IBLiteをWindowsで使用する

Posted by on in Blogs

IBLiteとは

IBLiteはInterBaseデータベースのローカルバージョンです。

セッション数やデータベースサイズといった機能に一部制限がありますが、無料で使用することができ、InterBase Server Editionと完全な互換性があります。違いはDocWikiを参照してください。

特別なインストールは不要で、DLLとライセンスファイルを配置するだけで、アプリケーションに組み込むことができます。

IBLiteの初期設定

Windows上でIBLiteを使用したアプリを作成するには、以下の設定をします。

  1. Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールします。
  2. RAD StudioのGetIt パッケージマネージャーから、"InterBase 2017"を検索し、IBLiteをインストールします。

    インストールされたファイルは$(IBREDISTDIR)\InterBase2017に配置されます。


  3. $(IBREDISTDIR)\InterBase2017\win32_togo(64bitはwin64_togo)フォルダを任意のフォルダ(本記事ではC:\toolsとします)にコピーして、そのフォルダ(C:\tools\win32_togo)を環境変数PATHに追加します。
  4. PCを再起動します。
  5. RAD Studioの[ツール|環境オプション|環境変数|ユーザー定義環境変数]のPATHから"$(PUBLIC)\Documents\Embarcadero\InterBase\redist\InterBase2017\IDE_spoof"を削除します。
  6. "$(IBREDISTDIR)\InterBase2017"フォルダにある、IBLiteのライセンスファイル"reg_iblite.txt" を IBLiteのライセンスフォルダ(C:\tools\win32_togo\InterBasel\icense)にコピーします。

IBLiteをFireDACから使用する

データモジュールかフォームにTFDConnectionを配置し、接続情報を以下のように設定します。

項目
ドライバID IBLite
Database InterBaseのファイル名
User_Name sysdba
Password masterkey

IBLiteのDLLが読み込めているかは、FireDAC接続エディタの[情報]タブで確認出来ます。

 

あとは、通常のデータベース開発と同じです。

もし、InterBase 2017のDeveloperエディションがインストールされている場合、IBLiteと「混在」すると動作しなくなることがあります。モバイル向けなどでIBLiteを使う場合は、仮想マシンなどにIB2017をインストールしていない環境と分離することをおすすめします。
IBliteはDelphi Community EditionC++Builder Community Editionでも使用できます。iOS/Androidもサポートしていますので、是非ともお試し下さい。



About
Gold User, No rank,
Sales Consultant at Embarcadero Technologies.

Comments

Check out more tips and tricks in this development video: