Xcode Version 8.3.x + PAServer 10.0.1.30 Ad hoc[JAPAN]

Posted by on in Programming

毛利です。

 

Delphi / C++Builder 10.2 Tokyo Hotfix1 でiOS のAd hocを試す場合 注意が必要ですので

下記をご紹介致します。

 

10.2 Tokyo PAServer 10.0.1.30

10.2のHotfix1でPAServer 10.0.1.30にアップデートされています。

デバッグモードでは問題なく使えます。
ですが、Ad hocでは下記のエラーが出ます。

[PAClient Error] Error: E0776 '"/usr/bin/xcrun" -sdk iphoneos PackageApplication -v "/Users/*/PAServer/scratch-dir/*/*.app" -o "/Users/*/PAServer/scratch-dir/*/*.ipa" -sign "iPhone Distribution: *" --embed "/Users/*/Library/MobileDevice/Provisioning Profiles/*"' を実行できません (エラー 72)
[PAClient Error] Error: E0776 xcrun: error: unable to find utility "PackageApplication", not a developer tool or in PATH

Xcode 8.3はPackageApplication ユーティリティのPATHが違うのか無いのかと言う事らしいです。

Xcode 8.2.1ダウンロード

https://developer.apple.com/download/more/

Preferences


Command Line Toolsを8.2.1に変更する。

Ad hocビルド


成功し*.ipaが出来ました。

10.1 Berlinの場合

Xcode 8.2.x(iOS 10.2.x SDK)を利用してください。

C++Builder 10.1 BerlinでiOS 10.3向けのアプリをビルドすると、「CoreFoundation.h(17): 'stdarg.h' ファイルが見つかりません」というエラーが発生する

support.embarcadero.com



About
Gold User, No rank,
Delphi / C++Builder blogger

Comments

Check out more tips and tricks in this development video: