RAD Studio 10.2.3におけるデータベースとFireDACの機能強化

Posted by on in Tutorial

この記事は、MARCO CANTUによるDatabase and FireDAC Enhancements in RAD Studio 10.2.3の抄訳です。


私は、Delphi,C++BuilderとRADStudio 10.2.3の更新におけるRADServerの変更RTLの修正について記事を作成しました。もう一つの注目を集めている範囲として一般的なデータベースのサポート、特にFireDACがあります。以下のリストは特に注目すべき改善点です。Quality Portalのエントリがある場合は、それも示しています。

FireDACの改善

FireDACは以下のケースについて注力しました。

  • FieldKindがftMemoであるフィールドにおける、NULL値とEmpty値の取り扱い。(RSP-19938)
  • アイドル状態であるアプリケーションのCPU消費量の減少。(RSP-19881)
  • OpenOrExecuteメソッド実行時のRowsAffectedプロパティ値の更新。(RSP-19385)
  • HiDPI環境における、ログインダイアログのスケーリングの改善。(RSP-16776)

他にもデベロッパーチームは以下の問題に対処しました。

  • 1000文字を超えるパラメータを使用したOracleクエリに関する問題。(RSP-20057)
  • パラメータの特定に関する一般的な問題。(RSP-19744)
  • PostgreSQLでのDirectExecuteに関する問題。(RSP-19701)
  • Linux ApacheモジュールからのMongoDBへのアクセス。(RSP-19908)
  • MySQLにて、特定の文字列パラメータを含む場合に" Data too large for variable"例外が発生する件の対処。

FireDACのBatchMoveについても以下の改善が成されています。

  • TFDBatchMoveSQLWriterにNULL値が含まれた場合の対応。(RSP-19746)
  • OnWriteValueイベントにおける、テキストBLOBのNULL値と空文字列の取り扱い。(RSP-19733)
  • TFDBatchMoveDataSetWriterでのテキストBLOBのNULL値と空文字列の取り扱い。(RSP-19732)
  • Android と iOS にて、dmAppendUpdateモードのCSVファイルの読み込みの改善。(RSP-19637)

DataSnap の改善

噂に反して、私達は依然としてDataSnapとともに関連するインフラストラクチャーを整理して解決していきます。このリリースでは以下の改善を行っています。

  • Apache上のDatasnapサーバーは、メソッド名が "update"で始まらなくてもTJSONObjectパラメーターを含むようにした。
  • WebModule.Response.SendResponseのメモリリークを解決。(RSP-20063)
  • TDSServerでのOnErrorイベントの不足。(RSP-19661)
  • C++ DataSnapウィザードの問題。(RSP-19444)
  • プロキシサーバの問題(RSP-18760)
  • TCP DataSnapサーバーでOnCreateInstanceイベントとOnDestroyInstanceイベントが処理されたときのメモリリークを解決。

Refind.exeの更新

Refind.exeはコードの移行を支援する検索置換ツールで、{$ IF CompilerVersion}ディレクティブが引き起こす問題を修正しました。(RSP-20025)
このツールは実行形式ファイルで提供され、スクリプトはsamplesフォルダのdatabaseフォルダにあります。

まとめ

これらは10.2.3のデータベースについての機能強化です。
沢山ではなく僅かながらですが、RAD Serverを含めて品質が向上しました。



About
Gold User, No rank,
Sales Consultant at Embarcadero Technologies.

Comments

Check out more tips and tricks in this development video: