Latest Articles

RAD Studio 10.2.1をリリース

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in Articles

この記事は、Marco CantuによるRAD Studio 10.2.1 Released Todayの抄訳です。


10.2 Tokyo Release 1が公開されました。これは、Delphi 10.2 Tokyo、C++Builder 10.2 Tokyo、RAD Studio 10.2 Tokyoの有効なアップデートサブスクリプションユーザー向けのアップデートです。このアップデートには、100以上のプラットフォームにフォーカスした改善、バグフィックス、機能強化が含まれています。

RAD Studioは現在、5つのプラットフォーム(Windows、Mac、iOS、Android、Linux)をサポートしています。プラットフォームベンダーは、頻繁にOSに変更を加えており、ときに開発の面でも影響を受けることがあります。私たちは、こうした変更を継続的に追跡することで、お客様が最新のOS環境を対象とできるようにしています。10.2.1は、数多くの新機能やバグフィックスだけでなく、お客様にとって大きな影響のある主要なOSの変更にも対応しています。重要な修正のひとつは、Windows 10 Creators UpdateにおけるOSレベルでの変更に対応するコンパイラとリンカの変更です。これは、OSがDLLとDelphiパッケージ(BPL)をロードする方法に影響を与えるもので、ロード操作が複数回繰り返されることと、ランタイムパッケージを使用したアプリケーションのデバッグが行えないという問題を引き起こしていました。マイクロソフトは、この問題をWindows 10の将来バージョンのベータ版で修正していますが、Creators Updateには反映されていません。

2017年5月、私たちは最新のロードマップを公開しました。インストールベースでもVCLが広く普及していることを鑑み、このフレームワークの急速な進化を継続させ、この分野に対する投資を加速していきたいと考えています。Windows 10の利用も拡大しており、今後のリリースにおいては、開発者に対してより大きな価値を提供できると思っています。このようなフォーカスと追加のプラットフォームサポートがリリーススケジュールに加えられたことで、これまでロードマップの10.2.1と10.2.2にリストされていた項目の優先順位が、10.2.2以降に変更されることになりました。これにはC++のLinuxサポートも含まれます。製品担当マネージャチームでは、今後数週間にロードマップの更新を行う予定です。

10.2 Tokyoの主な機能

以下は、ここ数ヵ月に提供された(Berlinのアップデートを含む)主な機能のまとめです。

  • Delphi LinuxコンパイラとRTL、Linuxサーバー開発、配置、デバッグ向けの完全なツールチェイン
  • C++コンパイラとリンカの改善
  • Desktop Bridge によるWindows 10ストアサポート
  • 新しいVCLコンポーネントとQuickEditデザイナ

今年度におけるリリース

数ヵ月前のTokyoリリースと10.2.1アップデートリリースでも、いくつかの機能強化が提供されました。

Enterprise Connectors

CDataとの長年の協業により誕生したEnterprise Connectorsは、RAD StudioのFireDACテクノロジーを活用し、複数のデータソースに接続する際の複雑性を解消し、CDataのアダプターをDelphi / C++開発者が容易に利用できるようにします。

Enterprise Connectorsは、Salesforce、NetSuite、Microsoft Dynamics、SAP、SugarCRM、MailChimp、JIRAなど80以上の主要なデータソースへの接続をサポートしています。

Enterprise Connectorsは、現在、アップデートサブスクリプションユーザーは誰でも利用できるパブリックベータ版が提供されています。それぞれのコネクターは、10.2 TokyoのGetIt Package Managerから入手できます。ベータ版は、ここ数週間で終了する予定です。ぜひ、皆さんのフィードバックをお寄せください。

GetIt Package Managerの改善

GetIt Package Managerを用いれば、IDE内で直接パッケージを検索、ダウンロード、インストールできます。オープンソースまたはサードパーティのライブラリ、コンポーネント、IDE拡張、SDKなどが含まれます。GetIt Package Managerは、IDEのツールメニューからアクセスできます。今回、10.2 TokyoのGetIt Package Managerにいくつかのカテゴリーを追加し、GetIt内での検索を容易にしました。

以下は、GetIt Package Managerの新しいカテゴリーリストです。

  • All
  • Libraries
  • Components
  • Internet of Things
  • Trial
  • Connectors
  • Industry Templates
  • IDE Plugins
  • Styles
  • Sample Projects

RAD Studio 製品管理チーム (Sarina, Marco, David)


RAD Studio 10.2.1 Released Today

Written by Marco Cantu, RAD PM on . Posted in Articles

10.2 Tokyo Release 1 is now available. It’s an update of Delphi 10.2 Tokyo, C++Builder 10.2 Tokyo and RAD Studio 10.2 Tokyo for active Update Subscription customers. It includes 100s of platform focused enhancements, bug fixes and features.

RAD Studio supports 5 platforms today: Windows, Mac, iOS, Android and Linux. Platform vendors frequently make changes to their operating systems which at times impact us on the development side. We continuously track these changes to ensure our customers can target the latest operating systems. 10.2.1 not only provides a number of new features and bug fixes, but also addresses key OS changes that have been impacting our customers. A significant issue we fixed on Windows was changing our compilers and linkers to address an OS level change on Windows 10 Creators Update affecting the way the operating system loads DLLs and Delphi packages (BPLs), which ends up repeating the load operation multiple times and severely hampering the debugging of applications with runtime packages. Microsoft has addressed the issues in the beta of the future version of Windows 10, but not in Creators Update.

In May 2017, we published our latest roadmap. Given the popularity of VCL within our install base, we want to make sure that this framework continues to evolve rapidly and we are accelerating investments in this area. We see a nice increase in usage of Windows 10 and we feel that we can deliver even more value to developers with the coming releases. With that focus and the addition of the platform enhancements release to our release schedule, you will see that some some of the features previously listed under 10.2.1 and 10.2.2 in our roadmap are being reprioritized for 10.2.2 and beyond. This includes C++ for Linux. PM will be providing additional roadmap updates in the coming weeks.

Key Features delivered in 10.2 Tokyo

Below is a recap of key features we’ve delivered  in recent months (including Berlin updates):

  • Delphi Linux compiler and RTL, along with complete toolchain for Linux server development, deployment and debugging

  • C++ compiler and linker improvements

  • Windows 10 Store support via Desktop Bridge
  • New VCL controls and QuickEdit designers

Exciting developments this year

In addition to the Tokyo release several months ago, and the 10.2.1 update release, we also wanted to highlight some other exciting developments.

CData Enterprise Connectors

The result of a year-long collaboration effort with CData, Enterprise Connectors leverages Embarcadero’s RAD Studio FireDAC technology to remove the complexity in connecting to multiple data sources, and make CData's adapters easily accessible to Delphi and C++ developers.

CData Enterprise Connector Packs support 80+ popular data sources such as Salesforce, NetSuite, Microsoft Dynamics, SAP, SugarCRM, MailChimp and JIRA.

The Enterprise Connectors are currently in Public Beta, allowing anyone on Update Subscription to participate. Downloads for each connector are available through the GetIt Package Manager in 10.2 Tokyo. The beta is expected to finish within the next few weeks, and we’d love to get your feedback.  

GetIt Package Manager Enhancements

The GetIt Package Manager enables browsing, download, and install of packages directly within the IDE. This includes open source and 3rd party libraries, components, IDE extensions, SDKs, and more. The GetIt Package Manager can be accessed through the Tools menu in the IDE.

We have recently added a number of new categories to the GetIt Package Manager in 10.2 Tokyo to make it easier to find what you're looking for in GetIt.

Here's the new list of categories you will find in the GetIt Package Manager:

  • All
  • Libraries
  • Components
  • Internet of Things
  • Trial
  • Connectors
  • Industry Templates
  • IDE Plugins
  • Styles
  • Sample Projects

The RAD Studio PM team (Sarina, Marco and David)


More 2017 FireDAC Webinars

Written by Jim McKeeth on . Posted in Articles

To follow up with our recent FireDAC in Depth with Cary Jensen we have a series of FireDAC webinars to help you learn more about everyone's favorite database access framework. Each webinar is offered at 8 AM, 1 PM and 8 PM US Central Time to provide access in all timezones. 

 

  • 25-Jul (Tue) FireDAC Introduction
    • An introduction to the multi-platform, multi-database, full featured, super fast database access framework.
  • 27-Jul (Thu) FireDAC Tracing and Monitoring
    • How to use FireDAC's Tracking and Monitoring features for advanced logging and troubleshooting.
  • 01-Aug (Tue) FireDAC Cached Updates and Autoinc Fields
    • Learn to use autoincrement fields as primary keys, and cached updates to cache multiple updates in memory and write them all to the database at a later time in a single batch.
  • 03-Aug (Thu) FireDAC Array DML
    • The Array DML execution technique submits a single DBMS command with an array of parameters. Each command parameter has an array of values, and all parameters have arrays of the same length. Then FireDAC requests the DBMS to execute a command once for each row in arrays. This technique reduces the amount of communication between DBMS and client, enables DBMS to stream command execution, and speeds up execution time.
  • 08-Aug (Tue) FireDAC Cascading Options System
    • Learn to use the cascading system of setting options for optimal FireDAC performance
  • 10-Aug (Thu) FireDAC: Preprocessing SQL Commands
    • FireDAC Preprocessing includes "macro" and "escape sequence" allowing dynamic generation of more complex sets of operations for performance and less work on the developer's part.
  • 15-Aug (Tue) FireDAC ETL = Extract, Transform, Load
    • The FireDAC Extract, Transform and Load functions work with the batch move, reader and writer components for data movement between different types of data sources and the data destinations.
  • 17-Aug (Thu) FireDAC In Memory DataSets: TFDMemTable
    • The FireDAC in memory data set lets you work with an offline or in memory dataset with being connected to a database. This can be helpful in a briefcase model, or when adding dataset functionality to a non-database driven application.
  • 22-Aug (Tue) FireDAC Local SQL
    • Local SQL gives you the full power of SQL based set operations across datasets from diverse sources, including different databases, different data engines and in memory data.
  • 24-Aug (Thu) Migrating BDE applications to FireDAC and InterBase
    • Learn how to migrate your legacy BDE based database application to FireDAC and InterBase to keep your programs relevant and to take advantage of all the new features and functionality.
  • 29-Aug (Tue) Migrating dbExpress Applications to FireDAC
    • Learn how to migrate away from dbExpress to give your applications the full power of FireDAC
  • 31-Aug (Thu) Using InterBase Events and Change Views with Callback Functions
    • Get more power from InterBase with events, change views and call back functions.

Viewing Salesforce Data in RAD Studio Data Explorer

Written by Sarina D on . Posted in Articles

How to view Salesforce data in RAD Studio Data Explorer using the Enterprise Connectors for Salesforce.

With the Enterprise Connectors for Salesforce, you gain access to live Salesforce data within RAD Studio, abstracting the data into tables, views, and stored procedures that can be used to both retrieve and update Salesforce data. This article will walk through connecting to Salesforce using the Data Explorer.

Connecting to Salesforce Data Using Data Explorer

You can create a simple application for displaying Salesforce data by utilizing the Enterprise Connectors for Salesforce and a new VCL Forms Application:

  1. Open the Data Explorer in RAD Studio and expand FireDAC.
  2. Right-click on CData Salesforce Data Source and click Add New Connection.

  3. Name the connection.
  4. Fill in the necessary connection parameters and click OK. 

     

    There are several authentication methods available for connecting to Salesforce: Login, OAuth, and SSO. The Login method requires you to have the username, password, and security token of the user.

    If you do not have access to the username and password or do not wish to require them, you can use OAuth authentication.

    SSO (single sign-on) can be used by setting the SSOProperties, SSOLoginUrl, and TokenUrl connection properties, which allow you to authenticate to an identity provider. See the "Getting Started" chapter in the help documentation for more information.

     

  5. Back in the Data Explorer, expand the tables for the connection.
  6. Create a new VCL Forms application and drag a table (for example: Account) onto the form.

  7. Select the AccountTable object on the form and set the Active property to true.
  8. Right-click on the object, bind visually, and link everything (*) to a new control (TStringGrid).

  9. Arrange the TStringGrid on the form and run the application to see the Account data.

Ready to try the Enterprise Connectors? Download the beta builds today. Just open RAD Studio 10.2, navigate to Tools > GetIt Package Manager and select from over 70 connectors. Requires RAD Studio Pro or higher editions.


Delphiを使ってみよう

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in Tutorials

ファーストバージョンの発売から22年が経ったDelphi。そのビジュアル開発のパワーは健在で、最新バージョンではマルチデバイス開発が大幅に強化され、Windows、macOS、iOS、Androidに加え、Linuxアプリケーションの開発も可能になりました。

そんな最新のDelphiを試してみたい、旧バージョンからの移行を検討したいという方に、Delphiを使い始めるときに役立つ情報を集めました。

どの製品をダウンロードするか選択する

Delphiは、単体製品としても、またC++Builderを含むスイート製品RAD Studioの一部としても提供しています。Delphiをすぐに使い始めるには、2つの方法があります。

無料のStarterを使う

Delphi Starter Editionは、無料で利用できるDelphiです。趣味や学習を目的とした利用のほか、Delphiによって開発したアプリケーションに関連する収益が、1,000 USドルを越えないというライセンス規定で利用できます。Starter Editionは、Win32開発をサポートしているので、基本的な学習や言語の取得に最適です。

Starter Editionは、https://www.embarcadero.com/jp/free-tools からダウンロードできます。

無料のトライアル版を使う

RAD Studioの30日トライアル版をダウンロードすれば、Delphi / RAD Studioのすべての機能を30日間試用することができます。トライアル版の使用が終了したら、正規のライセンスを購入して開発を続けることができます。

トライアル版ならすべての機能を使用できるので、本書で解説している手順をすべて体験することができます。

トライアル版は、https://www.embarcadero.com/jp/products/rad-studio からダウンロードできます。

製品版を購入する

Delphiを本格的に利用する場合には、製品版をお求めください。製品版には、目的別に3つのエディションがあります。また、RAD Studioを選択すれば、C++Builderが利用できるほか、Professional版でもモバイル開発を行うことができます。


最初に役立つ情報

オンラインで閲覧できる「RAD Studio入門」ページには、Delphi / RAD Studioを初めて使う人が参考になるさまざまな情報が掲載されています。

Delphi / RAD StudioのオンラインヘルプはDocWikiと呼ばれ、継続的にアップデートされています。ドキュメントのオリジナル言語である英語のほか、日本語、ドイツ語、フランス語に翻訳されています。

How Toビデオシリーズ」は、Delphi / C++Builder / RAD Studioのインストール、設定から、基本的な開発ステップ、各種機能の使い方までを解説したビデオ学習教材です。

Delphi / RAD Studioのコードサンプルは、製品とともにインストールすることができますが、数多くのサンプルコードがSourceForgeにも登録されています。XE以降の各バージョンごとのサンプルにもアクセスできます。


旧バージョンからの移行

旧バージョンのDelphiで作成したアプリケーションコードをお持ち方は、こちらのページに掲載された情報を参考に、最新バージョンへの移行を行ってください。アプリケーションの移行に関して、その方針や取り組み方を検討している方は、無料のコンサルティングサービスを利用することもできます。

移行の手順やWindows 10サポートの方法などを解説する無料セミナーも開催しています。参加は無料。ぜひご参加ください。


無料のトレーニング

Delphi Starter / C++Builder Starterを用いた入門者向けのオンラインセミナーを開催。ゲームを作りながら、ビジュアル開発/オブジェクト指向開発の基礎を学びます。

マルチデバイス開発を始めるにあたって必要となる基礎的な開発手順を学び、実際にモバイルアプリ開発を体験できるワークショップも開催しています。参加は無料。ぜひご参加ください。


製品を活用するための情報

さらに製品を活用するための各種情報として、定期的に開催されるデベロッパーキャンプを役立てるとよいでしょう。デベロッパーキャンプの過去の資料は、アーカイブページにリストされています。また、主要な講演については、ビデオも公開されています。

そのほかにも、各種セミナー、Webセミナーも開催されています。詳細はこちらをご覧ください。


テーマ別の情報リソース

Windowsアプリケーション開発

クロスプラットフォーム

Linuxアプリケーション開発

データベースアプリケーション

IoT

その他


第34回デベロッパーキャンプスピーカー募集

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in News

開発者の皆様に最新の技術動向や製品動向、ツール活用のための技術情報などをお届けする「エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」。第34回は、2017年7月28日に東京、8月1日に大阪にて開催する計画を進めています。今回、このイベントで講演いただくスピーカーを募集します。

1) セッションスピーカー

以下のようなテーマで講演いただけるスピーカーを募集します。日頃の開発の成果を発表しませんか?

  • Delphi、C++などの開発言語、ツール活用のテクニック、チュートリアル
  • 旧バージョンからの移行TIPSなど
  • モバイルやタブレット向け開発、クロス開発など、新しいプラットフォームへの適用例
  • 関連する技術(データベース、ミドルウェア、IoT、ツール)の活用テクニック
  • Delphi/C++Builderユーザーの視点から見たエンバカデロのデータベースツール活用例
  • 最新のソフトウェア開発技術に関する情報
  • 最新バージョンを適用した開発例
  • エンバカデロ製品を利用した開発事例、技術的ポイントの紹介

講演時間:60分
講演料:25,000円
申込方法:デベロッパーキャンプのセッションスピーカーを希望される方は、This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.まで、「第34回デベロッパーキャンプ講師応募」という件名で、以下の情報を記載したメールをお送りください。

  • 氏名(フリガナ)
  • 会社名
  • 部署名
  • 役職
  • プロフィール
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 講演内容案(テーマ/セッション概要など)
  • 対象製品/言語
  • セッションタイプ(チュートリアル/テクニカル/ケーススタディ/プレビュー/その他)
  • 講演希望場所: 東京 および/または 大阪

申込締切り:2017年6月16日

2) ライトニングトーク

最後のセッションは恒例「ライトニングトーク」。5分間のプレゼン時間で、皆さんの思いを語ってください。プログラミングに対する思い、TIPS、ご自身の経験、事例など、テーマは自由です。

出演を希望される方は、This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.まで、「第34回ライトニングトーク出演希望」という件名で以下の情報を記載したメールをお送りください。

  • お名前 および フリガナ(ハンドル名等で参加される場合はその旨明記ください)
  • 会社名(個人として参加される場合は不要)
  • 連絡先(電話番号)
  • トークのタイトルと概要
  • PC持ち込み あり/なし(接続にはHDMIを使用します)
  • 講演希望場所: 東京 および/または 大阪

特典:懇親会に無料ご招待

申込締切り:2017年7月下旬頃(定員に達し次第申し込みは終了させていただきます)

皆さんの挑戦をお待ちしています。


May Cool App Winner: Ofertas do Dia

Written by Jim McKeeth on . Posted in Articles

May Cool App Winner: Ofertas do DiaThe cool app Winner for May comes from Brazil. It is Ofertas do Dia, or "Daily Offers" for us English speakers. This cool mobile app runs on iOS, Android and Windows Desktop. It collects all the daily offers from the bigger brazilian online stores and provides them in a clear easy to use app! So every day you can access everything from various sites just in one touch.

Ofertas Do Dia

  • You can share the offers
  • You can share the app
  • You can search offers using words or the barcode scanner
  • You can receive remote push notifications about offers

Besides all the time and internet traffic it saves because it user no longer has to visit every site that publish "daily offers." Some of what else that makes it cool is all the impressive technology it includes. Built on the Enterprise Edition of Delphi using FireMonkey it uses regular expressions to extract products and offers from web pages. The data is stored in a FireDAC TFDMemTable. The display uses a custom ListView appearance. The push notifications are supported through Rafael's own solution that doesn't require a 3rd party push notification provider. 

  

This cool app is offered by Agile Consultoria de Informática and the developer is Rafael Ribas Aguiló

For Rafael's bio he says "I'm a Delphi developer since its version 1 and love the Delphi productivity." For more information on Ofertas do Dia you can check out the Google Play Store.

To see some of the other cool app entries, or to enter your app, visit the Cool App Competition


Installing InterBase 2017 and XE7 64 bit on Windows 10 Creators U...

Written by Steve A416 on . Posted in Installation / Registration

Customers have reported that it is not possible to install the 64 bit version of InterBase on the Windows 10 Creators Update (build 1703). When you get to the screen that allows you to choose between 32 bit and 64 bit, it is greyed out

 

A workaround is to perform a silent install, which is described in the documentation at http://docwiki.embarcadero.com/InterBase/2017/en/Installation,_Registration,_and_Licensing_Information#Using_the_Wise_Installer_to_Embed_InterBase. A values file for a default installation of InterBase would contain:

COMPONENTS=ACD

MAINDIR=C:\Program Files\Embarcadero\InterBase\

INSTANCE=gds_db

TCP_PORT=3050

ARCH=64

If you have an existing successful installation of InterBase, you will find a values.txt in the program directory.

You would then launch the installer via the following command line:

 

When the installation has completed, you should find that a 64 bit instance has been installed.


April Cool App Winner: Visuino

Written by Jim McKeeth on . Posted in Articles

Visuino Cool App WinnerI still remember the first time I saw Visuino in action. It was 2 years ago during our Delphi 20th Birthday Party when Boian Mitov unveiled this new project he was building with Delphi. It was really impressive. At the time he wasn't sure what the price would be for it, but looking at the level of utility I expected it to be $500 or more. 

If you are unfamiliar with Visuino, it is a visual IDE for building apps for Arduino and related boards. Instead of writing the code in C, you just connect some visual connectors and Visuino generates the native optimized C code for you. This makes Visuino amazingly productive for rapid component prototyping. It supports a huge variety of chips, boards and components. 

During CodeRage XI Boian had a session showing off Visuino and during the Q&A someone asked the price and he said "Nine, ninety-nine" which I assumed to be $999, which was a lot of money, but Visuino certainly appeared to be worth it. Then he said he wanted to keep it under $10. I was completely blown away that it was that cheap. I didn't have any pressing Arduino projects, but I went out and purchased Visuino anyway. At that price it is a complete no-brainer if you are even moderately interested in Arduino. 

Visuino

One of the things that is great about Visuino is not only does it make it easy to build Arduino apps, it also makes it easy to connect to those apps from your Delphi apps with Mitov's communication lab. If you are working on an IoT solution, then Visuino is very valuable in component prototyping. 

If you want to see Visuino in action then check out our IoT Boot Camp we did with Visuino. You can also catch the Visuino session from CodeRage XI

Here are some additional resources in working

Visuino has a free mode, just like all Mitov Software's Lab Packs, but at $9.99 I really recommend you just go and purchase a copy. 


RAD Studioロードマップ(2017年5月付)

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in News

この記事は、Marco CantuによるRAD Studio Roadmap May 2017の抄訳です。

RAD Studioの現在と将来に関する2017年5月付のロードマップをご覧ください。

関連記事:製品マネージャからの2017年5月付け製品ロードマップに関するコメント

RAD Studio / Delphi / C++Builderのアップデートは、製品を購入すると標準で1年間有効なアップデートサブスクリプションサービスによって提供されます。


Check out more tips and tricks in this development video: