Legacy Products

Embarcadero Prism XE2 Q&A

Written by Embarcadero USA on . Posted in Legacy Products

    一般的な質問

    Prism XE2とはどのような製品ですか?

Embarcadero Prism™ XE2は、Windows、Linux、Mac OS X向けの.NET、Mono、ASP.NET、データベースアプリケーションを構築するための強力な開発環境です。DelphiライクなPascal言語をベースとした、理解しやすいOxygeneプログラミング言語を搭載。並列プログラミング、AOPなど強力な言語機能を用いて、高性能クロスプラットフォームアプリケーションを迅速に開発できます。Prism XE2は、単独の開発環境で使用できるほか、Visual Studioのプラグインとしても利用できます。

    Prism XE2の独自性は何ですか?

  • Prismは、Windows、Linux、Mac OS Xをターゲットとしたアプリケーションを効率的に開発できる真のクロスプラットフォームソリューションです。
  • Oxygene言語(Prism言語)は、習得が容易で、他の.NETプログラミング言語にはない強力な機能をサポートしています。
  • Prismを用いれば、Delphi開発者は、慣れ親しんだPascalベースの言語を用いて、.NET/Monoプログラミングを実践できます。

    Prism XE2の新機能は何ですか?

  • RemObjects社のOxygene Compiler 5.0
  • エディタにおけるインラインエラーで、詳細、レンジ、ノートを表示
  • 選択した新しいエラー用のFix-Itサポート
  • Language softインターフェイスとduck typing
  • 無名インターフェイスの実装
  • Oxidizer統合の強化

XE2では、Visual Studio IDEのバージョン2008のサポートを終了しました。また、Prism XE2には、MonoDevelop IDEも含まれておらず、このサポートも終了しています。旧バージョンのDelphi Prism XEをお持ちの方は、そのバージョンに含まれるOxygeneコンパイラを使って、MonoDevelop IDEを利用できます。Delphi Prismでは、MonoDevelop IDEとノベル社のMonoTouchを使って、iOSアプリケーションの開発もサポートしていました。この機能も現在ではサポートされていません。iOSアプリケーションの開発を行うには、Delphi XE2またはRadPHP XE2のご利用をお勧めします。

    Prism XE2には、どのようなエディションがあり、その違いは何ですか?

Embarcadero Prism™ XE2 Professional
Prism XE2 Professionalは、Windows、Linux、Mac OS X向けの.NET、Mono、ASP.NET、データベースアプリケーションを構築するための強力な開発環境です。DelphiライクなPascal言語をベースとした、理解しやすいOxygeneプログラミング言語を搭載し、C#コードのインポートもサポート。並列プログラミング、AOPなど強力な言語機能を用いて、高性能クロスプラットフォームアプリケーションを迅速に開発できます。

  • Oxygeneプログラミング言語とコンパイラ
  • Microsoft Visual StudioベースのIDEまたは既存のVisual Studio 2010へのプラグインインストール
  • InterBase向けのdbExpressローカルデータベース接続

Embarcadero Prism™ XE2 Enterprise
Prism XE2 Enterpriseは、Windows、Linux、Mac OS X向けの.NET、Mono、ASP.NET、データベースアプリケーションを構築するための強力な開発環境です。DelphiライクなPascal言語をベースとした、理解しやすいOxygeneプログラミング言語を搭載。並列プログラミング、AOPなど先進の言語機能を利用できます。Enterprise版では、InterBaseリモート接続やDataSnapクライアント開発もサポート。より広範なクロスプラットフォーム開発に対応します。

Enterprise版には、Professional版のすべての機能に加え、以下の機能が搭載されています。

  • InterBase向けのデータベースサーバー接続
  • ネイティブWindowsのDataSnap多層データベースアプリケーションサーバーに接続するDataSnap .NETクライアントの構築

各エディションの詳細な機能ついては、機能一覧 をご覧ください。

    Prism XE2はどこから購入できますか?

製品は、メールにてライセンスキーを受け取り、オンラインでインストールイメージをダウンロードできるダウンロード版 (ESD)にて提供しています。また、Prism XE2は、Embarcadero RAD Studio XE2に含まれるツールセットのひとつとしても提供されています。製品の購入先は、こちらをご覧ください。

Prism XE2は、エンバカデロのすべてのツールにオンデマンドでアクセスできるEmbarcadero All-Access XEでも利用できます。

    Prism XE2のトライアル版はありますか?

はい。トライアル版は、http://downloads.embarcadero.com/free/delphi_prism からダウンロードできます。Embarcadero RAD Studio XE2のトライアル版には、Prism XE2のトライアル版も含まれています。

    バージョンアップ価格はありますか?

Prism XE2は、年間メンテナンス&サポート付きでの販売を行っているため、バージョンアップ価格の設定はありません。Prismを購入した翌年からは、年間メンテナンス&サポートを更新することで、継続してアップデートを受け取ることができます。一旦メンテナンスを終了したのちに、新しいバージョンのPrismを必要とされる方は、新たにPrismを(新規購入価格で)お求めいただく必要があります。

Delphi、 C++Builder、RAD Studioのユーザーの方は、バージョンアップ価格や優待価格でRAD Studio XE2を購入することができます。RAD Studio XE2には、Prism XE2が含まれています。詳細は、RAD Studio XE2 - Q&Aをご覧ください。

    Prismの最新アップデートはどこで入手できますか?

Prism XE2の単体製品版は、年間メンテナンス&サポート付きでの販売を行っています。PrismとRAD Studioのユーザーは、Prism登録ユーザーページ(http://cc.embarcadero.com/reg/delphi_prism)から最新アップデートをダウンロードできます。メジャーリリースやより大きな機能強化が行われるリリースについては、メンテナンス&サポート加入者向けに提供されます。アップデートのご案内は、Eメールやデベロッパーネットワークサイト、メンテナンスポータルWebサイト等にてご案内しています。

    RAD StudioユーザーもPrismのアップデートとサポートを自動的に受けることができるのですか?

いいえ。RAD Studioには、初年度メンテナンス&サポートが含まれていません。Prismは、頻繁な機能アップデートを行っており、これらのメンテナンスリリースへのアクセスは、メンテナンス&サポート加入者のみを対象としていま す。最新機能をいち早くご利用いただくためにも、RAD StudioにてPrismを利用されている方には、メンテナンス&サポートへの加入をお薦めします。

    ローカライズ版は提供されるのですか?

Prism XE2は、英語版、ドイツ語版、日本語版、フランス語版が提供されており、インストーラで使用言語を選択できます。

    どのような種類のライセンスがありますか?

Prism XE2には、複数のライセンスオプションがあります。

  • 指名ユーザーライセンス(Workstation)
  • Embarcadero AppWaveによって管理されるネットワーク指名(Network Named)ライセンス。このライセンスは、ライセンス管理の柔軟性に加え、ツール使用者に対するソフトウェア供給機能を利用できます。

アカデミック版を必要とされる方は、Prism XE2を含むRAD Studio XE2アカデミック版をお求めください。

    Prism XE2には、旧バージョンのライセンスが含まれていますか?

はい。Delphi Prism XE2では、以下の旧バージョンライセンスを使用することができます。

  • Delphi Prism XE、Delphi Prism 2011、Delphi Prism 2010、Delphi Prism 2009

指名ユーザーライセンスを購入された方は、XE2製品のシリアルナンバーを登録した後で、http://www.embarcadero.com/xe2-earlier-versions にアクセスしてください。このページで登録済みのシリアルナンバーを入力すれば、旧バージョンのシリアルナンバーと製品イメージをダウンロードできます。このライセンスは、XE2製品を使用するユーザーと同一のユーザーに対して提供されるもので、他のユーザーに譲渡したり売却することはできません。バージョンアップ版のXE2ライセンスを購入した場合には、バージョンアップ対象となった登録済みの旧バージョン製品と重複してライセンスを取得することはできません。

ネットワーク指名AppWaveライセンスを購入された方の場合、旧バージョンライセンスは、ネットワークライセンスの一部としてAppWaveに含まれています。ネットワークライセンスは、ひとつのスイートライセンスとしてカウントされ、このライセンスに含まれるバージョンのうち、ひとつのバージョンを同時に使用することができます。

    Prism XE2には、どのようなドキュメントがありますか?

最新のドキュメントは、オンラインの「Prism Documentation Wiki」(http://wiki.oxygenelanguage.com)にて公開しています。

    Prism XE2を初めて学ぼうと思うのですが、どうすればいいですか?

Prism入門(http://prismwiki.codegear.com/ja/Prism_%E5%85%A5%E9%96%80)では、Prismに関するステップ・バイ・ステップの入門記事を提供しています。こちらをご覧ください。

    なぜ製品名がDelphi PrismからEmbarcadero Prismに変更になったのですか?

Object PascalベースのDelphi言語とPrismのOxygene言語には多くの共通点がありますが違いもあり、両者の間での混乱を回避したいと考えました。そのため、製品名をEmbaracdero Prismとし、言語の名称をOxygeneとしました。

    Prismには、RemObjects Cooperは含まれますか?

いいえ。Cooperは、Prismの姉妹製品で、同じOxygeneプログラミング言語を用いますがターゲットはJavaになります。Cooperは、RemObjects Software社のサイト http://www.remobjects.com/ からお求めいただけます。

    InterBaseのライセンスはPrism XE2に含まれますか?

Prism XE2には、InterBase XE Developer Editionが含まれます。これは、InterBase XEを使用するアプリケーションを開発するためのライセンスで、20ユーザー、80論理接続をサポートしています。InterBase Developer Editionは、Prism XE2のインストールノートに記載されたシリアルナンバー、または、https://downloads.embarcadero.com/free/interbase にて発行したシリアルナンバーを使って、テスト目的のみにサーバーまたはワークステーションにインストールして使用することができます。

InterBaseを使用したアプリケーションを配布するときには、形態に応じたさまざまなエディション(Desktop、Server、To-Go)、ライセンス形態(柔軟なサーバーライセンス、OEMライセンスなど)から最適なオプションを選択できます。詳細はお問い合わせください。

    Embarcadero All-Access XEとは何ですか?

.NETアプリケーション開発以外に、ネイティブWindows、Java、PHP、Ruby on Railsなどのコーディングを行う場合、また、他のデータベースツールを必要としている場合には、Embarcadero All-Accessが最適なソリューションになります。Embarcadero All-Access XEは、主要なデータベースプラットフォーム、フレームワーク、プログラミング言語のための、エンバカデロが提供するアプリケーション開発ツールとデータベースツールへの単一のアクセスパスを提供します。開発者、アーキテクト、パフォーマンステスト担当者、データベース管理者などを対象とした、費用対効果の高いツールボックスソリューションです。

    Prismのバージョンごとのサポート状況はどうなっていますか?

バージョンごとのサポート状況については、サポートバージョンリストをご覧ください。

    技術的な質問

    Prism XE2をインストールするには、どのバージョンの.NET Frameworkをインストールする必要がありますか?

Prism XE2のインストール/実行には、.NET Framework 3.5または4.0をインストールする必要があります。

    Prism XE2は、特定のバージョンの.NET Frameworkを必要とするアセンブリを生成しますか?

いいえ。Prism XE2は、.NET Frameworkバージョン 1.1~4.0の任意のバージョンをターゲットとすることができます。開発者は、どのバージョンにリンクするようにするかを選択できます。

    Prism XE2を使うためにVisual Studioをマイクロソフトから購入しなければなりませんか?

いいえ。Prism XE2には、Visual Studio Shellのフルコピーが含まれています。もし、インストールマシンにVisual Studio ShellかVisual Studio Professional以上のいずれもインストールされていないときには、Prism XE2は、Prismの言語プラグインと機能をインストールする前に、Visual Studio Shell 2010をインストールします。

    すでにVisual StudioがインストールされているマシンにPrism XE2をインストールするとどうなりますか?

すでにVisual Studio 2010 Professional以上をインストールしている場合には、Prism XE2は自動的に既存のVisual Studio環境に統合されます。

    Prism XE2を実行すると、タイトルバーに “Microsoft Visual Studio” と表示されますが?

Prism XE2は、Visual Studio Shell内で実行されます。これは、マイクロソフトからの言語プラグインを一切インストールしていないVisual Studio IDEの基本機能です。そのため、”Microsoft”ブランドが表示されますが、[ファイル|新規]メニューを選択すれば、直ちにPrism XE2の機能が有効であることが分かります。

    マイクロソフトのVisual Studio Express製品を使って、C#やVB.NETの機能をPrism XE2に追加できますか?

いいえ、できません。Microsoft Express製品は、Visual Studio Shellのインストールに直接統合されません。しかし、Prism XE2とVisual Studio Express製品を同じマシンにインストールして双方を起動して利用することは可能です。一方、Prism XE2をインストールした環境に後でVisual Studio 2010 Professional以上をインストールすると、Visual Studioの機能をPrism XE2のIDEの同じ環境で利用できるようになります。

    Prism XE2で作成したアプリケーションはどのプラットフォームで実行できますか?

Prism XE2アプリケーションは、CLR(Common Language Runtime)が存在するほとんどすべての環境で実行できます。Prism XE2アプリケーションは、Windowsの.NET Framework 3.5または.NET Framework 4.0上の機能をフルに活用することができます。Prism XE2アプリケーションは、LinuxのMono上でも、MacのMono上でも実行可能です。

※現状、MacにおけるMonoは、英語環境のみをサポートしています。Macの日本語環境でMonoを使用するには、ワークアラウンドが必要です。

    Prismには、VCL.NETが含まれていますか?

いいえ。VCL.NETの開発はPrismではサポートされなくなりました。VCL.NETを使いたい開発者は引き続きRAD Studio 2007を利用いただくか、VCL.NETアプリケーションをVCL for Windowsにマイグレーションする選択肢があります。

    既存のDelphiのコードをPrismでコンパイルすることはできますか?

おそらくなんらかの修正が必要になります。DelphiとPrismでは極めて類似した言語を使っていますが、完全な互換性を提供しているわけではありません。それぞれの言語は、特定のプラットフォームでの実行のために設計された機能やイディオムを持っていますが、双方は近似した言語なため、一方のために記述されたコードを僅かに変更することで他方でも利用できます。

    PrismのOxygene言語とDelphi言語で、より高い互換性を保つ方法はありますか?

はい、あります。Prismには、「互換性」スイッチが提供されており、言語機能セットをDelphi開発者になじみのあるものにすることができます。このオプションは、プロジェクトオプションタブで、プロジェクトごとに設定できます。

    Prismを使ってCompact Framework向けのアプリケーションを構築できますか?

Prismは、CFアセンブリに対するコンパイルを行えます。しかし、Visual StudioのC#およびVB.NETと緊密に統合されているCompact Frameworkデザイナーが他言語のプラグインから利用できないため、PrismではCompact Frameworkに対する設計時のサポートはありません。

    Prismで使っているコンパイラは、どこで開発されたものですか?

Oxygeneコンパイラは、RemObjects社によって作成されました。

    エンバカデロとRemObjects社のリレーションシップはどのようなものですか?

RemObjects 社とエンバカデロは緊密なパートナーシップを結んでいます。エンバカデロでは、RemObjects社のテクノロジーのライセンス供与を受けて、Prismに搭載しています。両社は、この製品を継続的に発展させ普及させるべく、協業していくことにコミットしています。



Article originally contributed by Embarcadero Japan


Embarcadero Prism XE2 FAQ

Written by Hitoshi Fujii on . Posted in Legacy Products

    General Questions

    What is Embarcadero Prism XE2?

Embarcadero Prism™ XE2 provides a flexible development solution and robust, Delphi-like programming language for rapidly developing .NET, Mono, ASP.NET, and data-driven applications for Windows, Linux, and Mac OS X. Embarcadero Prism combines easy-to-learn syntax based on the Pascal language with features not available in other .NET programming languages, enabling developers to create cutting-edge applications.

 

    What makes Embarcadero Prism unique?

  • Embarcadero Prism provides a true cross-platform solution enabling developers to create apps on Windows and deploy to Windows, Linux or Mac OS X
  • The Oxygene language is a great choice for .NET development because it’s easy to learn and has features not found in other .NET programming languages
  • Embarcadero Prism is a great way for Delphi developers to create .NET and Mono applications using a familiar Pascal-based language syntax

 

What's new in Embarcadero Prism XE2?

  • All new Oxygene Compiler 5.0 from RemObjects
  • Inline errors in editor with details, ranges & notes
  • Fix-It support for selected new errors
  • Language soft interfaces and duck typing
  • Anonymous interface implementation
  • Enhanced Oxidizer integration

 

Is there any functionality from previous releases that is not available in XE2?

We evaluate the feature set of the product for each new release. This release of Prism no longer includes support for the 2008 version of the Visual Studio IDE. Prism XE2 also does not include or support the MonoDevelop IDE that was available in earlier versions. If you have the previous release, Delphi Prism XE, you can continue to use the MonoDevelop IDE with the Oxygene compiler that was included in that version. Delphi Prism could previously be used with the MonoDevelop IDE and MonoTouch from Novell to develop iOS applications. That functionality is also no longer supported. We recommend Delphi XE2, now with the new FireMonkey application platform, for building native iOS applications.

 

    Which editions are available and what are the differences between editions?

EmbarcaderoPrism XE2 Professional
Embarcadero Prism XE2 Professional is designed for developers who want to go beyond the capabilities of other .NET development solutions with expanded language capabilities and cross-platform targeting. Delphi developers can use Embarcadero Prism XE2 to build .NET and cross-platform Mono applications using a familiar Pascal-based programming language. Embarcadero Prism Professional features include:

  • Oxygene programming language and compiler
  • Microsoft Visual Studio based IDE or install into an existing copy of Visual Studio 2010
  • dbExpress local database connectivity to InterBase

Embarcadero Prism XE2 Enterprise
Embarcadero Prism™ XE2 Enterprise is designed for developers building data-driven and multi-tier Web and database applications. Embarcadero Prism Enterprise provides local and remote ADO.NET database connectivity and the ability to build clients that connect to native Delphi or C++ DataSnap servers for rich multi-tier interoperability. Embarcadero Prism Enterprise includes everything in the Professional edition, plus the following for building client/server and multi-tier database and web applications:

  • Database server connectivity to InterBase
  • Build DataSnap .NET clients that connect to native Windows DataSnap multi-tier database application servers

See the Feature Matrix on the Embarcadero Prism XE page of embarcadero.com for additional details on features by edition.

 

    How can I purchase Embarcadero Prism?

You can purchase Embarcadero Prism from one of our valuable partners or our online Embarcadero Shop site. Embarcadero Prism is available standalone or as part of Embarcadero All-Access XE. Prism XE2 is also available as part of Embarcadero RAD Studio XE2.

 

    Is an Embarcadero Prism trial available?

Yes. An Embarcadero Prism XE2 trial edition is available at http://downloads.embarcadero.com/free/delphi_prism. The Embarcadero RAD Studio XE2 trial also includes a Prism XE2 trial edition.

 

    Is upgrade pricing available?

Embarcadero Prism XE2 is sold under a subscription model so upgrade pricing is not available. Once you purchase Prism, you should renew your Support and Maintenance yearly to continue to receive upgrades. If you don’t renew, you will have to purchase the next version of Prism at the new user price.

If you are a registered users of any paid Delphi, C++Builder, or RAD Studio (version 2009 or later), you qualify for upgrade pricing on RAD Studio XE2 which includes Prism XE2. Academic products don't qualify for upgrade pricing.

 

    How do I get updates and upgrades?

Embarcadero Prism XE2 standalone products include a year of support and maintenance. Prism and RAD Studio users can download the latest software updates from the Prism registered users web page athttp://cc.embarcadero.com/reg/delphi_prism. More major new feature upgrades are available only to users with current Maintenance agreements. Notifications for those upgrades are delivered via email and the upgrades can be downloaded via the Maintenance Portal web site by following the instructions in the email.

 

    Do RAD Studio users also get a year of Prism upgrades and support automatically?

No. If you purchase RAD Studio XE2, the first year of support and maintenance is not included in the price. We strongly recommend that you purchase Support and Maintenance for your RAD Studio product so you can get access to new Prism features as they become available, rather than having to wait and purchase an upgrade to the next major release of RAD Studio.

 

    Are localized versions available?

Embarcadero Prism XE2 is available in English, French, German and Japanese. At install time you can choose the language that you would like to install. The product documentation is available in English only.

 

    Which types of licenses are available?

Embarcadero Prism XE2 is available with multiple licensing options including:

  • Individual named user licenses
  • AppWave network named and concurrent user licenses provide additional license provisioning flexibility and reporting.

Embarcadero Prism XE2 is available to academic users at a discount as part of the RAD Studio XE2 Academic products.

 

    Are earlier version licenses included with Embarcadero Prism XE2?

Yes. With Embarcadero Prism XE2, you also get access to a license and download for earlier version Delphi Prism XE.

If you purchase individual named user licenses, go to http://www.embarcadero.com/xe2-earlier-versions after you register your XE product serial number. You can enter your registered XE serial number and get serial numbers and downloads for the older version. The license will be tied to your user account and cannot be given away or sold. If your XE2 license is an upgrade, you will not receive duplicate licenses for the older version(s) you upgrade from.

You must request your older version license within 180 days of your purchase of the XE2 product.

If you purchase Network Named AppWave or Concurrent AppWave licenses, the older version license will be included as part of your network license. Each network license count is a suite license that can be used to run one of the included versions at a time.

 

    Is a Command Line Edition download available for Embarcadero Prism XE2 so I can install the command line compiler on my ASP.NET server?

Previously there was a separate Command Line Edition download available. Starting with Embarcadero Prism XE2, you can install the command line compiler by using the Prism XE2 installer or trial installer and unchecking all of the options in the “Select Components” dialog except RemObjects Oxygene Command Line Compiler.

 

    Where can I find documentation on Embarcadero Prism XE2?

The most up-to-date documentation is available in the online Documentation Wiki at http://wiki.oxygenelanguage.com.

 

    What’s the best way for a new user to get started with Embarcadero Prism XE2?

The Prism Primer at http://wiki.oxygenelanguage.com/en/The_Prism_Primer/en/The_Prism_Primer provides a great step-by-step introduction to Prism.

 

    Why did the name of the product change from Delphi Prism to Embarcadero Prism?

Though there are many similarities between the Object Pascal based Delphi language and Prism’s Oxygene language, there are differences and we wanted to avoid any confusion between the two so you will now see the product name as Embaracdero Prism and the language name Oxygene.

 

    Does Prism include RemObjects Cooper?

No. Cooper is a sister product to Prism that offers the same Oxygene programming language but targets Java. Cooper is available from RemObjects Software at http://www.remobjects.com/.

 

    How is InterBase licensed in Embarcadero Prism XE2?

InterBase XE Developer Edition is InterBase XE Server licensed for up to 20 users and 80 logical connections. You can install InterBase Developer Edition on a server for testing purposes using the serial number included in the Prism readme file or you can download and request a serial number from the InterBase download page athttps://downloads.embarcadero.com/free/interbase.

When you’re ready to deploy applications using InterBase, Embarcadero offers a variety of editions (Desktop, Server and To-Go) and a variety of licensing options (flexible server licensing, multi-packs and OEM licensing). Contact Embarcadero Sales or partners for more information. See the license terms in the RAD Studio license.rtf file for additional licensing details.

 

    What is Embarcadero All-Access XE?

If you want to go beyond .NET application development with additional tools for native Windows, Java, PHP and Ruby on Rails coding; plus a complete set of database tools, Embarcadero All-Access XE is the solution for you.

Embarcadero All-Access XE provides all the application development and database tools you need-when you need them-across all major platforms, frameworks, and programming languages. It's the single, cost-effective toolbox solution for developers, architects, performance testers, and DBAs.

All-Access XE provides you with industry-leading database tools, including DBArtisan® XE, Rapid SQL® XE, ER/Studio®, and many more. It also provides powerful application development tools, including Delphi® XE, JBuilder®, C++Builder® XE, Embarcadero Prism XE, RadPHP the InterBase database, and more.

 

    What is the support status for different versions of Prism?

See the Supported Versions List for the latest information by version.

 

    Technical Questions

    Which version of the .NET Framework do I have to have installed to run Prism XE2?

You must have the .NET Framework 3.5 or 4.0 installed to install and run Prism.

 

    Do assemblies produced with Prism require a specific version of the .NET Framework?

No -- Prism can be targeted to link against any version of the .NET Framework from version 1.1 to 4.0. The developer can choose which version to link against.

 

Do I have to buy Visual Studio from Microsoft in order to use Prism

No. Prism contains a full copy of the Visual Studio Shell. If your machine doesn’t have a copy of either the Shell or a Visual Studio Professional edition or above already installed, Prism will install the Visual Studio Shell 2010 for you before installing the Prism Oxygene language plug-in and features.

 

    What will happen if I install Prism and I already have a copy of Visual Studio installed on my computer?

If you already have a copy of Visual Studio 2010 Professional or higher installed, Prism will integrate directly into your existing Visual Studio install automatically.

 

    When I run Prism, I see "Microsoft Visual Studio" in the title bar. Why is that?

Prism runs inside the Visual Studio Shell. This is basically the Visual Studio IDE without any language plug-ins from Microsoft. Thus, you see the Microsoft branding. But rest assured that you can see Prism as soon as you select the File|New... menu.

 

    Can I add C# or VB.NET functionality to Prism with the Visual Studio Express products from Microsoft?

No. Because of the way that the Microsoft Express products are installed, they will not integrate directly into installation of Visual Studio Shell. However, Prism and the Visual Studio Express products can reside on the same machine together and can be run side-by-side. However, if you have Prism installed, and then install Visual Studio 2010 Professional edition or higher, you will get the Visual Studio functionality in the same IDE as Prism.

 

    What platforms will my Embarcadero Prism XE2 applications run on?

Prism applications will run almost anywhere the Common Language Runtime (CLR) exists. Prism applications will take full advantage of the .NET 3.5 or .NET 4.0 Frameworks on Windows. Prism applications will also work on Mono for Linux. In addition, Prism applications will execute on Mono for the Mac.

 

    Does Embarcadero Prism include support for VCL.NET?

No. Development for VCL.NET has been deprecated and will not be supported in Prism. Developers using VCL.NET can either use Delphi 2007 to continue those products or can migrate their VCL.NET applications to VCL for Win32.

 

    Will my existing Delphi for Win32 code compile in Embarcadero Prism?

Probably not without some changes. While the languages used by Delphi for Win32 and Prism are very similar, they are not entirely compatible. Each language has features and idioms designed specifically for the platforms that they are meant to run on. However, the languages are close enough that code written for one can usually be used on the other with minor changes.

 

    Is there any way to make Prism’s Oxygene language more compatible with my Win32 Delphi code?

Yes – Prism includes a “compatibility” switch which enables certain language features that will be more familiar to Delphi for Win32 developers. This option can be set on a per-project basis as part of the project options tab.

 

    Can I build applications for the Compact Framework using Embarcadero Prism?

Prism will compile against the CF assemblies. However, there is no design-time support as the Compact Framework designers are closely integrated with the C# and VB.NET personalities of Visual Studio and not available for use by other language plug-ins.

 

    Who wrote the compiler used in Embarcadero Prism?

The Oxygene compiler was written by RemObjects.

 

    What is the relationship between RemObjects and Embarcadero?

RemObjects Software and Embarcadero are close partners. Embarcadero licenses technology from RemObjects Software that is included in Prism. Both companies are committed to working together towards advancing the product as it continues to thrive and evolve.

 

 

Check out more tips and tricks in this development video: