Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in Android
FireMonkey Native and Custom Styles in Action - Video This video shows building a profile screen for your multi-device application using the FireMonkey framework with both native UI support and custom styling. Highlighted in the video are custom multi-device styles included in Embarcadero's premium style bonus pack and custom styles from DelphiStyles.com.   ...
TMotionSensorの加速度を使ったシンプルなアプリ[JAPAN] TMotionSensorはデバイスの動きの加速度、角度、状態、速度に関する情報を提供するコンポーネントです。 http://docwiki.embarcadero.com/Libraries/Tokyo/ja/System.Sensors.TCustomMotionSensor 上記URLに詳細は書いていますが その中で加速度プロパティを使ってiOS / Androidで試してみました。           [1.新規プロジェクトの作成]  メニューから[ファイル|新規作成|マルチデバイス アプリケーション - C++Builder]を選択し [空のアプリケーション]を選びます。       [2.フォームにコンポーネントの配置]  右下の[ツールパレット]からメインフォームへTButton, TMotionSensor, TTim...
クロスプラットフォーム開発環境 Delphi / C++Builder で 3D表示のアプリを作る [JAPAN] 統合開発環境 Delphi / C++Builder で 3D表示のアプリを作る (無償で使えるStarter Editionでも可能)[JAPAN] クロスプラットフォーム開発環境 Delphi / C++Builder を使用して かんたんに 3D表示のアプリを作成する手順をご紹介します。この一つの手順で、iOS, Android, Windows, macOSで動作するアプリを作れる事が魅力。 アプリ内で3D表示を行うことができれば、3D のモデリングや、3D空間のシミュレーションを行うなど、新しいアプリの利用方法が広がります。例えば小さな一部屋内での家具の配置を試すようなアプリを作ったり、大きな町一つを丸ごと、バーチャルリアリティの世界として作る、といったことにも利用できるでしょう。 Delphi / C++Builder を使った 最も基本的な3Dアプリ作成のチュートリアルは、エンバカデロのDocwikiに「チュートリアル FireMonkey 3Dアプリケーションを作成する」という題名で記載されています。より詳しい情報を知りたい方は、こちらのDocwikiもご参考にな...
Custom Fonts on Android with Delphi 10.2 Tokyo   See in this post a quick video how to distribute your App with custom fonts in the Android and provide even more attractive user interface customization. Video     Subscribe to my YouTube channel: youtube.com/landersongomes6   Click the link and go to the full post: http://vivaitaocara.com.br/landersongomes/android/fontes-customizadas-delphi-android    Download Delphi 10.2 Tokyo and...
Android向けアプリ開発の環境設定を行う [JAPAN] RAD Studio/Delphi/C++BuilderでAndroid向けのアプリ開発を行う場合の環境設定についてご説明します。 サマリ Android向けアプリ開発の環境設定では、主に4つの作業を行います。 開発環境のセットアップ Androidの実機を開発用に設定変更する 実機を開発環境が認識するためのドライバのインストール 空のプロジェクトを用いてAndroid向けにビルド、デプロイできることを確認する 以下の内容は、Youtubeで公開済みのHow toビデオの内容に添って説明致します。

Posted by on in Blogs
DEMO APP MANAGEMENT POST FUEL Video Demo of a prototype project of the Fuel Station Management App. Project One partner asked me for a mobile application for fuel station management that interacted with a server application that already exists and is in production. Using Delphi 10.1 Berlin, I was able to prepare this prototype and communicate with the server for a total of 14 hours.   Subscribe to my YouTube channel: youtube.com/landersongomes6   Download Delphi 10.2 Tokyo and make this incredible experienc...
Creating a profile screen for your mobile application Many mobile applications today include a profile screen. Popular music apps display your favorite musician's bio along with song and album details and concert information on the artist's profile page while social media apps display your hometown information, recently visited locations, profile photo, number of followers and more. I decided to create a nice sample that shows how you can easily implement a profile screen in your own FireMonkey application.
April 2017 RAD Studio 10.2 Hotfix for Toolchain Issues We are pleased to release a hotfix for RAD Studio 10.2. This hotfix addresses: debugger issues for Android, iOS, and Linux; Delphi Win64 compiler issues; a C++ RTL issue addressing a crash on exit; a security issue in the C/C++ RTL. Our thanks to Łukasz Wyporek for notifying us of this issue. You can find full details about each issue in the readme and download page on CodeCentral. We also have an Android compatibility patch in the works to address Android issues around text input, con...
How to use Android Service(TAndroidService) in C++Builder [Make a new project for Android service.] File→New→Other NewItems→Delphi Project→Android Service. After making the above selection, click OK.   Select a "Local Service" and click OK. TDM class that inherits TAndroidService will be created. Place the TNotificationCenter. Create an OnStartCommand event and write the code. //// function TDM.AndroidServiceStartCommand(const Sender: TObject; const Intent: JIntent; Flags, StartId: Integer): Integer; var a_notifi...
C++Builderで Android Service(Delphi)利用方法[JAPAN] 毛利です。   C++BuilderでAndroidアプリプロジェクトを作り、Android Serviceの呼出しを試してみます。   [Android Serviceプロジェクトの新規作成] まず、ファイル→新規作成→その他を選ぶとダイアログが出ます。 「Delphi プロジェクト」→「Android サービス」を選びます。 Android サービス選択画面が出ますので、「ローカルサービス」にチェックを入れます。 TAndroidServiceを継承したサービスクラスが作られます。 作成したUnit1にTNotificationCenterを配置します。 OnStartCommandイベントを作り、NotificationCenter1に表示するコードを書きます。 //// function TDM.AndroidServiceStartCommand(const Sender: TObject; const Intent: JIntent; Flags, StartId: Integer): Integer; var a_notification_: TNotification; begin a_notification_ := NotificationCenter1.CreateNotification; try a_notification_.Name := 'p1 エンバカデロ・テクノロジーズ'; a_notification_.Title := 'エンバカデロ・テクノロジーズ Android Service'; a_notification_.AlertBody := 'エンバカデロ・テクノロジーズ'; a_notification_.FireDate := IncSecond(Now, 1); NotificationCenter1.ScheduleNotification(a_notification_); finally a_notification_.Free; end; JavaService.stopSelf; Result := TJService.JavaClass.START_STICKY; end;  

Check out more tips and tricks in this development video: