Latest Articles

BEAMが3月のエンバカデロクールアプリに選出

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in Articles

Woll2Woll社のBEAM(Beacon External Advanced Mapper)は、RAD Serverの BeaconFenceテクノロジーに柔軟性をもたらします。今回、このアプリが、2018年3月のクールアプリに選出されました。このアプリは、屋内で正しい位置情報をトラッキングするRAD ServerBeaconFenceによるアプリケーションの構築をより簡単にします。IDEマップレイアウトエディタを用いれば、フロア内に配置したビーコンの位置をマップ上で正確に追跡することができます。

Woll2Woll社のBEAMを使用することで、開発者は、簡単にエンドユーザーにマップを編集させ、BeaconFenceアプリで使用することができます。こうした柔軟性によって、BeaconFenceアプリは、はるかに有用で強力になります。開発者は、ビーコンの配置などの詳細な設置位置について心配することなく、BeaconFenceを用いたアプリを構築できます。BEAMを使用すれば、ビーコン配置とフロアプランを基に、アプリをアップデートすることができるのです。

BEAMは、BeaconFenceとFireMonkeyだけでなく、Woll2Woll社の強力なFirePowerコンポーネントを利用して、ユーザーインターフェイスを作成しています。Woll2Woll SoftwareのRoy Wall氏は、次のように述べています。「BEAMはRAD StudioのFireMonkeyを使用しています。そのため、使いやすさとパフォーマンスの両面で優れた、ユニバーサルアプリとなっています。共通のコードベースを使用することで、1つの開発チームで高度な機能を追加できるのです。」BEAMは、iOS、macOS、Windows、Androidで利用でき、キーボードやマウスだけでなく、タッチ入力にも対応しています。アプリは、それぞれのApp Storeで入手できます。

Google Play Store  

BEAMは、Woll2Woll SoftwareのRoy Woll氏によって開発されました。Woll2Woll社の詳細については、同社のWebサイトや、FirePowerなどの製品情報をご確認ください。

BEAMの詳細は、こちらのビデオでご覧いただけます。

エンバカデロ クールアプリコンテストに応募してみませんか?RAD Studio、Delphi、C++Builderを使用して構築したビジネスアプリケーションやコンシューマアプリケーションのいずれも応募可能です。クールアプリコンテストの受賞者には、500ドル分のAmazonギフトカードを進呈し、エンバカデロのYouTubeチャンネルで公開します。コンテストの詳細については、こちらをご覧ください。

 

2018年4月23日~5月4日までの月~金曜に毎日ブログを更新。Delphi / C++Builderに関する技術記事からエンジニアの日常まで、さまざまな話題を投稿します。お楽しみに!

日本人スタッフブログを一覧表示できる、こちらのページをブックマークしてください。

 

この記事は、Jim McKeethによるBEAM is March Embarcadero’s Cool App Winnerの抄訳です。


BEAM is Embarcadero's March Cool App Winner

Written by Jim McKeeth on . Posted in Articles

Woll2Woll’s BEAM (Beacon External Advanced Mapper) makes RAD Server’s BeaconFence technology so much more flexible, and it is the March 2018 Winner of our Cool App contest. With RAD Server and BeaconFence it is easy to create an application that accurately tracks indoor location. Using the IDE map layout editor the developer places beacons on the floor plan, and then the app can accurately track the device location through the map.

Woll2Woll’s BEAM makes it easy to let your end-users edit and create their own maps for use with your BeaconFence app. This flexibility makes your apps so much more useful and powerful. You can build your app around BeaconFence without concern about the specifics of the location where it will be used. Then with BEAM it can be updated to based on beacon placement and the floor plan.

Beyond BeaconFence and FireMonkey BEAM also makes use of Woll2Woll’s amazing FirePower components to round out its user interface. According to Roy Wall of Woll2Woll software, “BEAM uses RAD Studio’s FireMonkey so it is a universal application that shines in both usability and performance . . . with a common codebase it is trivial to add advanced features with a single development team.” The great thing is BEAM is available on iOS, macOS, Windows, and Android, supporting touch input as well as keyboard and mouse. It is in all the major App stores. 

Google Play Store  

BEAM was developed by Roy Woll of Woll2Woll software. You can find more information on Woll2Woll’s website and while you are there check out some of Woll2Woll’s other great products like FirePower.

Watch BEAM in action:

   

 

Interested in submitting for the Embarcadero’s Cool App contest? It’s open to any business or consumer application built with RAD Studio, Delphi or C++Builder. Embarcadero awards Cool App contest winners a $500 Amazon gift card and winning submissions are also highlighted on the company’s YouTube channel. For more information on the contest and a link to the submission form, click here.


Upgrade SKU Extended to April 30th

Written by Atanas on . Posted in Articles

Hello Embarcadero Developer Community! 

As you all may know, we made a business decision to "end of life" our Upgrade SKU's on March 31st in an effort to simplify the purchasing process.  The demand to extend this was frankly unexpectedly high.  We listened and decided to extend the Upgrade SKU availability through April 30th.  You do not have to rush and can enjoy the entire Holiday weekend.  We know that with 10.2.3 out, and FMX now part of PRO, many will rush anyway. I personally can't wait to get many, many more Cool Apps...

 

It is a good time to be a Delphi developer!


WhereontheMapが2月のエンバカデロクールアプリに選...

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in Articles

もし、私と同じように子供がいれば、自分の子供が今どこにいるのか、安全かどうかを、いつでも知りたいのではないでしょうか。最新のスマートフォンの技術では、両親や配偶者など、大事な人がどこにいるかを追跡する機能を提供していますが、2月のクールアプリに選出された「WhereontheMap」が、その能力をさらに強化しました。

Delphiによって構築された「WhereontheMap」は、シンプルで直感的なAndroidアプリで、両親が子供に注意を払ったり、企業のスタッフ管理などに役立てることができます。開発チームが追加したすばらしい機能のひとつは、バックグラウンドで実行される多くのアプリと同様、消費電力を抑える技術を組み合わせることで、バッテリーの消耗を減らしたことです。アプリでは、電流の使用を最小化できる加速度計センサーによってデバイスの動きを検出し、動きが検出されたときにのみ、ロケーションセンサーを作動させて正確な位置を取得しています。

WhereontheMapは、Delphiが適用するすぐに使える機能を組み合わせて、役に立つアプリを構築した素晴らしい実例です。このアプリは、 Google Playからダウンロードできます。

WhereontheMapの詳細は、こちらのビデオでご覧いただけます。

エンバカデロ クールアプリコンテストに応募してみませんか?RAD Studio、Delphi、C++Builderを使用して構築したビジネスアプリケーションやコンシューマアプリケーションのいずれも応募可能です。クールアプリコンテストの受賞者には、500ドル分のAmazonギフトカードを進呈し、エンバカデロのYouTubeチャンネルで公開します。コンテストの詳細については、こちらをご覧ください。

この記事は、Jim McKeethによるWhereontheMap Honored as Embarcadero Cool App for Februaryの抄訳です。


WhereontheMap Honored as Embarcadero Cool App for February

Written by Jim McKeeth on . Posted in Articles

If you’re a parent like I am, you understand the feeling of comfort in knowing where your children are at all times and that they are safe. Modern smartphone technologies have provided parents and others to track the whereabouts of loved ones, but our Cool App for February, WhereontheMap, has taken that capability to the next level.

WhereontheMap -- based on Delphi -- is a simple, intuitive Android app that helps you keep an eye on your kids or helps companies support their fleet management systems. One of the cool things the developers of this app did was to use a mix of techniques to reduce power consumption so it doesn’t drain your phone battery like so many apps that run in the background. They utilize the accelerometers sensor which uses the least amount of current to detect motion of the device, and only when it detects motion the app turns on the more accurate localization sensor.

WhereontheMap is a great example of how you can combine some of the turn-key features of Delphi to create a useful app. Click here to download the app on Google Play.

 

                             

This video shows Whereonthemap in action:

Create Your Own Accelerometer Project

Want to learn more about using the accelerometer sensor? Check out the FMX.Accelerometer Sample that uses the TMotionSensor component, and the FMX.Location Sample that uses the TLocationSensor

Cool App Contest

Interested in submitting for the Embarcadero’s Cool App contest? It’s open to any business or consumer application built with RAD Studio, Delphi or C++Builder. Embarcadero awards Cool App contest winners a $500 Amazon gift card and winning submissions are also highlighted on the company’s YouTube channel. For more information on the contest and a link to the submission form, click here.


Delphi / C++Builder 10.2.3 Professional - Mobile Packのインス...

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in Articles

この記事は、Sarina DuPontによるDelphi and C++Builder 10.2.3 Professional - Mobile Pack Installation Instructionsの抄訳です。

10.2 Tokyo Release 3でDelphi / C++Builder Professional向けの新機能として、新規購入および有効なアップデートサブスクリプション加入者向けにモバイルサポートが追加されました。モバイルサポートがProfessional版に追加されたことは大変喜ばしく、皆さんもモバイルサポートのために別の製品を追加で購入する必要がなくなることを歓迎いただけると思っています。

従来は、Delphi / C++Builder Professional向けに個別のAdd-On Packとして販売されていました(あるいは、RAD Studio Professional以上、Delphi / C++Builder EnterpriseまたはArchitectを購入)が、今回、モバイルサポートを加えたことで、Delphi / C++ 開発者は、Windows / macOSに加え、iOSとAndroid も対象に単一コードベースの開発を行うことが可能になりました。

以下に説明するMobile Packのインストール手順は、現在アップデートサブスクリプションに加入されているのDelphi / C++Builder Professionalユーザーを対象としています。有効なアップデートサブスクリプションに加入されている方は、こちらのページからMobile Add-On用のキーを発行することができます。

注意:新たに Delphi / C++Builder 10.2.3 Professionalを購入した場合は、4つのプラットフォーム向け開発機能をすべてインストールできる単一のライセンスキー(シリアル番号)が供給されます。

 

インストール済みのDelphi / C++Builder 10.2 Tokyo Professionalからアップグレードする場合

GetIt Webインストーラーからのアップグレード:
  1. Delphi / C++Builder Professionalを起動し、[ヘルプ|ライセンスマネージャー]を選択してライセンスマネージャーを起動します。もし、10.2 Tokyoをアンインストールしていた場合、ライセンスマネージャーは、「C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\19.0\bin」 にあります。
  2. 右側の[ライセンスの操作]内で、[登録]を選択し、新しいMobile Add-On Packのキーを入力して、画面の指示に従って登録します。
  3. RAD Studio 10.2.3 Professionalをインストールします。 これにより、4つのすべてのプラットフォームサポート(Windows / macOS / iOS / Android)をインストールすることができます。

注意:10.2.3 Professionalをインストールした後にMobile Add-On Packのキーを受け取った場合は、上記の手順を実行してから、IDEで[ツール|プラットフォームの管理]を選択して、不足しているモバイルプラットフォームをインストールします。 IDEを再起動し、モバイルプラットフォームがインストールされていることを確認します。

 

InstallAware ISOオフラインインストーラーからのアップグレード:
  1. Mobile Add-On Packをインストールする前に、Delphi / C++Builder 10.2.3 Professionalの製品登録、インストール、実行、終了しておく必要があります。
  2. Windows 7にMobile Add-On Packをインストールするには、Windowsの[スタート]メニューから[プログラム|Embarcadero RAD Studio|変更、修復、アンインストール]を選択して、「アップグレード」を選択します。 Windows 8または10では、コントロールパネルを開き、[プログラム|プログラムと機能]を選択します。 既にインストールされているEmbarcadero製品を選択し、「変更」を選択して「アップグレード」を選択します。
  3. Mobile Add-On Packのライセンスキーを入力し、インストーラーの指示に従います。

 

新規にDelphi / C++Builder 10.2 Tokyo Professionalをインストールする場合

ESDインストーラーからのインストール:
  1. 10.2.3のESDインストーラーを実行し、既存のDelphi / C++ Builder 10.2 Professionalのライセンスキーを使用して製品をインストールします。
    注意:ここでの手順は、10.2.3リリース以前のアップデートサブスクリプションが有効な既存のDelphi / C++Builder Professionalユーザーを想定しています。
  2. Delphi / C++Builder Professionalを起動し、 [ヘルプ|ライセンスマネージャー]を選択してライセンスマネージャーを起動します。[登録]を選択して、Mobile Add-On Packのライセンスキーを入力し、登録します。
  3. IDEから[ツール|プラットフォームの管理]を選択して、不足しているモバイルプラットフォームをインストールします。 IDEを再起動し、モバイルプラットフォームがインストールされていることを確認します。

 

InstallAware ISOオフラインインストーラーからのインストール:
  1. Mobile Add-On Packをインストールする前に、Delphi / C++ Builder 10.2.3 Professionalの製品登録、インストール、実行、終了しておく必要があります。
  2. Windows 7にMobile Add-On Packをインストールするには、Windowsの[スタート]メニューから[プログラム|Embarcadero RAD Studio|変更、修復、アンインストール]を選択して、「アップグレード」を選択します。 Windows 8または10では、コントロールパネルを開き、[プログラム|プログラムと機能]を選択します。 既にインストールされているEmbarcadero製品を選択し、「変更」を選択して「アップグレード」を選択します。
  3. Mobile Add-On Packのライセンスキーを入力し、インストーラーの指示に従います。

参考情報:


Delphi and C++Builder 10.2.3 Professional - Mobile Pack Installat...

Written by Sarina D on . Posted in Installation / Registration

Posted: March 14th, 2018

New in 10.2 Tokyo Release 3 for Delphi and C++Builder Professional edition is the inclusion of mobile support for new purchases and customers on active Update Subscription. We're very excited to include Mobile support in the Pro SKU, and we hope you will find it as exciting as we do to have mobile support out of the box.

Previously sold as a separate add-on pack for Delphi and C++Builder Professional (or included as part of RAD Studio Pro or higher, or Delphi and C++Builder Enterprise & Architect), the included mobile support allows Delphi and C++ developers to target iOS and Android, in addition to Windows and macOS, all from a single codebase.

The mobile pack installation steps below assume that you are an existing Delphi or C++Builder Professional edition user on Update Subscription.

Note: If you don’t currently have a license for Delphi or C++Builder 10.2.3 Professional edition and purchase a new license for it, you will receive a single license key that supports installation of all four platforms.

 

Upgrading an existing 10.2 Tokyo Delphi or C++Builder Professional installation 

GetIt Web Installer:

   1. Launch Delphi or C++Builder Professional and go to Help | License Manager | Register | and enter the mobile add-on serial number and register it. If you have already uninstalled 10.2 Tokyo, you can run the License Manager by going to C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\19.0\bin.

   2. Under the License Actions dialog on the right, select ‘Add Serial’ and enter the new mobile key, and follow the prompts on your screen to register the add-on key.

   3. Install RAD Studio 10.2.3 Professional. This should allow you to install support for all four platforms (Windows/macOS/iOS/Android).

Note: If you received your mobile add-on key after installing 10.2.3 Professional, you can follow the steps above and then navigate to Tools | Manage Platforms in the IDE to install the missing mobile platforms. Then restart the IDE and confirm mobile platforms are installed.

 

InstallAware ISO Offline Installer:

   1. Before installing the Add-On Pack, you must register, install, run, and then exit your Delphi or C++Builder 10.2.3 Professional edition product.

   2. To install the Add-On Pack on Windows 7, go to the Windows Start Menu| Programs | Embarcadero RAD Studio| Modify, Repair, Uninstall. Select Upgrade. On Windows 8 or 10, Open the Control Panel and select Programs | Programs and Features. Select the Embarcadero product that has already been installed, Select Change and then select Upgrade.

  3. Enter your serial number for the Add-On pack and follow the instructions for installation.

 

New 10.2 Tokyo Delphi or C++Builder Professional installation 

GetIt Web Installer:

   1. Run the 10.2.3 installer and install the product using your existing 10.2 Delphi or C++Builder Professional license key. Note: The steps here assume that were an existing Delphi or C++Builder Professional edition user on Update Subscription prior to the 10.2.3 release.

   2. Launch Delphi or C++Builder Professional and go to Help | License Manager | Register | and enter the mobile add-on serial number and register it.

   3. Launch the IDE and navigate to Tools | Manage Platforms in the IDE to install the missing mobile platforms. Then restart the IDE and confirm mobile platforms are installed.

 

InstallAware ISO Offline Installer:

 1. Before installing the Add-On Pack, you must register, install, run, and then exit your Delphi or C++Builder 10.2.3 Professional edition product.

   2. To install the Add-On Pack on Windows 7, go to the Windows Start Menu| Programs | Embarcadero RAD Studio| Modify, Repair, Uninstall. Select Upgrade. On Windows 8 or 10, Open the Control Panel and select Programs | Programs and Features. Select the Embarcadero product that has already been installed, Select Change and then select Upgrade.

   3. Enter your serial number for the Add-On pack and follow the instructions for installation.

 


Embarcadero Cool App for January: BeePOS

Written by Jim McKeeth on . Posted in Articles

As more small and home businesses continue to enter the marketplace, point of sale (POS) technologies have become a critical part of modern economy. I’m excited to report that one of the real innovators in this market, BeePOS, is the winner of Embarcadero’s Cool App contest for January. The industry buzz around this company has been tremendous (obligatory bee reference, check!), and we’re fully anticipating their adoption numbers to grow dramatically over the coming months.

BeePOS -- based on Delphi -- is a fully integrated, intuitive POS software that can be used for restaurants, bars and the hospitality industry. It’s flexibility allows retailers to use the software for front-end or backend POS, in multiple or single stores and on Windows, iOS, Android and macOS platforms.

                                               

                                                                                    

I’ve seen a number of line-of-business applications like POS systems choose Delphi, which is an ideal solution because of the rapid application development model, first class database support and easy application maintenance. BeePOS is a great example of this with its customizable reporting system and sophisticated configuration. Using DataSnap to broker the data from the backend database to the client application creates a flexible and lightweight system.

This video shows BeePOS in action:

 Interested in submitting for the Embarcadero’s Cool App contest? It’s open to any business or consumer application built with RAD Studio, Delphi or C++Builder. Embarcadero awards Cool App contest winners a $500 Amazon gift card and winning submissions are also highlighted on the company’s YouTube channel. For more information on the contest and a link to the submission form, click here.


アプリケーションのモダナイズ

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in Articles

この記事は、Atanas PopovによるModernize Your Appsの抄訳です。

「モダナイゼーション」は多くのお客様にとって最も重要なトピックのひとつです。Delphiには長い歴史があり、Delphi 7以前のいわゆる「レガシー」アプリケーションがまだ多く存在しています。このことは、Delphiが提供するフレームワークが優秀である証ではありますが、10年以上前のアプリケーションは、やはり「古すぎる」と言えます。私たちの開発者コミュニティでは、最新バージョンへの移行が進んでおり、モダンで魅力的なソフトウェア製品をお客様に提供できるようになっています。弊社内でも、同様の移行作業をRAD Studio製品そのものに対して行ってきました。それは時に容易ではありませんでしたが、努力する価値はあります。その結果、現在では多くの進歩を成し遂げていると思いますので、その教訓のいくつかは、皆さんのシステムにおけるモダナイゼーションの取り組みに役立つのではないかと考えています。

UIのアップデート

モダナイゼーションプロジェクトで最も困難な箇所は、UIのアップデートに関する説得力のある議論です。例えば、「アイコンの外観が古いことを誰が気にするのか」といったことを主張する一派もいます。また、ルック&フィールについてはあまり気にしていないので、開発者がこの部分に情熱を注ぐのが困難だという側面もあります。しかし、ルック&フィールのアップデートは大きな結果をもたらします。私たちは、過去2年間にわたり、RAD Studioに段階的なアップデートを加えていき、ストアでもいくつかの修正を加えました。アンケートを実施すると、ルック&フィールに対して優先度を上げる人はほとんどいません。エンタープライズソフトウェアのお客様は、「見た目がかわいい」という理由でソフトウェアソリューションを購入することは、まずありません。しかし、一度UIが改善されると、そのインパクトは驚くほど大きくなる傾向にあります。特にDelphiアプリケーションには、「レガシー」というバイアスがかかっていることが多く、これを打破することには意味があります。そして、VCLやFireMonkey(FMX)には、これを容易に実現する機能が備わっています。ぜひ、そのために時間を割いて、改善を試みてください。プロのデザイナーの支援を受けることも重要でしょう(多くの開発者はこの点を重視していません)。高品質な素晴らしいアイコンの影響度を過小評価しないようにしてください。以下は、私たちが10.2.2で使用したアイコンのサンプルです。費用のかからないような選択肢も数多くあります。例えば、www.icons8.com などは私も愛用しています。

モバイル対応

現在のDelphiの大きな利点のひとつはFireMonkey(FMX)です。スマートフォンの普及が進む(2018年までに70%に達する見込み)中、FMXとの関わりが高まってくることでしょう。もしVCLを知っているのであれば、FMXによる開発は比較的容易に始められます。スタイルとビヘイビアに関しての理解が必要だったり、率直に言えばRAD Studioのワークフローをもう少し改善する必要がありますが、その生産性は素晴らしいものがあります。多くの他のアプローチでは、開発チームや開発投資を別々に行う必要があります。これまでの例を見れば、モバイルアプリの開発はパッケージとしてアウトソースされる傾向にありました。しかしこの状況は変化してきています。FMXを用いれば、Delphi開発チームはモバイルアプリの開発に着手できます。FMXで古いアプリケーションを再構築する必要はありませんが、モバイル拡張にはFMXは必須となります。Delphiの技術はモダンで、評価に値するという認識に変わるでしょう。そしてDelphiによる開発チームを編成し、開発を強化できます。チームの強化には、トレーニングをはじめ多くの支援が用意されています。個人的にはDelphiのスタイル機能が好きで、大変整ったカスタムルックを提供できるところが魅力です(以下は、www.delphistyles.comで入手できるFMXスタイルテンプレートの例です)。

多層化する

アーキテクチャは単純ではありません。どれほど能力のある開発者であっても、ソフトウェア開発の領域があまりにも広範であるために、他の分野の知識を持ち合わせていないことがあります。デスクトップアプリケーションから多層化する場合のように、アーキテクチャの変更を伴う場合には、たとえ経験豊富な開発者であっても、経験を積みながら進めていかざるを得ません。学ぶこと、あるいは外部のサポートを受けることは常に素晴らしいことです。私たちは、RAD Serverの多層アーキテクチャサポート機能などにより、アーキテクチャの変更を容易にすることを目指しています。古いアプリケーションを多層化することはそれほど難しい作業ではありませんが、それでも保証があるわけではありません(実際、構築方法によって異なります)。当初は懸念を示していた多くの開発者と話す機会がありましたが、実際に作業に入ってみると、その労力は予想よりもはるかに少ないということが分かったそうです。実際、Javaのような完全に異なる言語を使用してプラットフォームを再構築するのに比べると、そのコストは相当安く抑えられます。そのシンプルなアプローチは、可能な限り小さくモジュール化して始めることです。従来のVCLクライアントを捨てる必要もありません。パフォーマンスが要求されるようなアプリケーションでは、これに代わる方法はないでしょう。私は、VCLアプリケーションをJavaで再構築しようとした数百万ドルの案件をいくつか知っています。でもこれらはユーザーには採用されませんでした。多くの無駄が発生したのです。

Webify(Web化)

「Webify」という言葉はありませんが、意味は分かると思います。Delphiでこれを実現するには、現在、いくつものプローチがあります。理想的には、多層アプリケーションを構築し、独立したWebクライアントを作成するべきです。もちろん、エンバカデロの開発ツールファミリーに加わったSencha Ext JSをお勧めしますが、他にも優れたクライアントWeb開発技術がいくつもあります。迅速なもうひとつのアプローチとしては、UniGuiのようなツールを使う方法もあります。これはVCLライクなアプローチで、Ext JSによるWebクライアントの構築をサポートするものです。すべてに適用できるわけではありませんが、非常に高速で高い生産性が得られます。Delphiで、すばやくアプリケーションモジュールを作成し確認したら、これを即座にWebで実行できるようにします。今日の多くのDelphiアプリケーションに対するWebインターフェイスは、Windows接続を継承しているという理由で.NETで構築されています。これらはもちろん機能しますが、最新の経験と新しいJSテクノロジーを用いれば、よりスピードと柔軟性が得られます。

統合

RAD Studioには、見事に統合されたフレームワークとコンポーネントが用意されています。他のテクノロジーの最も困難な側面は統合で、私たちはそれをすばやく実行できます。弊社が実施した最近の製品調査によれば、多くのお客様がFireDACを採用しています。これは素晴らしいことです。アプリケーションの統合性をより高めるために、新しい方法を見つけ出すことが重要です。ERPで在庫状況を確認したり、変更するにはどうすればよいでしょうか?Enterprise Connectorsは、FireDACフレームワークをベースとし、統合を容易にします。例えば、Salesforceのインスタンスに対するExt JSベースのポータルを作成するために、Enterprise Connectorsをその内部で使用することができます(下図参照)。その開発手法は、驚きそのものです。

イノベーション

Delphi / RAD Studioは、プッシュ通知、ビーコン、Woll 2 Wollモバイルエディタ(www.woll2woll.com/beam)などの多くの新機能をサポートしています。多くのお客様が、Windows 10の新機能をあまり使用していないという事実は驚きです。その中でもビーコンは好きな技術のひとつです。ここに紹介した機能は、いずれもRAD Studio Enterpriseで利用できるものです。モバイルエディタは、ビーコンを用いたモバイルアプリの開発をスピードアップします。内部のDelphiアプリケーションがロケーションデータの取り込みを多く処理してくれ、極めて便利な機能を提供します。そして、Delphiの素晴らしい点は、このようなイノベーションを享受するのに、数十万ドルも必要としないということです。

「レガシー」という認識の克服

これはRAD Studioに関する私たちの取り組みとの関連性はあまり高くありませんが、お客様がそれぞれ克服しなければならないハードルです。Delphiが「レガシー」であるという認識は、それを克服するための最近の進歩にもかかわらず、依然として存在します。最近、少し違ったアプローチをとってきましたが、これは非常に成功しています。Delphiの数多くの強みを守るために深く没頭するのではなく、ちょっとした事実を述べ、それを脇に磨いているだけです。これはうまく機能します。今日のDelphiは、より広範な商用のエコシステムのひとつとなっています。オープンソースの多くは、経済が悪化しサポートが縮小傾向になると、その勢いを失いました。Delphiが迅速かつ容易で、最も機能的な開発ツールであることは言うまでもありません(少し主観的な意見ですが、真実であることは間違いありません)。Windows開発向けのVCLフレームワークは、Microsoft Windowsに対して最もネイティブなサポートの提供を続けていきます。FMXはXamarinよりも優れたネイティブのクロスプラットフォームサポートを提供しており、その人気は、特にAndroid開発向けに急速に拡大しています。私は、テクノロジーリスクを管理したい企業にとって、Delphi+VCLは、トレンドのテクノロジーやフレームワークよりもはるかに安全な選択肢だと考えています。Angularでイテレーションをいくつか経験した人やJavaシステムの膨大な移行作業に従事した人に聞いてみるといいでしょう。フロントエンドとバックエンドの双方で柔軟に動作する、再利用可能な生産性の高い言語のコンビネーションこそが、Delphiが強力な選択肢であるゆえんです。

さて、少し長くなってしまいましたが、モダナイゼーションに関して、おそらく最も困難なポイントがひとつあります。それは、技術ではなく知覚と関係しています。お客様は、熟練したDelphi開発者が不足していることについて引き続き議論しています。残念ながら、他の一般的なテクノロジーと比較した場合、熟練したDelphi開発者が少ないことは、依然として真実です。外注業者は、生産性の向上がビジネスモデルに相反する傾向にあるため、生産性の高いこれらのツールに対して積極的ではないのです。Java開発者を50人あてがうことができる商談で、わざわざDelphi開発者5人で済ませようとするでしょうか?しかし、これこそが商談を獲得するポイントでもあるのです。Delphiならそれほど多くの開発者は必要ないのです。エンバカデロでは、開発者のスキルアップや新しいチーム育成といった需要に対応するために、Embarcadero Academyを用意し、より多くのコンテンツやコースオプションを備えるべく開発を進めています。私たちの経験では、シニアの開発者であれば、Delphiはあっという間にマスターできます。ぜひ、モダンな外観のアプリを開発し、Delphiのテクノロジーに懐疑的な人たちの懸念を吹き飛ばしてしまいましょう!

モダナイゼーションの具体的な手法を知るには...

Delphi / C++Builderアプリケーションのモダナイゼーション手法を学ぶには、2018年3月15日、東京・秋葉原のUDX GALLERY NEXTで開催される「第35回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」へお越しください。このイベントでは、Delphi / C++Builderを最新のWindows 10プラットフォームに適合させる手法や、Senchaを活用してWeb対応する手法など、実践的な開発技術を紹介する予定です。

「第35回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」の詳細はこちら >


Delphi / C++BuilderアプリケーションをWebアプリケー...

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in ENTERPRISE

既存のC/Sアプリケーションは引き続き利用したいものの、Webブラウザによるアクセスや、一部機能を社内の別システムや社外システムと連携させたいといった要求が上がることがあると思います。このようなときに、Delphi / C++Builderでは、既存アプリケーション資産を有効に活用しながら拡張する手法を選択できます。

また、新たにエンバカデロの開発ツールラインナップに加わったSenchaを用いると、効率的にモダンなWebアプリケーションを構築できるわけですが、そのバックエンドとして既存のDelphi / C++Builderアプリケーションを拡張するという手法を選択できます。

Senchaとは

まず、Webアプリケーション開発プラットフォームとしてのSenchaについて簡単に紹介しておきましょう。Senchaは、JavaScriptベースのWebアプリケーション構築フレームワークで、Sencha Ext JSと呼ばれるフレークワークがその中核です。Ext JSには、豊富なコンポーネントが用意されており、グリッドやチャートといったC/Sアプリケーションでもなじみのある高度なユーザーインターフェイスを簡単に作成できるようになっています。

ユーザーインターフェイスの構築はコードベースを行うことも可能ですが、Sencha Architectと呼ばれるビジュアルツールを用いると、DelphiやC++Builderと同じように、コンポーネントのドラッグ&ドロップ、プロパティ/イベントの設定という効率的な手法で、Webアプリケーションを構築できます。

Senchaは基本的にクライアントサイド(ブラウザ)で動作します。高度なユーザーインターフェイスは、JavaScriptとHTML5によって実現されており、主要なブラウザ、デスクトップPC、タブレット、スマートフォンなど、さまざまなデバイスで最適な動作をします。Senchaが扱うデータは、「Model」「Proxy」「Store」と呼ばれるオブジェクトによって管理します。これらオブジェクトにより、Senchaアプリケーションは、Web APIを通じてJSON形式のデータを取得し、UIに表示、編集、更新することができます。

Senchaはデータベースや企業システムからのデータ取得、更新を、こうしたオープンな仕組みによってサポートしており、特定のバックエンド実装に依存しないようになっています。

Delphi / C++Builderアプリケーションとの接続

Delphi / C++Builderも、Senchaと接続するためのWeb APIを構築できます。そこで使用するデータ形式もJSONであり、最新バージョンではSenchaでより扱いやすいJSON形式の作成もサポートしています。

既存のDelphi / C++Builderアプリケーションから見れば、Senchaアプリケーションもクライアントのひとつであり、同じようにC/Sアプリケーションの構成に組み入れることができます。ただし、Web APIはデータベースとクライアントの中間に位置する「中間サーバー」として構築する必要があり、この部分に、Delphi / C++Builderのサーバーサイドアプリケーション構築技術を用いることができます。

Delphi / C++Builderでは、REST/JSONによるWeb APIを構築/運用するための技術としてRAD Serverが提供されています。RAD Serverを用いれば、データモジュールへのドラッグ&ドロップ操作でロジックコンポーネントを配置し、プロパティ/イベントを設定する効率的なビジュアル開発の手法で、カスタムWeb APIを作成することができます。RAD Serverには、コネクションプールを用いた効率的なFireDACの使用、ユーザー認証やモバイルアクセスのサポートなど、実用的なサーバーサイドアプリケーションを構築するために必要とされる機能があらかじめ用意されています。

RAD Serverによって作成されたWeb APIによって既存システムへのアクセス性を提供すれば、SenchaによるWebアプリケーションが既存のC/SシステムのWeb拡張として機能するようになります。

具体的な手法を知るには...

Delphi / C++BuilderアプリケーションをWeb拡張するその具体的な手法を学ぶには、2018年3月15日、東京・秋葉原のUDX GALLERY NEXTで開催される「第35回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」へお越しください。このイベントでは、Delphi / C++BuilderとSenchaを組み合わせた実践的な開発手法をご紹介する予定です。

「第35回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」の詳細はこちら >

関連情報


Check out more tips and tricks in this development video: