Subscribe to this list via RSS Blog posts tagged in Android
C++Builderで Android Service(Delphi)利用方法[JAPAN] 毛利です。   C++BuilderでAndroidアプリプロジェクトを作り、Android Serviceの呼出しを試してみます。   [Android Serviceプロジェクトの新規作成] まず、ファイル→新規作成→その他を選ぶとダイアログが出ます。 「Delphi プロジェクト」→「Android サービス」を選びます。 Android サービス選択画面が出ますので、「ローカルサービス」にチェックを入れます。 TAndroidServiceを継承したサービスクラスが作られます。 作成したUnit1にTNotificationCenterを配置します。 OnStartCommandイベントを作り、NotificationCenter1に表示するコードを書きます。 //// function TDM.AndroidServiceStartCommand(const Sender: TObject; const Intent: JIntent; Flags, StartId: Integer): Integer; var a_notification_: TNotification; begin a_notification_ := NotificationCenter1.CreateNotification; try a_notification_.Name := 'p1 エンバカデロ・テクノロジーズ'; a_notification_.Title := 'エンバカデロ・テクノロジーズ Android Service'; a_notification_.AlertBody := 'エンバカデロ・テクノロジーズ'; a_notification_.FireDate := IncSecond(Now, 1); NotificationCenter1.ScheduleNotification(a_notification_); finally a_notification_.Free; end; JavaService.stopSelf; Result := TJService.JavaClass.START_STICKY; end;  
3月28日開催 RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ - ハンズオンセッション [JAPAN] 3月28日開催:RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ - ハンズオンセッション [JAPAN] 去る 2017年3月28日(火)17:00よりエンバカデロ セミナールームにて「RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ」を開催いたしました。 ワークショップの大枠の部分は前回開催分と同一ですので、内容の再確認をご希望の場合は過去記事に詳細な内容を記載しておりますので、そちらも併せてご参照ください。 https://community.embarcadero.com/blogs/entry/rad-studio-japan-1
Perform Low Code Calculations Using LiveBindings In Delphi FireMonkey On Android And IOS Calculating fields together with LiveBindings in Delphi FireMonkey can be a good low code alternative to writing a bunch of code to do the same. LiveBindings makes it relatively easy to add fields together using it's CustomFormat property. LiveBindings supports a wide variety of operations in the CustomFormat property can you can check out more information about that in the Embarcadero DocWiki. There is a demo with this post that shows how to add three fields together and output the result to a ...
Shuffling playing cards with Delphi خلط كروت اللعب بالدلفي هذا جزء فقط من مشروع عبارة عن محاكي للعبة الورق Simulator. الغاية من البرنامج هو معرفة ما قد يحدث لنتائج لعبة اذا تم تغيير قوانين اللعبة . ما هي احتمالات الخسارة والربح. وما هي عددها . وكم نسبتها . هذا البرنامج مهمته اعطائنا نظرة مستقبلية وقدرة على تغيير قواعد اللعبة ومقارنة النتائج .اول مهمة في المشروع هي خلط الأوراق . بالطبع خلط الأوراق يعتمد على العشوائية . لكن الرقم العشوائي الذي ينتجه الحاسب في الحقيقة ليس إلى ناتج عملية حسابة وهذا ما يجعله ليس عشوائيا ابدا ولا يناسب نهائيا مثل هذا النوع من...
Delphi / C++Builder RS232cコンポーネント MITライセンス配布版[JAPAN] 以前刷新セミナーでご紹介したRS232C(COM)用コンポーネントがWindows限定(WUNI232c)でMITライセンスで配布されています。 あっハッシュタグとかいろいろ忘れた。#DelphiNew 232c Compornet is release.Mit License. It is only for Windows.https://t.co/BofCCpc7xH — やましょう (@qa65000) 2017年2月26日   URL http://www.csd.co.jp/uni232c/ [特徴] ・Android様の各社用の232cドライバーを作成しなくても良い。現在、FTDI/Prolific/SILICON LABS 232/南京沁恒电子有限公司(CH340)、mbed1768、USB CDC で動作いたしますが、確認の上、御使用ください。(OEM版の対応は非対応)・AndroidもWindowsも同一コードで動作。・Windows上で動作を簡易確認できる。・Androidでも動作可能。 (Android版は© CSD Co.,...
Looking to build multi-device apps? We have code snippets to get you started With RAD Studio, you can build multi-device applications from a single codebase. If you're just starting with mobile application development using the FireMonkey framework, we have great code snippets to help you get started. Location Sensor This code snippet shows you how to use the TLocationSensor component in order to read the GPS location of the device and display it realtime on the form. The snippet also shows you how to display Google Maps in a web browser in order to accurately pi...
Using Delphi to get OS version, device name, language on iOS/Android This is translated blog. Original my Japanese document is on Qiita (Japanese engineer community to share useful technical information) http://qiita.com/kazinoue/items/82b7a4d8e563f8ed3a74 When I wish to get OS version and device name for iOS and Android in same project, some part will seems platform dependent. This is sample for my imprementation.
C++ Coding Bootcamp Training Course With Over 10 Hours Of FREE Training For Android And iOS The C++ Boot Camp series is a free Coding Bootcamp training course with over 10 hours of C++ training, question & answer sessions, and much more! C++ can be used to build cross platform applications for Android, iOS, macOS, and Windows. The Android support uses the Android NDK. This coding boot camp coarse will bring you up to speed on building mobile and desktop apps quickly. You will be introduced to the C++Builder IDE, the FireMonkey UI which is powered by OpenGL, using animations and eff...
RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ - ハンズオンセッション [JAPAN] RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ - ハンズオンセッション [JAPAN] 去る 2017年2月10日(金)17:00よりにエンバカデロ セミナールームにて「RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ」を実施いたしました。 ワークショップの前半の記事は2017/2/13に弊社セールスコンサルタントの相蘇が記事を書いておりますが、本記事では後半部分のワークショップの内容をご説明いたします。 ねらいと実施内容 今日のねらい スマートフォンやタブレットのカメラで撮影するアプリを実際に作ることで、RAD Studio のクロスプラットフォーム向け開発方法を学ぶ 実施内容 アプリの画面をデザインする スマートフォンのカメラ機能を使う 撮影した画像にエフェクトをかける

Posted by on in Blogs

Check out more tips and tricks in this development video: