Recent Blog Posts

Get ~$2,000 Worth Of Mobile Game Source Code FREE For Delphi And C++Builder Are you ready to dive into game development on mobile? Why not get a head start with these four games: Alien Invasion, Mars Rocket, Rocket Ship Delta, and Space Rocks. They come with full source available for Delphi and C++Builder which you can download and get started with right away. The game source codes are available for both the Starter Edition and the Pro or higher versions of RAD Studio. The source code for each game is worth around ~$500 making a total of around ~$2,000 worth of source code available to you for FREE! The games run on Android, iOS, Windows, and macOS using a single UI and single code base. The games leverage FireMonkey on Android and iOS which use...
Migrate1
On this webinar we learned how to migrate from older editions of Delphi with some stories of what to look for and how to update your code (including tools and resources to help you along the way) This webinar focused on these three areas for migrating legacy Delphi to the current Delphi version:  * Migrating 3rd Party Components / Libraries  * Migrating Unicode  * Migrations of Database and Middleware In this webinar, we looked at and learn how to: * Use the new Getit Package Manager to allow you to browse, download, purchase, and install GetIt packages into the current Delphi version.  * Use the Tech Partner Directory to find 3rd party libraries.  * Use the U...

Posted by on in Programming
Marco runs a nice series of blogs posts posting miscellaneous interesting material. I plan to do the same thing: here's number one! O'Reilly has a free ebook, Practical C++ Metaprogramming (free, where the cost is your email address.) It focuses on C++11 and C++14 language features; C++11 of course is supported by most of our compilers and we'll soon be moving far far ahead to where C++17 and C++19 are of interest. How hard is it to understand the full STL? There is a new blog series that looks well worth keeping an eye on, based on the premise "...with a modest and correct understanding of the C++ language semantics, you too can understand the ins and outs of the STL. How can you d...

RAD Studio 10.1 Berlin Update 1 では macOS Sierra, iOS10, Windows 10 Anniversary Update に対応しました。さて、これまでのRAD Studioと比べると対応OSはどのように変わっているでしょうか。また、それぞれのOSのサポートはどのようになっているでしょうか。

 

RAD Studioの対応OSについてはエンバカデロの docwiki の以下ページから確認できます。

サポート対象のプラットフォームおよびオペレーティング システム
http://docwiki.embarcadero.com/PlatformStatus/ja/Main_Page

しかしこの内容では、各ターゲットOSとRAD Studioのバージョンの関係が微妙に読みづらいです。また、それぞれのターゲットOSのサポート状況も比較したいところです。

 

そこでこのページの内容をもとに、RAD Studioのバージョンごとの対応OSが一目でわかるような表を作ってみました。また、RAD Studioのサポートサイクル情報も書き加えてみます。

 

それでは細かいことは置いておいて、一覧表をご覧いただきましょう。この一覧表はブログ記事に先行して tweet していましたので、それを引用いたします。

すでに一部の方々はお気づきで、話題にしていただいておりますが、弊社 Delphi / C++Builder 10.1 Berlin Starter Edition の無償提供を開始しました。

Delphi / C++Builder 10.1 Berlin Starter Editionは、無料で利用でき、Delphi または C++を使用してWindows 向けアプリケーションのプログラミング・開発ができる、高機能で使いやすい開発環境です。Delphi / C++Builderは視覚的に「コンポーネント」呼ばれるパーツを使ったユーザーインターフェース設計やロジック構築ができる特徴を持っており、より「簡単」に「素早く」アプリ開発を行えるでしょう。無償ですので、これからまずはプログラミングを学んでみたいという方、無料で使いやすい開発環境をお望みの方、それから簡単にアプリ開発をしたいという方に、気軽に使っていただけます。コンポーネントと言われる「VCL」や「FireMonkey」を使い、難しそうであったアプリ開発が、こんなにも簡単にできるのか!と驚いていただければ嬉しいですね。

もちろん、古くから使い続けている方々も、無償公開記念にダウンロードを! 昔、Delphiに触れた方々も、再び触ってみてください。Delphiの開発環境も、言語仕様も進化しています。

さまざま書いておりますが、無償ですので、まずは下記のリンクよりダウンロードしておくことをお勧めします。プレスリリースには「無期限無料版を公開」と記載がありますが、永遠に公開しているとは書いてません(笑)

Posted by on in Tutorial
It has been long time since I wrote a summary blog post, so this is just a collection of highlights. I'll try to get back to a decent frequency. Official Embarcadero News As you probably know we released RAD Studio Berlin Update 1. Check this blog post if you missed it. Embarcadero is making our tools available to schools and universities. For free. Read the press release "Embarcadero Academic Program Offers Free Software Development Tools to Students" at http://www.businesswire.com/news/home/20160825005680/en/Embarcadero-Academic-Program-Offers-Free-Software-Development  The company is also pushing on Windows 10 Anniversary Update support (with more features to come) but has...

Posted by on in UI

In RAD Studio Berlin, we added a new ListView Item Designer for FireMonkey applications that allows you to easily design custom ListView layouts.

RAD Studio10.1 Berlin Update1 で iPhone7Plus 向けにアプリケーションのビルドを行ってみる [JAPAN]

先週9月20日付けで投稿したブログ記事「RAD Studio Berlin Update1 では macOS Sierra や iOS10 向けアプリのビルドに対応しました」では Sarina DuPont の記事の内容を日本語でご紹介しましたが、iPhone7Plusの実機を入手しましたのでiPhone7Plus上のiOS10へのアプリのビルドを実際に行ってみます。(※本内容は Professional + Mobile Add-on Pack 以上のエディションが必要です)

BERLIN 10.1 UPDATE 1 追加機能:iOS上でのTGrid の iOS ネイティブプラットフォームレンダリング対応 [JAPAN]

Berlin 10.1 Update 1で、新たに、TGrid とTStringGrid をiOSのネイティブプラットフォームレンダリング対応といたしました。

Seattle 10 において、ネイティブプラットフォームレンダリングとよばれる、WindowsとiOSにコントロールの描画を任せるオプションを導入いたしましたが、今回のBerlin10.1 Update1 において、新たにTGridをiOSのネイティブ表示対応としました。 ネイティブコントロールついてはDockWikiのこちらをご参照ください。

http://docwiki.embarcadero.com/RADStudio/Berlin/ja/FireMonkey_のネイティブ_コントロール

また、新たにサンプルコードとして「GridDemo」が加えられており、こちらでTGridのプラットフォームによるネイティブ表示の確認ができます。

Berlin 10.1 Update 1 導入後のサンプルコードフォルダか、 下記のSubversion Repositoryをご参照ください。

9月27日追記:SubversionにアップロードされているデモプログラムにはReadme.txtが加えられており、 「FMX.Grid.iOS.pas」を手動でプロジェクトに加えるよう記載があります。

当サンプルをビルドして確認するまでの手順につきましては下記をご参照ください。

Webinars this week! Migrate Your Database Apps to FireDAC, InterBase and RAD Server This week is all about upgrading your Delphi database applications. Not only it is the last chance to save big on upgrading to the latest version of Delphi with 10% discount and free mobile and bonus packs, but there are also two globally available free webinars on Wednesday and Thursday that will discuss the technical details of Migrating Your Database Applications to FireDAC and InterBase (youtube recording) RAD Server Scalable Cloud Deployment There are many dimensions to the process of upgrading database applications. It is about the database structure and the data model. It is about database connectivity framework. It is about the application logic. It is also about scalable depl...