Enterprise版にアップグレードするべき理由 [JAPAN] 本記事は Pawel Growacki 氏の https://community.embarcadero.com/blogs/entry/why-upgrading-to-enterprise の抄訳です。  新しい年の始まりは、大きな成果を得るために色々なことを考えて大胆な計画を立てるためのよい機会です。 もし、既存のデータベースアプリケーションを改修し、リニューアルしようとを検討しているのであれば、次のようなアクションが考えられます。
【C++Builder Starter チュートリアルシリーズ】 シーズン2 第2回 ‟変数と型„ [JAPAN] 【C++BUILDER STARTER チュートリアルシリーズ】シーズン2 C++Builderの部 第2回 ‟変数と型„ [JAPAN] C++Builder Starter Edition シーズン2 第2回 ‟変数と型„ 2017年1月23日より 「Delphi / C++Builder Starter チュートリアルシリーズ」 シーズン2、全9回、3月27日まで、毎週月曜日、Delphiパートが 17時00分~17時20分、 リアルタイム放送スペシャルコンテンツが5分~10分、C++Builderパートが 17時30分~17時50分の時間割でお送りしています。 無料でダウンロード&利用できる開発環境のDelphi / C++Builder Starter エディションを使用して、プログラミング言語のDelphi (Object Pascal ), C++の基礎を学ぶオンラインセッションです。 https://community.embarcadero.com/blogs/entry/2-japan
Inspect request and responce data between RADServer and client by mitmproxy. [JAPAN] Delphi / C++Builderアプリケーション向けのフルセットバックエンドソリューションであるRAD Serverはクライアントとの通信をHTTPやHTTPSで行いますが、EMSFireDACClient のようなコンポーネントを使えば通信内容を細かく意識することなしに実装が行えます。 しかし、実際に行われているデータのやり取りを理解しておくことは、WebAPI の実装では大切だと思います。 そこで mitmproxy というプロキシサーバを使って通信内容を調べる方法を簡単に説明します。
【C++BUILDER STARTER チュートリアルシリーズ】シーズン2 C++Builderの部 第1回 ‟シューティングゲームのプログラム„ [JAPAN] 【DELPHI / C++BUILDER STARTER チュートリアルシリーズ】 シーズン2 C++Builderの部 第1回 ‟シューティングゲームのプログラム„ 「Delphi / C++Builder Starter チュートリアル」のシーズン2が2017年1月23日より始まりました。シーズン2の基本的なねらいについては以下のブログ記事でご案内の通りです。 https://community.embarcadero.com/blogs/entry/2-japan さて、Delphiについてはナビゲーターの相蘇が務めますが、C++Builderの部は井之上が担当いたします。私のブログ記事では C++Builder の部についてご案内を進めてまいります。
Use Powershell to Install IIS for RAD Server EMS production environment [JAPAN] RAD Server が提供する機能のうち、中間サーバの機能は IIS または Apache で動作します。このインストールですが、運用環境向けのインストール手順を見ると docwiki には IIS のインストール手順が以下のように掲載されています。 [コントロール パネル|プログラムと機能|Windows の機能の有効化または無効化]を選択します。メモ: これには特権モードが必要です。 [Windows の機能]ダイアログ ボックスの[インターネット インフォメーション サービス]ノードを展開し、以下を行います。 [Web 管理ツール]の[IIS 管理コンソール]のチェックをオンにします。 [World Wide Web サービス]の[アプリケーション開発機能]を展開し、[ISAPI 拡張機能]と[ISAPI フィルタ]のチェックをオンにします。 [World Wide Web サービス]の[HTTP 共通機能]を展開し、同様に[既定のドキュメント]、[ディレクトリの参照]、[HTTP エラー]、[静的コンテンツ]のチェックがオンになっているか確認します。 [OK]をクリックして、インストールを開始します。 http://docwiki.embarcadero.com/RADStudio/Seattle/ja/運用環境への_EMS_サーバーまたは_EMS_コンソール_サーバーのインストール
元号が改正された場合の西暦と和暦の相互変換について [JAPAN] 旧バージョンの開発環境で作成したアプリのWindows10対応やマイグレーションを行う場合に、そのアプリで和暦を取り扱っている場合には、元号改正に伴う対応を考える必要があります。しかし元号改正に伴う対応は個々のアプリケーションごとに前提条件等が異なりますので一律に話を進めることができません。 また、アプリケーション側以外の部分での対応が必要なものもあります。たとえば、1文字で元号を表す文字(㍾、㍽、㍼、㍻)の対応が挙げられます。新しい元号が収録されるかどうかはUnicodeに関わる話ですし、それを実際に取り扱う場合にはフォントの対応やIME辞書への収録が必要となります。 このようにアプリケーション側だけでは対応できない部分については一旦置いておき、この記事ではターゲットをもっと絞りって西暦と和暦の変換に関する内容をご案内致します。
macOS Sierra および iOS Simulator 向けの Debugger Hotfix がリリースされました [JAPAN] 2017/1/11付けの David Millington 氏のブログ記事にて案内されていますとおり、macOS Sierra および iOS Simulator 向けの Debugger Hotfix がリリースされました。 Hotfix は下記URLよりダウンロードできます。http://cc.embarcadero.com/item/30680 この Hotfix をインストールすることで、macOS Sierra や iOS Simulator 向けのデプロイやデバッグに関する問題が解消されます。 なお、readme にて説明されているインストール手順が少々冗長でしたので、これをもうちょっとシンプルに行う方法をご案内します。
VMwareの実行環境や仮想マシンをチューニングしてDelphi/C++Builder/RADStudioの開発環境のパフォーマンスの改善を試みる [JAPAN] 1st half is Original Japanese content. English translated content is on second half 第33回デベロッパーキャンプ・イン・大阪で、来場者の方より「VMwareで RAD Studio で開発しているけど仮想マシンが遅くて困っている」というご相談を頂きました。 最近では仮想マシンを開発で使うことは普通の作業になっていますが、VMware Workstation/Fusionの仮想マシン設定は各種リソースを控え目に使っています。このために初期設定のままでは性能がイマイチの場合があります。そこで、仮想マシンのチューニング項目を挙げてみることにします。
第33回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ・イン東京 & 大阪 T5 サマリー [JAPAN] この記事は第33回エンバカデロ・デベロッパーキャンプの東京および大阪のT5セッション「RAD Server活用ショーケース: IOTを活用してデータを集積」に関するサマリーです。
第33回デベロッパーキャンプ 【T5】RAD Server活用ショーケース: IoTを活用してデータを集積 [JAPAN] いよいよ間近に迫ってきた第33回デベロッパーキャンプ、本日は12/8の水曜日ですから、もうすぐですね。私は2つのセッションを担当しますが、今日はそのうちの T5 セッションについてご紹介します。 メインのセッションは「T5 RAD Server活用ショーケース: IoTを活用してデータを集積」です。このセッションでは、BeaconFence が測位した位置情報をバックエンドのデータベースと連携させてデータ収集する仕組みを RAD Server を用いて実装するお話をさせていただきます。 RAD Server は REST API を Delphi/C++Builder を用いて構築できるフレームワークです。Web API 側とクライアント側で同じ設計やコードを利用できることや、DataSnapとは違ってユーザー認証用の暗号化データベースと認証APIが標準で含まれていますので、開発の効率化が図れます。   残席は少なくなっていますが今からでもお申込みは可能ですので、ご興味がございましたら是非ご参加ください。ご参加頂いた方にはアンケートと引き換えで参加特典もご用意しており...

Check out more tips and tricks in this development video: