Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in Android
Use C++Builder to get Android current ringtone mode. The getRingerMode of JAudioManager. is Returns the current ringtone mode of Android.JAudioManager::getRingerMode() is also available in C++Builder. The current ringtone mode(getRingerMode()), one of RINGER_MODE_NORMAL, RINGER_MODE_SILENT, or RINGER_MODE_VIBRATE. int name value 0 RINGER_MODE_SILENT Ringer mode that will be silent and will not vibrate. 1 RINGER_MODE_VIBRATE Ringer mode that will be silent and will vibrate. 2 RINGER_MODE_NO...
軽量の、だがしかし高性能なデータベース InterBase / IBLite を iOS / Android で利用する[JAPAN] 軽量の、だがしかし高性能なデータベース InterBase / IBLite を iOS / Android で利用する 世の中にはデータベースが数多く存在します。たとえばこのデータベースのサイト「DB-Engines」を見ると、それだけで300以上のデータベースが並んでいます。その中でおおよそ40位程度にランクしていて、知っている人は知っていて、重宝しているというデータベースを紹介します。 その名も InterBase 。 オープンソース DBの FireBird が上記の DB-Engines のランキングで 30位ぐらいなので、FireBird の方ををご存知の方も多いかもしれません。 InterBaseは FireBirdの元となったDBであります。 このInterBaseは、広範囲にサポートができ、かつ小回りの効くDBです。つまり、多くのOSをサポートし、RDBMSとして十分かつパワフルな機能を持ちつつも、小さな容量で、エンタープライズサーバーからモバイルアプリまで対応します。 InterBaseは使用する範囲とライセンスで呼び名が変わります。範...
RAD Studio 10.2 向け FireMonkey の Android互換性 パッチ [JAPAN] Sarina がすでにブログで案内しておりますが、 RAD Studio 10.2の第2のパッチがリリースされました。 パッチは以下のURLからダウンロードすることができます。(Marcoもブログで案内しています。)  http://cc.embarcadero.com/item/30781 パッチのダウンロードをする前に、コードセントラルの下部に記載されている重要なインストールの詳細について、確認してください。 [Important installation note for Update Subscription] に記載の在る通り、第一パッチ(ToolChain Hotfix)を先にインストールしておくことが必要です。 この第2パッチは DelphiとC++Builder 10.2においてAndroidの新バージョンのテキスト入力周りで発生していた問題や、コントロールのレンダリングパフォーマンス問題に対処するものです。(修正リストは上記の第2パッチダウンロードページでご確認いただけます)     RAD Stud...
FireMonkey Android Compatibility Patch for RAD Studio 10.2 Tokyo We have released a FireMonkey Android Compatibility Patch for RAD Studio 10.2 Tokyo. You can download it at: http://cc.embarcadero.com/item/30781
6月22日開催 RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ - ハンズオンセッション [JAPAN] 2017年6月22日(木)17:00よりエンバカデロ セミナールームにて「RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ」を開催いたしました。 ワークショップの大枠の部分は過去の開催分と同一ですので、内容の再確認をご希望の場合は過去記事に詳細な内容を記載しておりますので、そちらも併せてご参照ください。 https://community.embarcadero.com/blogs/entry/rad-studio-japan-1 ここでは今回開催分の内容に関するフォローアップをさせていただきます。
ANDROID_IDと、identifierForVendorを取得[JAPAN]     毛利です。 C++Builderを使用してANDROID_IDとidentifierForVendor(IDFV)を取得を試してみました。 ID Description ANDROID_ID ANDROID_IDは、Android端末の初期化時にランダムに生成された文字列です。 identifierForVendor(IDFV) identifierForVendor(IDFV)は、iOS UDIDの代替としてiOS 6.0から使用できるIDです。 異なるベンダ(開発者)を持つアプリケーションでは、異なるIDが返されます。複数のアプリケーション間で同じ値を得ることができます。異なる端末で異なる値が返されることは保証されません。 uGetUuid.hpp #if defined(_PLAT_IOS) #include <Macapi.Helpers.hpp> #include <iOSapi.UIKit.hpp> #elif defi...
Try to acquire ANDROID_ID and identifierForVendor(IDFV)[JAPAN] Try to acquire ANDROID_ID and identifierForVendor(IDFV) using C++Builder. ID Description ANDROID_ID ANDROID_ID is a character string randomly generated at the time of initialization of Android terminal. identifierForVendor(IDFV) identifierForVendor(IDFV) is an ID that can be used from iOS 6.0 as an alternative to iOS UDID. In applications with different vendors (developers), different IDs are returned.You can get the same value among multiple applications,It is not guaran...
コンポーネントを利用してWebブラウザ上に現在位置を表示してみよう [JAPAN] Delphi/C++Builderで現在の緯度経度を取得し、さらに現在位置の地図を表示する方法についてご説明します。 サマリ iOSやAndroidで現在の緯度経度を知ることができます。 地図表示には TMapView を用いる方法と、Webブラウザ経由で地図サイトを表示する方法があります。 以下の内容は、Youtube で公開済みの How to ビデオの内容に添って説明いたします。
FireMonkey Native and Custom Styles in Action - Video This video shows building a profile screen for your multi-device application using the FireMonkey framework with both native UI support and custom styling. Highlighted in the video are custom multi-device styles included in Embarcadero's premium style bonus pack and custom styles from DelphiStyles.com.   ...
TMotionSensorの加速度を使ったシンプルなアプリ[JAPAN] TMotionSensorはデバイスの動きの加速度、角度、状態、速度に関する情報を提供するコンポーネントです。 http://docwiki.embarcadero.com/Libraries/Tokyo/ja/System.Sensors.TCustomMotionSensor 上記URLに詳細は書いていますが その中で加速度プロパティを使ってiOS / Androidで試してみました。           [1.新規プロジェクトの作成]  メニューから[ファイル|新規作成|マルチデバイス アプリケーション - C++Builder]を選択し [空のアプリケーション]を選びます。       [2.フォームにコンポーネントの配置]  右下の[ツールパレット]からメインフォームへTButton, TMotionSensor, TTim...

Check out more tips and tricks in this development video: