Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in C++Builder

Posted by on in Programming
When writing template in template It is possible to write template in template.In that case, you can pass the "geho_<std :: vector>" class template directly to the template. namespace my_ { template <class T1, typename T2> struct hoge_{}; template< template<typename, typename> class T, typename T1, typename T2> struct geho_ { T<T1, T2> t_; }; }; I put hoge_ in class geho_. It is typed in T template in geho_.So you can pass it like the fol...
template中にtemplateを書く場合[JAPAN] 毛利です。 templateの中にtemplateを書く事が可能です。 その場合のメリットは geho_<std::vector> クラステンプレートをそのままテンプレートに渡せます。   namespace my_ { template <class T1, typename T2> struct hoge_{}; template< template<typename, typename> class T, typename T1, typename T2> struct geho_ { T<T1, T2> t_; }; }; geho_ クラスにhoge_ を入れてますが、geho_内でTテンプレートに型指定しています。 なので下記の様に渡す事ができます。 my_::geho_<my_::hoge_, TObject, TObject> geho_hoge_; hoge_をve...
開発中のUIをモバイルデバイス・スマホに実際に表示して確認できるFireUI ライブ プレビュー[JAPAN] 開発中のUIをモバイルデバイス・スマホに実際に表示して確認できるFireUI ライブ プレビュー Delphi / C++Builder / RAD Studio (以降ひっくるめてRAD Studioと呼びます)において、開発中のUIをモバイルデバイス・スマホに実際にリアルタイムに表示して確認できるFireUI ライブ プレビューを紹介します。 ライブ プレビューはRAD StudioのIDE内で設計中のユーザーインターフェースを、実際にデバイス上にリアルタイムに表示することができるツールです。様々なOS、様々なデバイス上で、実際に表示されるUIを確認しながらデザインできるため、思い通りの正確なユーザーインターフェース設計を手早く行うことができます。 RAD Studioでは、単一のコードで、かつ、一つのマスタUI設計でiOS, Android, macOS, Windows のデバイス上で動作する各実行ファイルをビルドできるクロスプラットフォーム開発が可能です。このようなクロスプラットフォーム開発においてのユーザーインターフェース設計を助ける機能として、Rad Studioで...
【Delphi / C++Builder / Starter 】アプリにWebページ表示機能をかんたんに組み込む 【Delphi / C++Builder / Starter 】アプリにWebページ表示機能をかんたんに組み込む Delphi/ C++Builder ユーザなら TWebBrowserの記事だな、と察しておられるかと思いますが、そのとおりです。この記事では、TWebBrowserコンポーネントを使って、かんたんにアプリへWebページ表示の機能を組み込む方法をご紹介します。 Webブラウザそのものの開発を行う、といういうよりも、アプリにおいて、一部地図を表示したり、Web上サーバー上にあるhtml情報を引っ張ってきて表示する、という使い方に便利です。 TWebBrowserコンポーネントを使ったモバイルアプリ作成のチュートリアルはエンバカデロのDockwikiに「モバイル チュートリアル:Web ブラウザ コンポーネントを使用する(iOS および Android)」という題名で記載されています。より詳しい情報を知りたい方は、こちらのDocwikiもご参考になってください。 無料で使えるStarter Editionでも、Windows 32bit向け限定ではありますが、作成でき...

Posted by on in Blogs
URLエンコード TURLEncoding[JAPAN] System.NetEncoding.TURLEncoding C++BuilderでURL エンコード 形式でデータをエンコードおよびデコードするメソッドを提供 TURLEncoding は、スペース(プラス記号 + として)と、次の予約された URL エンコード文字のみをサポートします ;:&=+,/?%#[]。 TURLEncoding は、プラス記号(スペースとして)と、どんなパーセント エンコード文字(%2A や %41 など)のデコードもサポートします。 例 //Encode('A0*''()@$! ;:&=+,/?%#[]"') は、'A0*''()@$!+%3B%3A%26%3D%2B%2C%2F%3F%25%23%5B%5D%22' //を返します。 //Decode('%41%30%2A%27%28%29%40%24%21%20%3B%3A%26%3D%2B%2C%2F%3F%25%23%5B%5D%22') は、'A0*''()@$! ;:&=+,/?%#[]"' ...
6月22日開催 RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ - ハンズオンセッション [JAPAN] 2017年6月22日(木)17:00よりエンバカデロ セミナールームにて「RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ」を開催いたしました。 ワークショップの大枠の部分は過去の開催分と同一ですので、内容の再確認をご希望の場合は過去記事に詳細な内容を記載しておりますので、そちらも併せてご参照ください。 https://community.embarcadero.com/blogs/entry/rad-studio-japan-1 ここでは今回開催分の内容に関するフォローアップをさせていただきます。
TURLEncodingを使わずURLエンコード[JAPAN] 毛利です。   C++Builderは TURLEncodingにはEncode()や、Decode()の機能があります。std::ostringstream と GetBytes()を使って同じような実装をしてみました。 #include <sstream> #include <array> #include <functional> const std::string path_encoding(UnicodeString input_, TEncoding* enc_) { std::function<bool(char)> fun1_{[](char c__)->bool{ std::array<char, 7> arr_={'-', '_', '.', '~', '&', '$', '!'}; for (auto a_: arr_) { if (a_ == c_...

Posted by on in Blogs
New CData FireDAC drivers It is very exciting time for Delphi and C++Builder developers! Embarcadero just announced partnership with CData to provide the whole suite of new FireDAC drivers that provide connectivity to major APIs and web services. The list of new FireDAC drivers is quite long and includes connectors to over 80 systems, like Amazon DynamoDB, SalesForce, Microsoft Dynamics, Google Big Query and many more. The coolest fact is that the connectivity is provided through FireDAC, which is the best data access f...
New Enterprise Connectors for Delphi and C++Builder - Join the Beta We’re excited to announce our partnership with CData to offer 80+ Enterprise Connectors.   The result of a year-long collaboration effort with CData, Enterprise Connectors leverages Embarcadero’s RAD Studio FireDAC technology to remove the complexity in connecting to multiple data sources, and make CData's adapters easily accessible to Delphi and C++ developers. We will soon be kicking off an Enterprise Connectors Beta for Update Subscription customers. CData Enterprise Connector Pac...
I tried encoding not using TURLEncoding. I tried encoding without using TURLEncoding.used the std::ostringstream and GetBytes() functions. enc.cpp #include <sstream> #include <array> #include <functional> std::string path_encoding(UnicodeString input_, TEncoding* enc_) { std::function<bool(char)> fun1_{[](char c__)->bool{ std::array<char, 7> arr_={'-', '_', '.', '~', '&', '$', '!'}; for (auto a_: arr_) { if (a_ == c__) ...

Check out more tips and tricks in this development video: