C++Builder Starter Edition の無償公開から早くも1年が経とうとしています。当初は開発者向けのWebセミナー「Boot Camp」(ブートキャンプ)を実施するにあたり、実際に手を動かして使ってみていただける開発環境として、期間限定にて無償公開したわけですが(以前は約30,000円の有償提供品)、そのBoot Campが好評で参加者も多く、また、ユーザーの皆様から、無償提供の継続を強く望まれたこともあり、無期限の無償提供を決定したわけであります。 最新版 Starter Edition 10.2 Tokyo Release 1 無償提供開始時のバージョンは10.1 Berlinであったわけですが、その後、バージョンが新しくなり、10.2 Tokyoとなりました。そこでもStarter Editionの無償提供は停止せず、今も継続して入手可能であります。現在は10.2の最新更新版であるTokyo 10.2...
新元号や改元に関する情報を発信するブログをマイクロソフト社が開設しています [JAPAN] 半年前 (2017年1月) に 元号が改正された場合の西暦と和暦の相互変換について という記事を投稿し、Windowsには元号に関する設定をレジストリで管理していることや、西暦-和暦変換に関する方法を紹介しました。 ただし実際のアプリケーションにおいては、それぞれのアプリケーションで行う業務上の必要性により、和暦を独自に取り扱っている場合もあることでしょう。
Hotfix for Inherited VCL Form HighDPI Regression in 10.2.1 がリリースされました [JAPAN] RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.2 Release 1 で VCL フォームアプリケーションを作成した場合に HiDPI 環境(ノートパソコン、タブレットPC、4Kディスプレイなど、スケーリングを100%以上でご利用頂く場合)でコンポーネントの表示サイズが本来の設計とは異なる状態で表示される問題に対する HotFix がリリースされました。 https://cc.embarcadero.com/item/30798
Posted by on in Programming
How to control "the system audio volume" of iOS Use C++Builder 10.2 to control audio volume of iOS.I used the MPVolumeView class of iOS.The MPVolumeView class is declared in “iOSapi.MediaPlayer.hpp”. Include two files. #include <iOSapi.MediaPlayer.hpp> #include <iOSapi.UIKit.hpp> Form design Arrange “Up” and “Down” two TButton. Use this button to control the volume. Add MPVolumeView to the main form Class Add “_di_MPVolumeView” and “_di_UISlider” to the form class. ...
The LAB: Delphi and C++Builder conference, Sept 19th, NL Summer holiday is already over and traditionally September is a busy month for live and online events. In two weeks from today, on Tuesday, September 19th, 2017, there will be big The LAB international Delphi and C++Builder conference organised by Barnsten, Embarcadero partner for Benelux and France, in Evoluon in Eindhoven. This is a very nice location, quite close to the Eindhoven airport that looks a bit like a space saucer. Same place as last year. The LAB means that all attendees are enc...
Enterprise Connectors (エンタープライズコネクターズ)がリリースされました [JAPAN] Enterprise Connectors (エンタープライズコネクターズ)がリリースされました エンバカデロは2017年7月20日にEnterprise Connectors (エンタープライズコネクターズ)を発表しました。この発表後、エンタープライズコネクターズはベータテスト期間として公開されていましたが、この度、正式リリースとなりました。 正式リリースとなったエンタープライズコネクターズは、30日間の試用版としてGetItパッケージマネージャよりダウンロード可能となっています。 また、さらなる追加のエンタープライズコネクターズがベータ版として提供されています。ここで、「?」となった方。 エンタープライズコネクターズとは、一つの一つのコンポーネントとして提供されているのではなく、接続先別に個別に提供されているFireDACコンポーネント達なのです。以前の発表時と共にベータ版として公開されていた約70数個のエンタープライズコネクターズ達が、正式リリースされ、ここ最近で、さらに新しい接続先をサポートするエンタープライズコネクターズ達がベータとして追加された、という事であります。 ...

Posted by on in Programming
Convert CSV file to TFDMemTable format JSON file.   Convert from CSV file to “JSON file” of “TFDMemTable format”. This program uses C++Builder 10.2 Tokyo Release 1. include #include <iostream> #include <fstream> #include <string> #include <codecvt> #include <FireDAC.Comp.Client.hpp> #include <FireDAC.Stan.StorageJSON.hpp> #include <FireDAC.Stan.Intf.hpp> #include <memory> #include <vector> #include <sstream> #include <mutex> #include <...

Check out more tips and tricks in this development video: