Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in C++Builder
RAD Studio 10, 10.1, 10.2 向けファイルパーミッションパッチをリリースしました [JAPAN] この記事は、Marco Cantu によるRAD Studio 10.x Files Permissions Patch Releasedの抄訳です。   エンバカデロは、Delphi/C++Builder/RAD Studio 向けのファイルパーミッションパッチをリリースしました。これは、GetIt Webベースのインストーラを使用してインストールされたRAD Studio 10,10.1.xおよび10.2.xのすべてのバージョンが対象です。
August 2018 Roadmap Commentary from Product Management 2018 has been a very exciting year so far for Embarcadero. In our roadmap, you can find the key features that we’ve planned for calendar year 2018/2019. Before we get to the details of our updated roadmap, we wanted to recap what we’ve delivered so far: Back in March, we introduced RAD Studio 10.2.3, also known as 10.2 Tokyo Release 3, of Delphi, C++Builder and RAD Studio. This was the third release of Tokyo, and included CMake Command Line Support for C++, Rename Refactoring, Mobile support in...

Posted by on in Blogs
Create App Store ready apps with Community Edition Start building visually stunning multi-device applications right away with these great tools accessible from the IDE’s Welcome Page.   TIP: If you accidentally close the Welcome Page, you can reopen it by going to View > Welcome Page.  This article covers the following: Guided Tour in the IDE Code Samples and Mobile Snippets Stunning, ready-to-use Application Templates Guided Tour The Guided Tour is a step-by-step bubble pop-up tour that introduces you to the ...

Posted by on in Blogs
IBLiteをWindowsで使用する IBLiteとは IBLiteはInterBaseデータベースのローカルバージョンです。 セッション数やデータベースサイズといった機能に一部制限がありますが、無料で使用することができ、InterBase Server Editionと完全な互換性があります。違いはDocWikiを参照してください。 特別なインストールは不要で、DLLとライセンスファイルを配置するだけで、アプリケーションに組み込むことができます。 IBLiteの初期設定 Windows上でIBLiteを使用したアプリを作成するには、以下の設定をします。 Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールします。 RAD StudioのGetIt パッケージマネージャーから、"InterBase 2017"を検索し、IBLiteをインストールします。インストールされたファイルは$(IBREDISTDIR)\InterBase2017に配置されます。 $(IBREDISTDIR)\InterBase2017\win32_togo(64bitはwin64_to...
Delphi/C++Builder: Aktuelle e-Books, Videos und mehr Dr. Veikko Krypczyk: Geräteübergreifende Entwicklung mit RAD Studio In diesem shortcut stellen Ihnen Olena Bochkor und Dr. Veikko Krypczyk die Möglichkeiten der geräte- und plattformübergreifenden Entwicklung mit RAD Studio vor. Dabei werden verschiedene Anwendungsfälle, wie zum Beispiel UI-Erstellung und Cloud-Anbindung, anhand leicht nachzuvollziehender Beispiele erläutert. Amazon / Kindle Edition: https://www.amazon.de/dp/B07FKL2WX7/ Entwickler.de: https://entwickler.de/pres...
モバイル端末のデータを開発用PCに転送する はじめに モバイルアプリの開発で、端末に保存されているデータベースやログなどを、開発用のPCに持ってきて確認したいケースは良くあります。モバイル端末では「サンドボックス構造」として、モバイルアプリケーションがアクセス可能な領域が制限されています。PCからも同様で、モバイルアプリケーションの領域を直接参照することは出来ません。 以下の手段を使用すれば、モバイルアプリケーションのデータを開発用のPCに転送することが出来ます。 Andoroidの場合: Android端末のUSBデバッグを有効にします。 コマンドプロンプトから"adb shell"を実行します。 Andoroidのシェルが起動しますので、"run-as [アプリケーションのパッケージ名]"を実行して、アプリケーションのストレージに移動します。アプリケーションのパッケージ名はRAD Studioのプロジェクトオプションで確認出来ます。 cpコマンドで、転送したいファイルをPCからアクセス可能なディレクトリにコピーします。例)"cp Test1.IB /sdcard/Pictures" "exit"を入力して...

Posted by on in Blogs
IoTコンポーネントですぐにスタート この記事は、Sarina DuPontによるJump start your IoT solution with ready-to-use componentsの抄訳です。 IoTへの関心がある方は、自宅で楽しいプロジェクトやIoT機器を試していますが、成長産業でスタートさせることで圧倒させることができます。 マルチデバイスアプリケーションの構築で、レバレッジデバイス・プロファイルが(非)標準・サービスそれぞれの特性を活用します。その分、たくさんの調査が必要となり初期研究開発に費用がかかります。しかし、RAD StudioとIoTデバイスコンポーネントのライブラリ(ThingConnect)を使用すれば、IoTコンポーネントへの接続プロセスを非常に簡単にします。 たとえば、心拍数モニターアプリを作成したいとしましょう。Bluetooth対応HRモニターデバイスに接続してデータを収集するには、心拍数GATTプロファイルに関する情報が必要です。 GATTプロファイルは、アプリケーションで標準サービスを使用する方法を定義する高水準の定義です。 心拍数GATTプロファイル...
C++ FireMonkeyで綺麗なUIを作成する:アプリテンプレート この記事は、David MillingtonによるCreating great UIs with C++Builder and FireMonkey: app templatesの抄訳です。 FireMonkeyはアドバンスドなUIツールキットで、美しいレイアウトとデザインが可能です。このフレームワークを利用することで、美しいインターフェースを作るのがいかに簡単にかをご確認いただけると思います。FireMonkeyとC++を使って18個のExample UIテンプレートを紹介しました。これらで、great-lookingなアプリを簡単に作成できます。 これらのUIテンプレートは、[GetIt パッケージマネージャー]で入手できます。ダウンロードして自身のインスピレーションやレイアウトに使用することができます。 追加したテンプレート: Login screens(ログイン画面) Home screens(ホーム画面) User profile screens(ユーザープロファイル画面) Settings pages(設定ページ) Sign up scr...
既存システムをWeb化するために考慮したい2つのポイント 従来、一般的に「クライアントサーバー型」のシステムが普及していました。自社内専用アプリケーションをシステム管理部が複数PCにインストール後、ようやく利用者が扱うことができます。システムのバグや機能エンハンスメントはそれと同じくシステム管理者がセットアップします。利用する側やシステム管理部はPCに対したくさんの配慮が必要でした。世間では、MEAPやBYODが普及していく中「クライアントサーバー型」のシステムではやはり限界がきています。 Delphi / C++Builder を使った企業内アプリケーションでもVCLで構築された「クライアントサーバー型」システムがたくさん採用されています。昨今ではWindows 10に対応するため引き続きDelphi 10.2.xを採用されている場合も多くみかけます。しかし多くのビジネスパーソンがスマートフォンやタブレットを利用しており、また Gmail や Google Map, Office 365, Salesforce などのクラウドベースのサービスを業務やプライベートで使用しています。このため業務をオフィス内でしか行えない状況は減りつつあり、既存の業務システムについてもWebブラウザでアクセスしたいという要望が高まっています。 そこで、既存のシステム(特に「クライアントサーバー型」) のWeb化を考える際に考慮したいポイントが2つあります。
Creating great UIs with C++Builder and FireMonkey: app templates FireMonkey is an advanced UI toolkit, capable of great layouts and designs. We'd like to show you what it's capable of, and how easy it is to make great interfaces using it. We've just introduced eighteen example UI templates using FireMonkey and C++ that really show how easy it is to create great-looking apps. These are freely available on GetIt, our package manager, and you can download them and use them for your own inspiration and layouts. What have we added? ...

Check out more tips and tricks in this development video: