【Delphi / C++Builder】 プロジェクトとフォームのテンプレートを作ってみよう [JAPAN] 【Delphi / C++Builder】 プロジェクトとフォームのテンプレートを作ってみよう 統合開発環境のDelphi / C++ Builder / RAD Studioにおいて、デザイン済のフォームやプロジェクトをテンプレートとして保存しておき、その後、繰り返し再利用する機能があります。 既定のデザインのフォームをテンプレート化しておいたり、既定のデザインをもつプロジェクトをテンプレート化しおくことで、同じようなフォームを多数使うプロジェクトの際に、ベースフォームとしたり、企業内で使用するプロジェクトの基本プロジェクトテンプレートとして便利に使えることでしょう。 この記事ではフォームテンプレートのリポジトリ登録と利用の方法、オブジェクトテンプレートのリポジトリ登録手順と利用の方法についてご紹介します。 当記事の内容を動画にて紹介しています。 当記事の内容はDelphi / C++Builder / RAD Studioの無料のトライアル版でお試し可能です記事: ...
Win32とWin64向けアプリケーション開発環境を設定する [JAPAN] 統合開発環境 Delphi / C++Builder / RAD Studio で Win32とWin64向けアプリケーション開発環境を設定する 統合開発環境 Delphi / C++Builder / RAD Studioにおいて、Windows 32bitと64bit向けアプリケーション開発に必要な環境設定についてご紹介します。また、RAD Studioでは、32bitのWindows PC上で開発したアプリケーションをネットワーク上にある他の Windows 64bit PC 環境でテスト実行することも可能で、このようなリモート環境でテスト実行させるために必要となる「プラットフォームアシスタンスサーバー」のインストール方法についてもあわせてご紹介します。 当記事の内容を動画にて紹介しています。
クロスプラットフォーム開発環境 RAD Studio / Delphi / C++Builder のインストール (無料体験版のインストール)[JAPAN] RAD Studio / Delphi / C++Builder のインストール (体験版のインストール) ここでは無料トライアル版を導入する手順を記載しておきます。RAD Studio / Delphi のフル機能を30日間、無料で試用することができます。すでにライセンスを購入している方は、ライセンス購入時にメール等で知らされる手順により導入してください。 10.1 Tokyo のオンラインインストーラーが改善されてだいぶ早くなっています。「10.2 Tokyo で高速化された RAD Studio のインストールを実際に検証してみる [Japan]」 のブログににある通り、環境にもよりますが、約半分の時間でインストールできます。また、必要な機能だけ選択してインストールできるので、なおのことインストールにかかる時間を短縮できます。 RAD Studio / Delphi / C++Builderについて RAD Studio / Delphi / C++Builderは、一つのソースで Windows, macOS, iOS, Android のアプリが作れるクロスプラットフ...
BDEを使った業務アプリを移行ツールで最新化  (2017年4月14日実施セミナーサマリー)[JAPAN] 2017年4月14日(金)に、エンバカデロテクノロジーズ 飯田橋セミナールームにおいて「Delphi / C++Builder 業務アプリケーション 刷新実践法」セミナーを実施いたしました。 その第2セッション 「BDEを使った業務アプリを移行ツールで最新化」にてご紹介した内容について、まとめを掲載いたします。   ■セミナーで使用した資料 第2セッションの で使用したスライドはこちらでご覧いただけます。 BDEを使った業務アプリを移行ツールで最新化(2017年4月14日開催) from 和貴 相蘇   ■デモ&スタディ内容の基本となる資料 デモ&スタディ内容の基本となる資料は Embarcadero DocWiki の以下のページにあります。 FireDAC への BDE アプリケーションの移行 上記の資料の中でデモとしてお見せしたBDEを使ったプロジェクトをFireDACのコンポーネントへ変換して動作させる部分はこちらに記載されています。 BDE アプリケーションの移行(FireDAC)  上記...

Posted by on in Programming
ドローンと脳波とDelphiと [JAPAN] もしも、リモコン(プロポ)を手で操作せず、考えるだけでドローンを飛ばせることができたら…     ということで上記のYouTube動画をご覧ください! 脳波でドローンを操作する画期的な発明をご覧いただけます!         … いや、まだまだですね。 このドローン、脳波(何か考えたときに頭蓋骨をスルーして抜け出てくる電気を信号としてとらえているとのこと)のパターンをとらえ、そのパターンに合わせてドローンを操縦する仕組みです。   ビデオの中では私が頭になんか黒いヘッドギアの簡易版みたいなものを着けていますが、あれは電気信号をとらえるための電極で、この複数の電極を使い信号パターンを読み取ります。 そして、このような信号パターンが来たら → 右に旋回、 あのような信号パターンが来たら → 上昇…といった具合に、各個人の脳波パターンを、ドローンの動作に結び付けて行きます。 実際にドローンを飛ば...
【告知】Delphi / C++ Builder 業務アプリケーション 刷新実践法(4月14日) 4月14日(金)に、「Delphi / C++Builder で作成した以前のプロジェクトを最新環境へと移行させる」ためのセミナーを実施します! Windows 10は、過去のWindows OSと何が異なるのか、また「最後のWindows」と言われるWindows 10のアップデートサイクルについて説明するとともに、最適なプロジェクト移行スケジュールの立て方などについて知っていただけます。 また、BDE(Borland Database Engine)を使用してデータベース接続をしているようなプロジェクトをお持ちの方に、最新のFireDAC データベース接続フレームワークを使用して最新データベース接続へと移行する手法をご紹介します。 そして、C++Builder プロジェクトや、文字コード周り、COMコンポーネントを使ったハードウエア周りの移行についてご紹介します。 以前のプロジェクト・システムを新しくしないと…と考えている方々、参加は無料です。是非セミナーにご参加いただき、移行のヒントをつかんでいただければと思います。 以下、実施概要です。  「旧バージョ...
【Delphi / C++Builder Starter Edition チュートリアルシリーズ】 シーズン2 完結![JAPAN] 【Delphi / C++Builder チュートリアルシーリーズ 】シーズン2 完結! 「Delphi / C++Builder Starter チュートリアルシリーズ」のシーズン2、2017年1月23日より開始して、3月27日まで、「プログラミング言語をやさしく覚えよう!」をテーマに、全9回分を完了いたしました! シーズン2は、Delphiの部と、C++の部を分けて、それぞれの言語を学びたい方々がそれぞれ集中できるように2部構成として、プログラミング言語の基本からはじめ、オブジェクト指向までをお伝えしました。また、放送をリアルタイムで見ている方だけのための(ユルい)コンテンツもご用意してみました。いかがでしたか? ここでシーズン1でお伝えした内容をまとめておきます。 【Delphi / C++Builder Starter チュートリアルシリーズ】シーズン2 まとめ 【無料で利用可能な開発環境】Delphi / C++Builder Starterエディションダウンロードページ Delphi Starter Editionhttps://www.embarcadero....
新バージョン RAD Studio / Delphi / C++Builder 10.2 Tokyo  リリース! [JAPAN] 2017年3月22日(23日)、RAD Studio / Delphi / C++ Builder 10.2  Tokyo をリリースいたしました。この新バージョンでは、Delphi の 64bit Linuxコンパイラが新たに追加されており、Linux上で動作するサーバーサイドロジックを構築することができるようになっています。 新機能の多くは、すでに3月15日に開催された「0315 in Tokyo」にて発表されており、そのイベントリポートも掲載しておりますので、ここに再掲はせず、リンクのみ掲載するとともに、関連情報をまとめておきます。   ■10.2 Tokyo概略 今回の新バージョンリリースにおける新機能などをまとめてあります。 【0315 IN TOKYO】イベントレポート : 新製品発表会の様子をまとめています。また、改善点などをまとめたブログへのリンクもこちらに掲載されています。 弊社Webサイトでの 10.2 Tokyo 新機能説明: 新機能をご紹介すると共に、キーとなる機能を動画を使って紹介しています。(順次日本語版ビデオに...
Starter Edition ユーザーのための Delphi / C++Builder 10.2 Tokyo Starter Edition (無償!) 入手ガイド [JAPAN] 無料の開発ツール Delphi / C++Builder / RAD Studio 10.2 Tokyo Starter Edition を 手に入れる 2017年3月23日、エンバカデロはDelphi / C++Builder / RAD Studioの新バージョン、 10.2 Tokyoをリリースしました。このリリースに合わせて無料版のStarter Editionも新しくなっています。 まだ この無料の開発環境であり、強力なプログラミングツールの Delphi/C++Builder Starter Editionを導入したことがない、という方は こちらの記事に書かれている方法と同じ手順で 10.2 Tokyo Starter エディションを導入することができます。 この記事では、すでに 10.1 Berlin Starter エディションを導入されている方々を対象に、新しい 10.2 Tokyo Starter Edition の入手、導入方法について、お知らせいたします。 ざっくりとした流れは エンバカデロのStarterダウンロードサイトでア...
【告知】モバイルアプリ・クロスプラットフォーム開発 ワークショップ開催 (3月28日) [JAPAN] 2017年3月28日(火)に「RAD Studioで始めるマルチデバイス・クロスプラットフォーム開発ワークショップ」を開催します。 実際に開発ツールのRAD Studioを使ってアプリ開発の初歩を学べる無料のワークショップです。 開発環境のパソコン、開発ツール、アプリを動作させるためのモバイルデバイス(Android)一式を エンバカデロが用意してお待ちいたしておりますので、参加の皆様は手ぶらでアプリ開発にトライしてみることができます。   おすすめポイント なんといってもクロスプラットフォーム開発の片鱗を味わうことができます! アプリ開発の際に、Android, iOS (さらには macOS, Windowsまで)のクロスプラットフォーム開発ができる開発ツールは少なからずありますが、一つのソースコード、マスターUI設計だけで複数のOS向けのアプリが「かんたん」にできるのは RAD Studioが一番! 「ビジュアル開発」と言われ、コンポーネントをドラッグアンドドロップして開発できるそのスタイルは、とても効率がよく、クロスプラットフォームのめんどくささや、...

Check out more tips and tricks in this development video: