Recent Blog Posts

Berlin 10.1 Update 1では、ListViewのカスタマイズ機能 DynamicAppearance 利用時においてのオートフィルターに対応しました。

 

Berlin10.1 において新機能として搭載されたListViewのカスタマイズを大いに助けるDynamicAppearance機能。
しかし、このDynamicAppearance使用時においては、ListViewの機能の一つであったオートフィルター検索ボックスが使えておりませんでした。

今回のUpdate1において、DynamicAppearance使用時においてもオートフィルター検索ボックスが使えるようになりました。

使用方法は簡単です。

検索フィルターを使用するにはListiViewの[SearchVisible]プロパティをTrueにすればOKです。これでリストビューの上部に、リストビュー表示内容の絞り込みに使えるボックスが表示されます。下記のイメージをご参考に:
 

Working with all our amazing MVPs is one of the best parts of my job. They are truly my heroes and do some amazing stuff. Occasionally it happens that someone has to stop their work as an MVP, and that is always sad. Recently David Millington stopped as an MVP to become the C++ Product Manager, and now Nick Hodge is leaving MVP status to start work as our Product Management Lead. This was just announced via Atanas' Tweet:  We just hired @NickHodges as PM lead - so happy! Go #Delphi! Awesome month for us with latest Berlin 10.1.1 edition launch! pic.twitter.com/jqTR4X7aDW — Atanas Popov (@atanaspopov) September 22, 2016 Nick is still wrapping things up with his old job, but he...
In today’s interconnected world, companies in all industries need to publish APIs and cultivate a developer community to access and use them. To be competitive today, attracting and supporting developers is essential. The key to cultivating a vibrant developer community that uses your APIs and supports your platform is a good developer relations program. After 43+ years in programming and 31+ years at Borland/Inprise/Borland/CodeGear/Embarcadero I have joined the Evans Data Corporation team. At Evans Data I am taking all that I have learned about developers, evangelism and developer relations to a global world of companies that need to create and/or enhance a developer outreach program...

Posted by on in Blogs
New Round of MVPs, including David I. The new MVPs are coming! I've not posted a round-up of new MVPs in a while, but there is no doubt at least a few you recognize on this list . . .   LAICHI Hicham from Algeria (check out his Arabic YouTube channel) Neri Neitzke from Brazil Scheller Patrick from Switzerland and runs the C++ Google from Stefan van As from Netherlands and winner of the Cool Apps contest with 1Password Holger Flick from Germany David Intersimone from California, USA - he just took over the new Evans Data program for Developer Relations.  ...
Tags: MVP

Posted by on in Tools
New IoT Device Components in RAD Studio Berlin Update 1

RAD Studio Berlin offers more than 50 Internet of Things device components. This includes support for popular Bluetooth LE and Z-Wave IoT devices ranging from healthcare to fitness and home automation. A couple of new IoT device components have been added in Subscription Update 1 and are available for download via the GetIt Package Manager (Tools > GetIt Package Manager).

Posted by on in Programming
See the key new RAD Studio Berlin Update 1 features in action: 10% off RAD Studio, Delphi, C++ Builder Get on the latest edition of RAD Studio, Delphi, and C++ and get 10% OFF when you buy Professional or above (valid until 30th September) with promo code BERLIN10....
10.1 Berlin でのボーナスパック(Konopka Signature 6 VCL Controls および Radiant Shapes)のダウンロードとインストールは GetIt から行う [JAPAN]

RAD Studio/Delphi/C++Builder 10.1 Berlin の Professional、Enterprise、Architect を新規にお買い上げ頂いたお客様を対象にボーナスパックを期間限定で実施しておりますが、期限まであと10日を切りました。入手するには9月30日までにお申し込み頂く必要がございます。

 

しかし、ボーナスパックのうち Konopka Signature 6 VCL Controls と Radiant Shapes のダウンロードやインストールが分かりづらいというご意見を頂きましたので、この手順をここでご案内いたします。

Berlin10.1 の最初のアップデートであるところの Update1がリリースされましたことを前のブログに記載いたしました。

Berlin10.1 Update 1は、いくつかの新機能を追加しています。、さらに300を超える品質向上(バグフィックス)が行われてるものです。

このブログエントリでは、Berlin10.1から Berlin10.1 Update1(以降Update1とだけ記載します)へのアップデート方法についてご紹介します。

 

Update1 は”アップデート”と名前がついているものの、アップデーターパッチ形式の提供ではなく、フルインストーラーの形式にて提供されています。それゆえ、インストール前にアンインストールが必要となっています。また移行ツールを使った設定の保存を推奨します。

特にGetit オンラインインストーラーを使ったUpdate1インストールではレジストリにかかわる設定が引き継がれない現象も報告されておりますので、ここで移行ツールを使ったアップデートにかかわる手順を日本語でわかりやすく記載しておきます。

 

■アップデートシナリオ概略

最初にアップデートのおまかなシナリオを記載しておきます。(ステップバイステップの手順は後述します。)

この説明では、アップデート前のBerlin 10.1 を「Berlin 10.1 RTM」と記載し、Update1と区別できるようにしておきます。

では以下シナリオ概略:

※このエントリはは9月20日付けのサリナの記事をもとに記載しています。

Appleは2016年9月14日にiOS10を、2016年9月21日にはmacOS Sierraをリリースしましたが、RAD Studio 10.1 Berlin Update 1 では iOS10 と macOS Sierra をターゲットとしたアプリケーションのビルドを Delphi と C++ Builder の両方でサポートしています。

以下のスクリーンショットでは、Object Pascal の TWebBrowser のサンプルアプリケーションが iOS10 と macOS Sierra で動作している状況をご覧いただけます。

RAD Studio Berlin 10.1 Update 1 提供開始![JAPAN]

2016年9月18日 、RAD Studio / Delphi / C++ Builder 10.1 Berlin の Update1 をリリースいたしました。

※本ブログエントリはマルコカントゥ 9月18日記載のブログを元に記載しています。

 

エンバカデロ は、数多くの品質向上と新機能、機能強化を含む RAD Studio / Delphi / C++ Builder 10.1 Berlin の最初のアップデートをリリースいたしました。

今回のUpdate1で以下の新機能を提供しています。 

  • iOS 上で TGrid のネイティブプラットフォームレンダリングをサポート
  • TListView の動的表示モードのための検索フィルター
  • iOS10 のサポート(特にシュミレーター)、MacOS Sierraでのコンパチビリティ改善
  • 新機能を紹介する新しい FireMonkey および IoT デモ

 

修正・改善面においては、