Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in C++Builder
モバイルデバイス(iOS)でShift_JIS文字のRESTを取得する[JAPAN] 毛利です。   Delphi 7にはIndyがありTIdHTTPでhttpのデータを簡単に取得できました。 今ではString全てがUnicode化され Shift_JISが扱いにくいと思われる方も多いです。 ですが 10.2 Tokyoでは非常にシンプルにShift_JISのデータを取得する事が可能です。   REST形式では TRESTClientやTNetHTTPClient, TIdHTTPなども利用可能です。 TNetHTTPClientとTIdHTTPにフォーカスしてShift_JISのデータをモバイルのhttpで取得する方法をご紹介します。   下のようなTButtonとTMemo TNetHTTPClient, TIdHTTPを配置したマルチデバイスのプロジェクトを作ります。  データ接続先はサンプルのShift_JISデータをインターネットサーバー上に配置しました。 http://mojeld.com/sjis.txt   [TNetHTTPClient] コード //// ...
3月28日開催 RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ - ハンズオンセッション [JAPAN] 3月28日開催:RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ - ハンズオンセッション [JAPAN] 去る 2017年3月28日(火)17:00よりエンバカデロ セミナールームにて「RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ」を開催いたしました。 ワークショップの大枠の部分は前回開催分と同一ですので、内容の再確認をご希望の場合は過去記事に詳細な内容を記載しておりますので、そちらも併せてご参照ください。 https://community.embarcadero.com/blogs/entry/rad-studio-japan-1
ファイルを圧縮して保存と呼び出し方法TZCompressionStream, TZDecompressionStream[JAPAN] 毛利です。 TZCompressionStreamを使って、TStreamデータを圧縮し保存し さらにTZDecompressionStreamを使い解凍する方法をご紹介します。 まず圧縮と解凍用に共通のテンプレートクラスを作成します。 #include <fmx.h> #include <System.ZLib.hpp> #include <memory> //--------------------------------------------------------------------------- __fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner) : TForm(Owner) { } template <typename T1, typename T2, typename T3> struct compression_stream { ///Template for common. std::unique_ptr<T1> f_compression_stream; T3 f_level; T2* f_stream; compression_stream(T3 l_level, T2* l_stream) { f_level = l_level; f_stream = l_stream; f_compression_stream = {std::make_unique<T1>(l_level, f_stream)}; } compression_stream(T2* l_stream) { f_stream = l_stream; f_compression_stream = {std::make_unique<T1>(f_stream)}; } ~compression_stream() { } };
【Delphi / C++Builder Starter Edition チュートリアルシリーズ】 シーズン2 完結![JAPAN] 【Delphi / C++Builder チュートリアルシーリーズ 】シーズン2 完結! 「Delphi / C++Builder Starter チュートリアルシリーズ」のシーズン2、2017年1月23日より開始して、3月27日まで、「プログラミング言語をやさしく覚えよう!」をテーマに、全9回分を完了いたしました! シーズン2は、Delphiの部と、C++の部を分けて、それぞれの言語を学びたい方々がそれぞれ集中できるように2部構成として、プログラミング言語の基本からはじめ、オブジェクト指向までをお伝えしました。また、放送をリアルタイムで見ている方だけのための(ユルい)コンテンツもご用意してみました。いかがでしたか? ここでシーズン1でお伝えした内容をまとめておきます。 【Delphi / C++Builder Starter チュートリアルシリーズ】シーズン2 まとめ 【無料で利用可能な開発環境】Delphi / C++Builder Starterエディションダウンロードページ Delphi Starter Editionhttps://www.embarcadero....
Compress and save the file. TZCompressionStream, TZDecompressionStream TZCompressionStream can compress TStream. Use TZDecompressionStream to decompress. I tried a simple code. First create a common template class. #include <fmx.h> #include <System.ZLib.hpp> #include <memory> template <typename T1, typename T2, typename T3> struct compression_stream { ///Template for common. std::unique_ptr<T1> f_compression_stream; T3 f_level; T2* f_stream; compression_stream(T3 l_level, T2* l_stream) { f_level = l_level; f_stream = l_stream; f_compression_stream = {std::make_unique<T1>(l_level, f_stream)}; } compression_stream(T2* l_stream) { f_stream = l_stream; f_compression_stream = {std::make_unique<T1>(f_stream)}; } ~compression_stream() { } };  
New in 10.2: Editing Data in TFDMemTable at Design-Time The new Delphi 10.2 Tokyo (and corresponding C++Builder and RAD Studio version) has been released and it has many new smaller and bigger features. Clearly the biggest, most visible new thing is the new Delphi Linux 64-bit compiler and the capability to build server-side apps with Delphi. It did not take too long for the first Delphi developers to start playing with building GUIs for Linux with Delphi FireMonkey. One of my favourite new features in Delphi 10.2 is the possibility to edit data i...
【C++Builder Starter チュートリアルシリーズ】シーズン2 第9回 ‟作ってみよう„ [JAPAN] 2017年1月23日より 「Delphi / C++Builder Starter チュートリアルシリーズ」 シーズン2、全9回、3月27日まで、毎週月曜日、Delphiパートが 17時00分~17時20分、 リアルタイム放送スペシャルコンテンツが5分~10分、C++Builderパートは 17時30分~17時50分の時間割でお送りしています。(なお、後述いたしますが、残り2週分の放送はDelphi/C++Builderの2部制ではありません) 無料でダウンロード&利用できる開発環境のDelphi / C++Builder Starter エディションを使用して、プログラミング言語のDelphi (Object Pascal ), C++の基礎を学ぶオンラインセッションです。 https://community.embarcadero.com/blogs/entry/2-japan
It was Japan's Webinar Tutorial Series 2 last times. Webinar Tutorial Series 2 of Japan was the last time yesterday. The series 2 is 9 times in all. In the ninth time, I made a simple game using C ++ Builder. is a simple "noughts and crosses". source code is here. https://github.com/mojeld/embarcadero_noughts_and_crosses/tree/master/marupeke_cpp The comment in Code contains Japanese. so please translate.  ...
RAD Studio/Delphi/C++BuilderのIDEを従来のレイアウトで使う [JAPAN] RAD Studio/Delphi/C++BuilderのIDEは、Delphi7以降でレイアウトが変わっています。このため、以前のレイアウトに慣れている方が久しぶりに最近のIDEを使うとユーザインタフェースの差異にとまどうことがあります。 そこで IDE のレイアウトを従来のレイアウトに戻す方法をご紹介します。
RAD Studio IDEの言語構成設定を変更したい場合[JAPAN] 毛利です。   RAD StudioのIDEを英語にしたい場合のご紹介です。 C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\19.0\binの中にBDSSetLang.exeがあります。 このBDSSetLang.exeはIDE全体の言語構成の設定を変えてくれます。 起動すると上のような画面が出ますので、「IDEのUI言語の設定」「ライブラリ言語」2つの項目を「英語(米国)」と する事で全て英語で表示し、エラーも英語に変わります。

Check out more tips and tricks in this development video: