Haruyuki Blog

haruyuki mohri has not set their biography yet

Delphi / C++Builder RS232cコンポーネント MITライセンス配布版[JAPAN] 以前刷新セミナーでご紹介したRS232C(COM)用コンポーネントがWindows限定(WUNI232c)でMITライセンスで配布されています。 あっハッシュタグとかいろいろ忘れた。#DelphiNew 232c Compornet is release.Mit License. It is only for Windows.https://t.co/BofCCpc7xH — やましょう (@qa65000) 2017年2月26日   URL http://www.csd.co.jp/uni232c/ [特徴] ・Android様の各社用の232cドライバーを作成しなくても良い。現在、FTDI/Prolific/SILICON LABS 232/南京沁恒电子有限公司(CH340)、mbed1768、USB CDC で動作いたしますが、確認の上、御使用ください。(OEM版の対応は非対応)・AndroidもWindowsも同一コードで動作。・Windows上で動作を簡易確認できる。・Androidでも動作可能。 (Android版は© CSD Co.,...
C++BuilderでRESTfulなWebBrokerを構築する[JAPAN] C++Builder Professional以上にはWebBrokerが付いています。 そのWebBrokerを使いRESTfulなリソースサフィックス形式のURIを受け取り解釈する事が可能です。 TWebModuleにはActionを持っていてresourceは切れますが自前で実装しています。 今回試したのはWebBrokerスタンドアロン(Win64)です。 TWebModule側にはDB接続テストする為のFireDACのコンポーネントを配置しています。 DBはMySQLです TWebModule1に入ってくるTWebRequest Request->PathInfoをResource/Suffixとして解釈します。   [PathInfoを"/"で分解してstd::vector<UnicodeString>に入れる] //// std::vector<UnicodeString> __fastcall TWebModule1::path_to_vector(String path_) { std::vector<Uni...
第15回 RAD Studio勉強会@Osakaは3/3(金)です。[JAPAN] 2017年03月03日19時より、第15回 RAD Studio勉強会@Osaka平日夜の部が開催されます。 Do the study meeting in Osaka Japan. on March 3, 2017.  Study session is both Delphi and C++Builder. 今回の会場は「株式会社フォーラムエイト様 大阪支社大阪府大阪市西区江戸堀1-9-1 肥後橋センタービル2F」 https://rad-studio-osaka.connpass.com/event/50976/ 上記サイトよりイベントに参加する事が可能です。
How to make RESTful WebBroker using C++Builder More than C++Builder Professional Edition has WebBroker attached. With that WebBroker you can make a RESTful server. For RESTful input, Resource and Suffix are expressed on the URL side. When using RAD Server, it is standard. We made at this time WebBroker of the stand-alone. Of course it is Windows.(Win64)
C++Builder FireDAC, TFDBatchMoveを使いデータセットをコピーする方法[JAPAN] FireDACのTFDBatchMoveを使いデータセットから別のテーブルに簡単に書き込む事ができます。 TFDBatchMove用のコンポーネントは下記です。 この中でTFDBatchMoveDataSetReader, TFDBatchMoveDataSetWriterを試してみました。 TFDBatchMoveDataSetReaderはコピー元になるDatasetを設定 TFDBatchMoveDataSetWriterにはコピー先になる空のDatasetを設定しました。
製品インストール後、ライセンスを確認する方法(LicenseManager.exe) Delphi / C++Builderインストール後、同じPC内にインストールされたライセンスを確認する方法として LicenseManager.exeを使う方法があります。   Delphi / C++Builderがインストールされているフォルダ内の 「C:¥Program Files (x86)¥Embarcadero¥Studio¥**¥bin¥」にLicenseManager.exeがあるので起動します。 10.1Berlin標準インストールなら「C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\18.0\bin¥LicenseManager.exe」です   [LicenseManager.exe 起動] LicenseManager.exeを起動後のメイン画面です 左側の「ワークステーションライセンス」と書かれた部分の一覧が 現在PCに入っているライセンスの情報です。(ネームドライセンスの例です) 一覧を選択後真ん中の枠内で、シリアル番号などの詳細情報が表示されます。   右...
How to copy a Dataset using C++Builder in TFDBatchMove(FireDAC) You can copy the data set to simple if you use the TFDBatchMove in C++Builder. TFDBatchMove is in FireDAC. I tried the table copy from MySQL to SQLite. MySQL created the above table.
Using Delphi, from Excel to JSON, then FireDAC[JAPAN] First, I will convert Excel data to JSON. After that, we insert that JSON into the DB table with FireDAC.This time DB uses MySQL. They all program with Delphi. Excel is like this. TRect is used to acquire data only for that area.
How to get the array using the TJSONIterator Delphi[JAPAN] In this case json.  //// {"int_array":[5,10,15,20],"string_array":["日本語","한글","English"]} To get an array, you can use TJSONArray. I will introduce a case using an TJsonTextReader and TJSONIterator. We will create methods using generics.  It is because we want to support the Integer and String.
Nifty Cloud mobile backendサービス C++Builderの使い方[JAPAN] [C++Builderを使いニフティクラウドmobile backendに接続する方法] ニフティクラウドmobile backend (URL https://console.mb.cloud.nifty.com/ )は 会員管理、データストア、ファイルストア、プッシュ通知などが行えるkinveyのようなサービスです。 無料である程度使えますし気軽に登録できます。 Android, iOS, JavaScript用のSDKは ニフティクラウド側にあるのですが RESTのAPIドキュメントが揃っていますのでDelphiやC++BuilderでTNetHTTPClientなどを使いREST APIに接続する事も可能です。

Check out more tips and tricks in this development video: