News

第34回デベロッパーキャンプスピーカー募集

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in News

開発者の皆様に最新の技術動向や製品動向、ツール活用のための技術情報などをお届けする「エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」。第34回は、2017年7月28日に東京、8月1日に大阪にて開催する計画を進めています。今回、このイベントで講演いただくスピーカーを募集します。

1) セッションスピーカー

以下のようなテーマで講演いただけるスピーカーを募集します。日頃の開発の成果を発表しませんか?

  • Delphi、C++などの開発言語、ツール活用のテクニック、チュートリアル
  • 旧バージョンからの移行TIPSなど
  • モバイルやタブレット向け開発、クロス開発など、新しいプラットフォームへの適用例
  • 関連する技術(データベース、ミドルウェア、IoT、ツール)の活用テクニック
  • Delphi/C++Builderユーザーの視点から見たエンバカデロのデータベースツール活用例
  • 最新のソフトウェア開発技術に関する情報
  • 最新バージョンを適用した開発例
  • エンバカデロ製品を利用した開発事例、技術的ポイントの紹介

講演時間:60分
講演料:25,000円
申込方法:デベロッパーキャンプのセッションスピーカーを希望される方は、This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.まで、「第34回デベロッパーキャンプ講師応募」という件名で、以下の情報を記載したメールをお送りください。

  • 氏名(フリガナ)
  • 会社名
  • 部署名
  • 役職
  • プロフィール
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 講演内容案(テーマ/セッション概要など)
  • 対象製品/言語
  • セッションタイプ(チュートリアル/テクニカル/ケーススタディ/プレビュー/その他)
  • 講演希望場所: 東京 および/または 大阪

申込締切り:2017年6月16日

2) ライトニングトーク

最後のセッションは恒例「ライトニングトーク」。5分間のプレゼン時間で、皆さんの思いを語ってください。プログラミングに対する思い、TIPS、ご自身の経験、事例など、テーマは自由です。

出演を希望される方は、This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.まで、「第34回ライトニングトーク出演希望」という件名で以下の情報を記載したメールをお送りください。

  • お名前 および フリガナ(ハンドル名等で参加される場合はその旨明記ください)
  • 会社名(個人として参加される場合は不要)
  • 連絡先(電話番号)
  • トークのタイトルと概要
  • PC持ち込み あり/なし(接続にはHDMIを使用します)
  • 講演希望場所: 東京 および/または 大阪

特典:懇親会に無料ご招待

申込締切り:2017年7月下旬頃(定員に達し次第申し込みは終了させていただきます)

皆さんの挑戦をお待ちしています。


RAD Studioロードマップ(2017年5月付)

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in News

この記事は、Marco CantuによるRAD Studio Roadmap May 2017の抄訳です。

RAD Studioの現在と将来に関する2017年5月付のロードマップをご覧ください。

関連記事:製品マネージャからの2017年5月付け製品ロードマップに関するコメント

RAD Studio / Delphi / C++Builderのアップデートは、製品を購入すると標準で1年間有効なアップデートサブスクリプションサービスによって提供されます。


RAD Server - Looking ahead to 2017

Written by Sarina D on . Posted in News

In today’s post, I wanted to share some details on the great plans we have in store for RAD Server. While Berlin 10.1.2 is great, my favorite development in 2016 is RAD Server.

RAD Server is our turn-key application foundation for rapidly building and deploying services based applications (self-hosted PaaS). RAD Server enables developers to quickly build new application back-ends or migrate existing Delphi or C++ client/server business logic to a modern services based architecture that is open, stateless, secure and scalable. With RAD Server, you can simply load Delphi and C++ business logic methods into RAD Server, add some users, and go.


第33回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプでDe...

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in News

2016年12月9日、東京・恵比寿のEBiS 303カンファレンススペースで「エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」が開催された。33回目となるこのイベントは、ボーランドの開発ツール部門の分離を発表した2006年から継続的に開催されており、今年も2回目の開催となる。


The Best Windows Support RAD Studio 10.1.2 Berlin

Written by Marco Cantu, RAD PM on . Posted in News

RAD Studio 10 Seattle and RAD Studio 10.1 Berlin have offered specific support for many features of Windows 10, and the Anniversary Edition (of Update 2) of RAD Studio 10.1 adds more, including the ability to generate Appx packages using the Windows Desktop Bridge and offer full support for Microsoft Windows 10 application Store.


XE8 / 10 Seattle向け Fall 2016アップデート

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in News

エンバカデロは、Delphi / C++Builder / RAD StudioのバージョンXE8および10 Seattleのアップデートをリリースしました。このアップデートは、有効なアップデートサブスクリプションに加入しているユーザーが利用できます。このリリースは、いわゆる「バックポート」と呼ばれる、最新バージョンで実施した修正(今回の場合10.1 Berlinとそのアップデート)を、旧バージョンをお使いの方にも利用いただけるようにする現在の取り組みの一環として提供するものです。


Fall 2016 XE8 and 10 Seattle Updates

Written by Marco Cantu, RAD PM on . Posted in News

Embarcadero has just release updates for the XE8 and 10 Seattle versions of Delphi, C++Builder, and RAD Studio, available to customers with an active update subscription. This is part of the ongoing initiative to make available fixes done in newer versions (in this case 10.1 Berlin and its updates) to customers still on previous versions, something we informally call "back-porting".


CodeRage XI Replays - Productivity, Platforms and Performance

Written by Jim McKeeth on . Posted in News

Productivity, Platforms and Performance is the theme for this year’s CodeRage conference. This was our 11th conference.

We’ve had 3 jam-packed days of engaging content—for developers like you. Please note that Day 3 was by invitation only to Update subscribers. We’re offering a wide variety of topics that center around Embarcadero products, related technologies, Object Pascal, and C++.


Check out more tips and tricks in this development video: