Aqua Data Studio(ADS)のご紹介

Posted by on in Database

先日、次期RAD Studio Architect版について、アップデートの発表がありました。

その中で非常に興味深いツールが2つ追加されます。

一つめは、データベース管理/開発ツールであるAqua Data Studio。二つめはテスト自動化ツールのRanorex Test Automationです。

今回は、そのうちのAqua Data Studio(以後、ADS)をご紹介します。

ADSは非常に強力なデータベース開発、管理ツールです。

  

ADSがどのようなものか、ご紹介しましょう。まず、データベースサーバーの登録を行います。

 

ご覧いただけるように、様々なデータベースを使うことが出来ます。OracleやMSSQLといったエンタープライズ系から、Apache DerbyやSQLiteのような組み込み向け、そして、みんな大好き(?)なExcelもあります。

 データベース開発、管理ツールとしては、一通りの機能を備えています。

 ビジュアルなクエリの作成。

 

データベースをリバースエンジニアリングしてのER図の作成。

 

 実行計画もビジュアルに表示します。

 

これらの機能は大抵のデータベースツールが備えている機能ですが、非常にユニークなのは、FluidShellです。

これは、UnixのシェルとSQLのコマンドラインツールが「合体」したツールです。例えば、クエリ結果をExcelで欲しいというケースはよくあると思います。その場合は、以下のコマンドをFluidShellで入力します。

C:\Users\schikugi$:1> select * from embt.M_ORGANISATION
C:\Users\schikugi$:2> sqlexport -f excel2007 -o M_ORGANISATION.xlsx

SELECT文の結果バッファに保存し、それを標準出力と見なしてsqlexportコマンドでexcel形式に変換します。

 

逆に、標準入力をCSV形式と見なし、そこからテーブルにデータをインポートをすることも出来ます。

これらのデータベースのインポート、エクスポートの方法は、データベースことにまちまちなのです。

FluidShellはデータベースの接続先定義を変えるだけで、違うデータベースでも同じように振る舞います。

Aqua Data Studioには、一つの記事では書ききれないくらいの様々な機能があります。データベースの管理と開発の両方を備えたツールは色々ありますが、大抵は、SQL DeveloperやSSMSのような特定のデータベース専用のツールです。しかし、Aqua Data Studioは様々なデータベースに対応しています。

現在、エンバカデロ・テクノロジーズでは、「Architect版機能強化先取りキャンペーン」として、キャンペーンを実施中です。

次期バージョンには、Aqua Data Studioが含まれます。ご興味のある方はアップグレードや新規購入をご検討ください。

 



About
Gold User, No rank,
Sales Consultant at Embarcadero Technologies.

Comments

Check out more tips and tricks in this development video: