Ranorex Test Automationのご紹介

Posted by on in UI

前回の続きです。

Architect版に追加されるツールとして Aqua Data Studioをご紹介しましたが、今回は、追加されるもう一つのツールである、テスト自動化ツールのRanorex Test Automationを簡単にご紹介します。

テストツールとして、RAD StudioにはDUnitがバンドルされていますが、ユニットテスト用です。一方、Ranorex Test Automationは文字通りの自動テストツールで、UIテスト向けのツールです。このような自動テストツールとして、SeleniumやMicroSoft Visual Studio Test Professionalが代表的です。

ほんのさわりですが、実際に自動テストを実行してみましょう。

起動画面です。

テストプロジェクトを作成します。マクロには、C#やVB.NETが使えます。

 

テストケースが作成出来たので、アプリを登録します。

Delphi/C++Builderの場合は、"Desktop"を選択します。

アプリケーションを操作すると、その内容が記録されます。

Runでアプリケーション実行が「再生」されます。

 

今回は単なるダイアログを表示させただけですが、UI的に「あるべき姿」を確認して、本当にそのような「挙動」でよいかを確認します。一度作成したテストケースは繰り返し使用できますので、回帰テストなどに役に立ちます。

 

 

現在、エンバカデロ・テクノロジーズでは、「Architect版機能強化先取りキャンペーン」として、キャンペーンを実施中です。ご興味のある方はアップグレードや新規購入をご検討ください。



About
Gold User, No rank,
Sales Consultant at Embarcadero Technologies.

Comments

Check out more tips and tricks in this development video: